ガンハザードセリフ集
Scene11 アトラス


←Scene10 センチネル →エンディング

最初から行き先として選べて、なんかあるんじゃないかと思われていること請け合いのアトラスです。
見どころは今までの依頼主再登場と最後のアルベルトとパートナーの会話。実は撤退すれば何度でも見られるんですね。アトラス破壊後は次ページに回しました。
ブレンダ:
軌道エレベーター
“アトラス”に近づいたわ
▼

サカタ:
わしも昔は
▼

こいつの開発に
かかわったことが
あったが・・・
▼

そのウラでソサエティが
手を引いていたとはな・・・
▼

ルヴェン:
やつらめ・・・
▼

おまけに とんでもない
兵器までつけやがって!
▼

エミル:
でもそれは
▼

目先のことばかり
考えて アトラスを見すてた
▼

それぞれの国の
責任でもあるんです
▼

エミル:
だから・・・
▼

ぼくたちの責任でも
あるんですよ・・・
▼

アニタ:
そうですね・・・
▼

私たちは
アトラスを止めて・・・
▼

そして
今度こそ
世界が一つになることに
▼

力を注がなければなりません
▼

アルベルト:
どのみちこいつを倒さなければ
世界に明日はない
▼

そして それができるのは
おれたちだけだ
▼

行くぞ!
▼

ーアトラス外壁ー

エミル:
もう 対空攻撃が
はじまってます!
▼

アルベルト:
ソサエティめ
▼

アトラスに
対空砲までとりつけていたのか
▼

ルーク:
ジェノス様は どこだ?
▼

エレベーターに 無事
入られたのか?
▼

ルヴェン:
この様子じゃ そうは
思えん
▼

あいつ カッコつけて
1人で行きやがるから・・・
▼

ブレンダ:
攻撃が はげしすぎるわ
▼

直接 最上部へ行くのは
どうみても無理よ
▼

アルベルト:
よし ブレンダ
▼

低空からエレベーターの基部に
接近してみてくれ!
▼

ームービングフェイズー

#追撃

アルベルト:
どこか内部に侵入
できる場所はないか?
▼

ブレンダ:
壁面にそって
さがしてみましょう
▼

<砲台>

アルベルト:
どうした?

ブレンダ:
敵の砲台にはばまれて
上昇できないわ
▼

アルベルト:
まってろ!
今 排除してやる!
▼

<砲台破壊>

アルベルト:
だめだ・・・
▼

このままでは
キャリアーが 対空砲火に
耐えられない
▼

ブレンダ おれを置いて
引き返せ!
▼

ブレンダ:
引き返せって・・・
▼

あなた どうするの?
▼

アルベルト:
バーニアの続くかぎり
壁面をつたって
▼

内部への
突入口をさがす!
▼

ブレンダ:
そんなこと
できるわけないわ!
▼

バーニアなんて
あと30分も もたない
じゃない!
▼

アルベルト:
ほかに方法がない
▼

このまま上に進むほど
キャリアーの負担も大きくなる
▼

君やみんなを まきぞえに
するわけにはいかない!
▼

ブレンダ:
・・・・・・
わかったわ・・・
▼

じゃあ 機体を
しっかり固定して!
▼

アルベルト:
なにをする気だ?
▼

ブレンダ:
キャリアーごと
▼

エレベーター内部に
突入するのよ!
▼

アルベルト:
な なんだって!?
▼

<突入>

ブレンダ:
どう?私だって
やればできるのよ
▼

アルベルト:
なんて ムチャなことを!
▼

ブレンダ:
それは
おたがいさま
▼

さあ 早く中へ!
▼

アルベルト:
よし!
▼

ーエリア101ー

ームービングフェイズー

#Atlas

アルベルト:
よし おれはこのまま
▼

内部を破壊しながら
上へ向かう
▼

移動状況はレーダーで
補足しておいてくれ
▼

ブレンダ:
あなたが 内部を攻撃すれば
▼

アトラスの注意がそっちに
向くかもしれない
▼

そうなったら 外の攻撃も
弱くなるはずね
▼

私は先回りして
上で待つわ
▼

いくらなんでも
ヴァンツァー単体で
最上部までは ムリでしょう?

