ルドラの秘宝RTA動画のプレイ内容の分析19(デューン2)

Gayaline

 前回に続き、まだまだボスが盛りだくさんなルドラRTAの解説の続きです。

 今回はスクルドの門からラスボス直前まで。


 短めだけど戦闘は多いデューンの章の続きです。動画はこちら。

ルドラの秘宝 補助なしRTA デューンの章 1:35:20 Part2 - ニコニコ動画

ルドラの秘宝 補助なしRTA デューンの章 1:35:20 Part2 [ゲーム] もうちょっとだけ続くんじゃよ縛り内容ウラルドラ・ダヨンなどシステム否定系は禁止ステータスUPお...

 前回は4人の主人公が合流し、方舟に乗って月へと到達し、ウルズの門でハウゼンをやっつけたところまででした。ハウゼンがいたということは、他の4勇者もいるということで・・・というわけで次の門に行きましょう。

スクルドの門

 次に到達するのがこのスクルドの門です。ここは未来の門ということで、過去を振り返ると先に進めない・・・けどアイテムがもらえます。振り返っていいじゃないか。動画でも言われていましたが、ここで戻るとたからばこL56が4体いる部屋に飛ばされ、マジックリーフが回収できます。しかも何度も。ラスボスに勝てない場合突破口になるかも。でも次でセーブしたら戻れないけど。

 ここは床の模様を踏むとエンカウントするので、逆に避ければ回避できます。ただしここに出るれんせいりゅうは経験値が高く、倒すと高確率でデューン用のナイフ「フリーダム」を落とします。ただし魔防が高く即死も効かないのでかなりターンがかかってしまいますし、フリーダムのつよさ2倍加算効果は補助なしでは活きないかも。

 ここではひたすら先に進むと回復部屋に着き、その先がボスです。動画では全員に風装備。シオンはターレスソードとパワーシールドに。奥にはごつい鎧と歌舞伎のような髪のサイゾウが。「あなたとの勝負はついている」と辛らつなことを言うサーレントを横目に、ようやくシオンに会えた彼はオラわくわくするだ的な感じでテンションが上がっています。シオンが勝負の申し出を受け、戦闘開始。

サイゾウ戦(1:56~)

 仮面ライダーが混ざっているっぽいサイゾウ本体です。HP10728、ダメージ限界1152で、例によって魔防が高め。

 動画ではデューンとシオンにスピリットを使っています。デューンの武器はクリティカルが出ないので攻撃力上昇はしないのですが、コマンド入力の手間の短縮目的のようですね。18ターンで撃破しています。

 まずは動画内で挙がっていた疑問に答えましょう。いろいろ試した結果、パワーシールドには剣耐性があるようです。単に説明文のスペースが足りなかっただけでしょうね。あとエアーウィングはリュシルシールドでもダメージが減少したので、剣属性のようです。

 改善案ですが、フリーダムが入手できればサーレントの章で使ったリュシルシールドをデューンに持たせ、火力向上が図れます。とはいえ縮まってもせいぜい13ターンなのでその分のロスはここだけでは取り返せないかも。ドロップはランダムですし。あとリザも狂戦士でダメージを伸ばせますが、耐性がないのでさすがに危ないです。

 ということで残るダメージ向上手段は、ここで説明した狂戦士瞬間タメ攻撃とリザにコアプソロウくらい。最初のターンにシオン防御でティティケル、デューンがリザにコアプソロウを使い、ティティモで維持・・・ということをやりましたが2ターンしか縮まなかったので、手間を考えると微妙です。なのでここは現行チャートで最速なような気がします。ただし動画を見るとレフランデヅのエフェクトで結構時間かかっているので、デューンを狂戦士にしないでダメージを減らし、コベペレフナのみで何とかする方が短いかも。


 撃破するとハウゼンと同じように「本当に越えやがるとはな‥‥」と主人公達を褒めたたえ、ミトラの情報をくれます。次の目的地はベルザンディ神殿。いよいよ最終決戦です。

ベルザンディ神殿

 ラストダンジョンです。これ以降セーブすると帰れなくなってアイテムの補充もできなくなるので、詰んだ人もいるでしょう。せめて方舟には戻れてもよかったのにとは思います。

 ここは「おのれの現在をみつめ いつわりの現在を見ぬける者だけが先へ進むことをゆるされる場所」とのことで、進んでいくとフォクシーとレギンとガーライルが現れて、こっちへおいでよ的なことを言います。シオンとリザは男女ペアなのに、サーレントだけレギンというのは。だから過去にいろんな想像の余地が生まれたのですが。

