ルドラの秘宝RTA動画のプレイ内容の分析18(デューン1)

Gayaline

 ルドラの秘宝の補助なしRTA、3人の章が見事に完結しましたが、間髪を入れずデューンの章まで終わらせてくれました。ここまでプレイ内容の検証と解説をしてきましたが、この際エンディングまで行ってみましょう。

 今回の内容はデューンの章開始から、ウルズの門クリアまでです。


 3人の章が完結し、最後の戦いに挑むRTAの新章です。

ルドラの秘宝 補助なしRTA デューンの章 1:35:20 Part1 - ニコニコ動画

ルドラの秘宝 補助なしRTA デューンの章 1:35:20 Part1 [ゲーム] あんたはプレゼントの替わりにそのクソ動画を視聴者に投稿するのか!?縛り内容ウラルドラ・ダヨン...

 これまでは3人の章を別々に進めており、通し(エンディングまで)のRTAではありませんでした。なおかつ動画内でも説明されていましたが、デューンの章のみを単独でレギュレーションにするのは、引継ぎのシステム上難しいです。つまりデューンの章まで進むには、全員を順番にクリアしないといけないわけですが、それは個別章RTAのレギュレーションとぶつかります。今回は個別にクリアし、その後同じデータでデューンの章も進めたというもので、厳密にはRTAとはいえない部分なのですが、記録とは関係なく動画を作ってもらえた感じです。感謝。

引継ぎアイテムの検討

 デューンの章を考える時にまず重要なのが引継ぎアイテムの考慮です。この章には、最後にクリアしたパーティーの所有しているアイテムと、残り2人の主人公がクリア時に装備していたアイテムが引き継がれます(一部自動的に所持するものもあり)。デューンの章で入手できるアイテムは結構少ないので、戦闘をうまく進めるには適切なアイテムの引継ぎが重要となります。

 動画ではサーレントの章がラストなので、前回までに入手していたアイテムが引継がれ、なおかつシオンとリザの装備アイテムもあります。これに改善の余地がないか考えてみましょう。

 まず防具ですが、欲しいのは雷、風、水、陽の装備です。火もあればあったほうがいいくらい。動画では水属性をアレクサスメイル、風をロジカルキャップ、雷をベーカーキャップ、陽をピュアリングで主に補っています。属性としては十分なところ。

 なおかつできるだけ高性能なものが欲しいですが、いろいろ検討した結果、鎧のランクアップはなかなか困難でした。アレクサスメイル以上のものはハーキュリーズくらいしか属性が合うものがなく、ハーキュリーズはシオンのシュミセンにありますが、シオンラストの場合以外はハーキュリーズ装備でゴモラを倒す必要があります。この鎧は陽属性なので、これがとても難しいです。その他有用なのはティボルトメイルですが、これはリザの章限定なので、リザ終章かソドム撃破時にリザが装備している必要があります。アレクサスメイルとどちらがいいか検討してみます。

 他方で武器に関しては、陰と陽の武器があるといろいろ役立ちます。その辺を考慮すると、銃のミラージュ、弓のパーディタ、カッターのホワイトホークが追加候補に挙がります。どれもサーレントの章で入手できるので、今回はこれを持ち込んでみましょう。

終章~月到着まで

 さて、本編の解説です。クリアした章が3人目だと、そのまま「終章」に突入します。シオン・サーレントとリザで主に違いがあり、リザの方が短いかと思います。リザの章の場合、この瞬間にしか聴けないデューンのフィールド曲が流れるのでぜひ試してほしいところです。

 動画ではサーレントラストなのでシュミセンからのスタート。帰りがけにキャシアスメイルとダニエルのころもを回収しています。この時に、中央のワープゾーンからホワイトホークを(ついでにマジックリーフも)回収しましょう。さらに、タラークでパーディタとミラージュを購入。仲間の装備を解除して売れば余裕はあります。

 その後、海溝に行けという声が聞こえるので南東の海溝ビフレストへ。ここはクリア前にも来れますが、特にいいアイテムはない上にミランダというやばい敵が出るので、行くメリットはないです。ラリハストのなんかおかしい威力は必見。

 海溝の奥ではデューンと遭遇。シオンパーティーも追いついてきます。一応仲直りしたサーレント達に比べ、レンの都で方舟を盗まれて以来なのでデューンとはわりと険悪な感じのシオンパーティー。とはいえデューンの方舟でしか目的である月に行けないので、協力することになります。

 この際にデューンが自らの目的を語りますが、「魔物を倒すだけで、平和になるわけじゃない。この星の生き物が、ともに生きる方法を見つけだす事が大切なんだ!俺たちの探す宝は、それをかなえてくれる」とのこと。デューンの行動には不明な部分も多いですが、これまでの場面から推測するに十種の神宝を集めてルドラを呼び出して願いを叶えてもらうという某ドラゴンなボールのようなことを考えていた模様。しかしリザとの接触によって、彼女がこの星を浄化するために行動していることに感銘を受けているので、こういう結論になったのでしょう。この後の展開も踏まえると、結局必要なのは最後に入手したアレではなく、「この星の生き物が、ともに生きる方法を見つけだす事」なのではないかと思います。ルドラの秘宝とは何なのかというのは考察しがいのあるテーマですが、自分なりの答えはここにあると言いたいです。

 ともかく海溝で方舟で乗り、パーティーの仲間と別れの話をします。なんでも、ジェイドを持っていない者がこの先の相手と相対することはできないらしいからです。サーレントの場合、レギンにはミュンヒ博士の研究を、ソークにはソロン様の教えを受け継いでほしいと伝え、ロロはダナン神族の大事な子供だと言います。シオンの場合は展開が違うのでこちらも必見。仲間には舟を降りてもらいますが、フォクシーが立ち止まるシーンも要注目。