アルベルト:
わかった 気を付けろよ
▼

ブレンダ:
あなたこそね
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
心配したわ・・・
▼

中の状況はどう?
▼

アルベルト:
防御用の無人機動兵器
だらけだ
▼

そっちはどうだ?
▼

ブレンダ:
あなたのおかげで
静かなものだったわ
▼

アトラスがこのキャリアーに
反応する前に できるだけ
上がっておきましょう
▼

アルベルト:
たのむ
▼

おれの機体も
修理と補給を
すませておくよ
▼

ーエリア102ー

ブレンダ:
アルベルト!
▼

アトラスの対空砲火が
復活したわ!
▼

アルベルト:
早すぎる!
▼

よし!
また内部から攻撃をかけるぞ!
▼

ブレンダ:
だめよ!
▼

攻撃が激しすぎて
近づく事すらできないわ!
▼

アルベルト:
ここまで来て 
▼

これ以上進めないとは
▼

#Gardian

ガーディアン総司令:
こちら ガーディアン
▼

遅くなったが
まもなく アトラスに到着する
▼

ブレンダ:
こっちは 大変な状況よ
▼

アトラスの攻撃が復活して
進むに進めないわ
▼

ガーディアン総司令:
これより われわれが
基部から進入して
▼

制御システムの反応を
分散させる
▼

アルベルト:
まて!アトラスの
攻撃力は予想以上だ
▼

ガーディアンの残存兵力では
全滅しかねないぞ
▼

ガーディアン総司令:
心配ない
▼

ここに 集まってきたのは
われわれ
ガーディアンだけではない
▼

大統領:
アルベルト君!オーウェンだ
▼

これでやっと君に 力を
貸すことができるようだ
▼

アルベルト:
オーウェン大統領!!
では ベルゲン空軍が・・・
▼

大統領:
わが国だけではない
▼

君に助けられた
各国の軍隊も
援軍を編成してきてくれている
▼

ランドルフ:
クラークも だいぶ
きたえられたようですね
▼

彼を無事に帰して
もらわないと困りますよ
▼

サファド:
アルベルト君!ルヴェンとは
うまくやっているかね
▼

今度は こちらが手伝う番だな
▼

エルガー:
この前は世話になったな
和平交渉も進んでいるよ
▼

この成果をムダにする
わけにはいかない
▼

レジネフ:
おかげでわが国にも
光が見えはじめた
▼

わが人民の力を
君にささげよう!
▼

グラント:
アニタを救ってくれた
礼をさせてもらうぞ!
▼

リチャード:
アルベルト お前たちも
ここまでやるとはな・・・
▼

かっこよすぎるじゃないか!
▼

おれも仲間に
入れさせてもらうぜ!
▼

ウチの傭兵たちが
対地空攻撃の要所を
つぶしたところだ!
▼

あんたは
どんどん先に進んでくれ!
▼

ブレンダ:
リチャード!
▼

みんな・・・
▼

みんな ありがとう!
▼

ームービングフェイズー

ブレンダ:
今度は 一気に中枢部まで
かけあがるつもりだけど
▼

物資の補充が必要なら
今のうちにもどったほうが
いいわ
▼

最上階に上がったら
もう 後戻りできない
かもしれないんだから
▼

ーアトラス中枢部ー

ブレンダ:
だめだわ・・・
もうこれ以上は上れない
▼

さすがの 最新型キャリアーも
限界みたいね
▼

ルヴェン:
あたりまえだ!
▼

今まで この高度まで
上昇したキャリアーなんて
ありはしないぜ!
▼

いくら 新造戦艦でも
危険すぎる!
▼

サカタ:
世界記録か!すばらしい!
▼

サカタ:
・・・などと のんきな
ことを言っとる場合ではない
▼

すぐに アトラスが
攻撃を再開するぞ!
▼

アルベルト:
しかたがない・・・
▼

また 中から進むしか
ないようだ
▼

キャリアーを
突入させてくれ!
▼

ームービングフェイズー

#Atlas

アルベルト:
ここからは もう
もどらないつもりだ
▼

安全な所へ退避していてくれ
▼

ブレンダ:
そんな・・・
私はここに残るわ!
▼

アルベルト:
だめだ
▼

ここは高度が高すぎる
とどまるのは危険だ
▼

それに エレベーターが
爆発でもしたら
みちづれにすることになる
▼

もどれ!