 ともかく先ほどの解説もあったし、いかにもな感じなのですぐに罠だとわかるでしょう。むしろ引っかかったらどうなるかを知らない人の方が多いかもしれませんが、3人のいる方向に進んでもまた同じ3人が現れるだけなので、特にペナルティはありません。

 その先で、いよいよベルザンディ神殿が姿を現します。ここの背景グラフィックはたいへん美しいので必見。

 ラストダンジョンというだけあって非常に手ごわいというかしぶといザコが出てきますが、特筆すべきはオズリックという相手。他の敵と大差ないように見えて、2万超えという破格の経験値をもっています。さっきのサイゾウと同じくらい。動画でも即死言霊でオズリックをカオスアインまでに2匹、ラスボスまでに4匹狩っています。ここまで出てくるのはかなり運がいいかも。

 装備は説明文に「」としか書いていないアナーキーなミラーシールドをスルーしてピュアリングとキーツヘルムを回収し、装備を陰陽にならないようにして奥へ。奥にはミトラの手下であるボスが2体います。 

カオスアイン戦(10:20~)

 最初のボスはダークアインの色違い。ガルムともたぶん同じ。HPは9372、ダメージ限界は1200。こいつのウリは陰陽両属性の言霊で、陽属性だけだと思って装備を固めていると、後半のニルクモラスでやられます。

 動画では耐性装備がないため大ダメージを受けていましたが何とか回復してコペエベムニとダークボウで攻撃し、8ターンで倒せました。ダークボウは属性が有利な上にこいつは弓や銃に弱いので、さらにダメージが上乗せされています。ナイスチョイス。

 このボスのポイントは、体力が半分以下になるとパターン移行し、陰言霊を使ってくるところ。それ以降は3回陽属性か物理なので、ニルクモラスさえ乗り切れば陽防具でも倒せなくはないです。たとえばシオンをカオスアインより遅くして、3ターン目の終わりの攻撃で赤くして、次のターンは防御するなど。ただしこれでもせいぜい7ターンでリスクもあるので、いい手段ではないでしょう。

 となるとできるのは回復の手を減らすのとダメージを増やすこと。さらにいろいろ考えた結果、全員無属性にするとシオンがソアティウムでやられるので、彼だけ陽にしてティリレイズをかけ、攻撃はカーコペムニとダークボウ、回復はリザがキクイメガミを使うことで誰も倒れずに6ターンにはなりましたが、正直手間も多いので2人回復にして普通に攻める方が結局いいかもしれません。


 カオスアインを倒すと後半ゾーン。動画ではここでオズリックが出まくりました。ここのエンカパターンはオズリックの他にバドラアイアン、イタカ、ネレウス、フーレザスト&魔王オディオとあるので、連続で出るのは本当にラッキーです。

 進んでいくと第2のミトラの手下、カオスツヴァイが登場し対決に。装備は風以外です。

カオスツヴァイ戦(14:27~)

 ブルスティ、ダンプティに続く象人間シリーズ三作目。前のやつと違って非常にやりやすい相手です。ダメージ限界は1200なもののHPは6560と貧弱。

 動画でもキリュウを使ってコペイヤジンで5ターンです。まったくダメージを受けないターンもあるのでかなり楽。

 というか実は、こいつはその上でパターン行動なので、浮かせさえすれば回復の必要さえありません。最初のターンにはコールドブレスが来ますが、以後は攻撃していれば4回まで地言霊のみです。

 それを踏まえてコペフベムニで4ターン、カーコペジンで3ターンで倒せますが、この後に待ち受けるラスボスが長期戦になり、MP回復アイテムの不安が出てくることを考えると、ここは軽いコペイヤジンで十分かもしれません。


 カオスツヴァイを倒して進んだ先には、ついにラスボスが待ち構えています。こいつがとんでもない強敵なので、倒しがいがあるってものです。

 今回はほとんど改善の余地がありませんでした。いろいろ検討しても代案が出ないほど練られたチャートだったということですね。ただこのままでは終われないので、ラスボス戦では頑張ってみます。乞うご期待。

コメント

「名前」をクリックし「ゲストとして投稿する」にチェックすると登録せずにコメントができます。

へほくん
アイコン

ゲーム紹介・攻略情報サイト「God Bird」管理人。根っからのゲーム好きで、攻略やおすすめソフト紹介のほか、最近では昔の資料を引っ張り出して貴重な情報を発掘したり、ゲームの歴史を調べたりしています。
ブログ内検索
ツイッター