 そしてデューンがメインキャラになり、月へ出発しクレーター基地でリザを回収。リザも仲間を脱出ポッドで地上に送り返しています。ここで問題の、シオンの「ブラジャー・ハンター」発言が。どうも本作の人物は、順番にボケの魂が憑依するようです。サーレントの冷静なツッコミと、「フォクシーに聞かれてたら なぐられるところだったな」の返しもイイ。

 メイファに会うと「ウルズの門」へ行けと言われるので飛んで行きますが、ここでアクシデント発生。方舟と融合しているダナンであるブラズニルの意識が誰かに乗り移られていると言います。「月まで呼んどいて、なんで邪魔しやがる!」本当です。エンジンルームに行くと、そこにはブラズニルの本体のなんか胸から顔が出てくるおもしろ機械が。彼は「しょせん、神を倒すことなどできはしない」と言って襲いかかってきます。その前に装備変更で、シオン以外火属性に。

ブラズニル戦(8:29~)

 新曲Blazing Impactが超かっこいい最初のボスです。ガヤと同じ無属性の使い手でHP6000、ダメージ限界992。動画ではコペテヌミヌを使い、シオンが倒れましたが7ターンで撃破。

 この段階に来るとMPも十分なので、キペシベムニを使いましょう。これで4ターン撃破可。キディヲピパでやられる危険性がありますが、ダニエルのころもなどで魔防が上がっていれば耐えられます。


 撃破するとブラズニルは消滅してしまいます。動力?を失ったので先に進めなくなる一行ですが、そこに実は舟を降りていなかったラミレス登場。彼は方舟と融合し、再度飛べるようにします。シオンの章のファクシもそうですが、本作の大規模な機械類はだいたいダナンが融合したものです。セーブができるダナンの石像もそうなのかは不明。

ウルズの門

 方舟「ラミレス」に乗ってウルズの門へ到着。ここは過去の門と呼ばれ、かつてのボスが待ち構えています。ただし人選は謎で、ルドラであるアビリジャ、ラズムはいいとして残りがセタビザ、ラーヴァナというよくわからない組み合わせ。カダルじゃダメなんでしょうか。

 動画ではボス戦の前にシオンも火属性にして、言霊コペエベムニと狂戦士のスピリット、単回復のコペベキレム、即死のデスァゲィタを作っています。スピリットはケルの方が同効果で短いうえに、改善チャートならサーレントの章でティティケルを作っているので不要になります。

再生ボス戦(12:18~)

 通常戦闘曲なのでまとめて解説。初戦ラーヴァナ、HP3822、ダメージ限界1008。戦い方はコペテヌミヌで4ターン。改善案はさっきのキペシベムニで2ターン。

 次戦セタビザ、装備は水属性。HPなどは4体ともすべて同じ。神水飛雷という専用技が結構怖いですが、コペテヌビトで4ターン。やはりキペヒベムニで2ターン。

 第3戦アビリジャ。こいつは魔防が高いのでアポカリプス、ダークボウ、デスファルコンで攻撃し9ターン撃破。ここですが、ダークボウをミラージュに変えると単体+巨人特効でダメージが190→350と倍近く伸びます。あとはシオンにコアプソロウをかけ、オーガリベンジの3ターン目は前列で防御しましょう。これで次のターンに1000超えのダメージを叩き出し4ターンで勝てます。

 ここ、動画で敵のパターンは攻撃を回避すると進まないみたいなことを言っていましたが、少なくともアビリジャに関してはそんなことはありませんでした。あと盾については、何回も攻撃を受けたけど一回も出なかったので、アビリジャの攻撃は盾防御不能っぽいです。打撃なのでパリィできないということでしょうか。凝ってますね。

 最後の相手はラズム。無属性です。同じく武器で攻撃して7ターン撃破。キペシベムニでもダメージは170くらいなので物理がいいでしょう。同じ戦法だと、ミラージュのダメージが落ちるので5ターンです。


 過去のボス達を撃破すると上の扉が開きます。ここで装備を火雷陰に。扉の先にはハウゼンが。以前戦った和クリフトの姿は仮のもので、こちらが本体だと言います。彼のことをよく知っているサーレントが警戒を促しますが、「おまえ達の進化が、まだみじゅくであることを ワシが、思い知らせてくれよう!」と戦闘開始。

ハウゼン戦(18:38~)

 何か腹に球体というかバランスボールというかを組み込んだジジイです。下に亡霊みたいなものついていてちょっとキモイ。シュミセンの時とは真逆の雷属性と、陰属性、おまけの火属性で攻めてきます。

 HPは8220でダメージ限界は1072。仮の姿の方がHP高いんですが。ともかく防具があれば言霊も大したことなく、コペイヤジンで7ターン撃破。

 雷属性ということでアポカリプスも有効ではないのでやはり言霊がいいでしょう。キペフベムニを最初のターンに4人が使い、次以降は1人回復を入れれば4ターンで倒せます。


 倒されたハウゼンは再度、オリジナルである自身を越えたことに「すっ、すばらしい‥‥」と驚きます。あと次はスクルドの門に行くべきという話と、ミトラが風の言霊を使うという情報もくれて消滅。長かった因縁もここまでです。

 動画はここで一区切り。すでに次が投稿されていますので、急いで続きを作ることにします。

コメント

「名前」をクリックし「ゲストとして投稿する」にチェックすると登録せずにコメントができます。

へほくん
アイコン

ゲーム紹介・攻略情報サイト「God Bird」管理人。根っからのゲーム好きで、攻略やおすすめソフト紹介のほか、最近では昔の資料を引っ張り出して貴重な情報を発掘したり、ゲームの歴史を調べたりしています。
ブログ内検索
ツイッター