▼

ブレンダ:
でも・・・エレベーターを
止められたとして
▼

そのあと どうやって
そこを出るのよ?
▼

アルベルト:
おそらく脱出装置が
あるはずだ
▼

それに 爆発すると
きまったわけじゃない
▼

それはなんとかする
▼


ブレンダ:
・・・・・・
▼

わかったわ
▼

あなたとは いつも
こんなことのくり返し
▼

だけど こんどこそ最後ね?
▼

この作戦が終わったら
・・・・・・
▼

ブレンダ:
仕事ぬきで 旅にでも
行こうよ!
▼

ねっ・・・
▼

アルベルト・・・
▼

アルベルト:
・・・そうだな
▼

無事をいのっててくれ
▼

ブレンダ:
死なないでよっ!
絶対にっ!
▼

<ラストエレベーター パートナーがいないかブレンダの場合>

アルベルト:
これが 最上階につながる
エレベーターに違いない
▼

狂ったプログラミングで
要塞と化したアトラス・・・
▼

もうもどれないかもしれないが
何としても破壊しなければ
▼

<パートナーがいる場合>

アルベルト:
これが 最上階につながる
エレベーターに違いない
▼

だが アトラスを破壊した後
必ずしも地上に帰れるとは
限らん・・・
▼

お前は ここで艦にもどれ
▼

突破口から通信を送れば
ブレンダがきてくれるはずだ
▼

<クラークの場合>

クラーク:
・・・・・・
▼

そうですか
わかりました
▼

道中 お気を付けて
▼

ご無事を おいのりします
▼

アルベルト:
ありがとう クラーク
▼

<エミルの場合>

エミル:
えっ!
▼

だめです!ぼくもいっしょに
行かせてください
▼

あなたといっしょに
最後まで戦いたいんです
▼

アルベルト:
エミル・・・
▼

君は今まで よく戦いに
たえてきた
▼

生き残って 国にもどれ
▼

この戦いで得た力で
自分の国を 立て直すんだ
▼

エミル:
・・・・・・
▼

・・・わかりました
あなたの 言う通りにします
▼

そのかわり あなたも
必ずもどるって
約束して下さい
▼

アルベルト:
ああ 約束するよ
▼

<ルヴェンの場合>

ルヴェン:
フッ・・・それはできん
▼

お前は おれが今までに見た
傭兵の中で 一番の変わり者だ
▼

そんなめずらしいやつを
1人で死地にやるわけには
いかんな
▼

アルベルト:
ルヴェン・・・
▼

お前には やってもらいたい
ことがある
▼

艦にもどって ブレンダたちを
守ってやってほしい
▼

頼れるのは
お前しかいないんだ
▼

ルヴェン:
はは・・・相変わらず
言ってくれるじゃないか
▼

・・・わかったぜ
お前の 言う通りに
してやろうじゃないか
▼

だがな・・・おれにも
ひとこと 言わせてくれ
▼

アルベルト:
なんだ?
▼

ルヴェン:
アルベルト・・・
▼

死ぬなよ
▼

アルベルト:
わかっている
▼

<アクセルの場合>

アクセル:
なんでだ?
▼

おいらが いちゃあ
ジャマなのか?
▼

アルベルト:
アクセル・・・
▼

君は 絶対に生きて
もどらねばならんはずだ
▼

お前の故郷では おやじさんが
待ってるんだろう?
▼

アクセル:
父ちゃん・・・
▼

アクセル:
わかったよ
▼

まあ アルベルトさんなら
ひとりでも大丈夫だ
▼

なんたって このおいらが
認める 世界でたった1人の
ヴァンツァー乗りなんだからな
▼

アルベルト:
ありがとう
▼

<サカタの場合>
(前のセリフが「おまえ」でなく「あなた」に)

サカタ:
待て!
▼

ここまできて 何を言う
▼

わしを のけものにすると
承知せんぞ!
▼

アルベルト:
サカタ博士・・・
▼

この作戦が万一 失敗したら
世界は あなたの技術を
必要とするだろう
▼

あなたを 死なせるわけには
いかない
▼

わかってくれ
▼

サカタ:
うむ・・・
そうだった・・・
▼

わしの目的は 人々を守る事
▼

しかし 信じておるぞ
あんたが もどってくる事をな
▼

アルベルト:
ありがとう
必ず もどるよ
▼

<ルークの場合>

ルーク:
いや・・・それはできん
▼

お前には カリがある
▼

それを返さぬうちは
お前から離れるわけには
いかん
▼

アルベルト:
ルーク
▼

お前の 義理がたさは
わかっている
▼

だからこそ お前に頼みたい
もどって ブレンダたちを
守ってやってくれ
▼

ルーク:
・・・そうか
▼

お前がそれを望むなら
仕方あるまい・・・
▼

だがな
▼

私はこれで
カリを返せたなどとは思わんぞ
▼

必ずもどるのだ よいな!
▼

アルベルト:
わかった
▼

<アニタの場合>
(前のセリフが「おまえ」でなく「君」に)

アニタ:
えっ!
なぜです!
▼

この先 ひとりでは・・・
▼

アルベルト:
アニタ・・・
▼

もし おれが失敗したときには
君が ガーディアンの部隊を
指揮して
▼

アトラスを破壊するんだ
たのんだぞ
▼

アニタ:
でも・・・
▼

アルベルト:
君は ガーディアンにとって
・・・
▼

いや これからの世界にとって
必要な人間だ
▼

君を死なせるわけには
いかない
▼

もどるんだ!
▼

アニタ:
・・・・・・
▼

私に ガーディアン
としての責任を果たせ
ということですね?
▼

わかりました 私はもどります
▼

あなたも 必ず帰ってきて
ください
▼

アルベルト:
ああ わかっている
▼

<カゲミツの場合>

カゲミツ:
ピポパ?
▼

アルベルト:
フッ
▼

お前に話しかけるなんて・・・
▼

おれも サカタ博士の
病気がうつったかな
▼

カゲミツ:
ピポポ・・・
▼

アルベルト:
ああ・・・わかった
▼

お前も 無事に帰れよ
▼

カゲミツ:
パポ!
▼

<アトラスコア通路>

#Approach to a Shrine

<ジェノスに会う>

ジェノス:
遅かったな
▼

アルベルト:
ジェノス!
▼

ジェノス:
あわてるな
▼

軌道エレベーターの
中枢部を破壊しに
きたのだろう?
▼

アルベルト:
ああ・・・
▼

しかし お前どうやって
あの対空砲火を
くぐり抜けてきたんだ?
▼

ジェノス:
ロイスのペンダントが
守ってくれたようだ・・・
▼

アトラスがこいつを認識して
私のヴァンツァーには
攻撃を加えなかった
▼

アルベルト:
ソサエティ幹部は
フリーパスということか
▼

ジェノス:
だがここからは
勝手が違う
▼

結局 きさまの手を
かりねばならん
▼

気にいらんことだが
協力せねばなるまい
▼

アルベルト:
なぜだ?
▼

あとは 中枢部 つまり
エネルギージェネレーターを
破壊するだけではないのか?
▼

ジェノス:
きてみればわかる
▼

ついてこい
中枢部コアはこっちだ
▼

<アトラスコアの前>

アルベルト:
これがコアか!・・・
▼

ジェノス:
コアには強力な
防衛機能が装備されている
▼

私が やつの外壁を破壊する
お前は そのスキに
やつを たたくのだ
▼

アルベルト:
ここに来てようやく
力を合わせることができるのか
▼

ジェノス:
くだらんことを言っている
場合ではない
▼

いくぞ!
▼

<ジェノスボム爆破>

アルベルト:
コアが・・・!
▼

ジェノス:
まずい!逃げろっ!
▼

集中しているエネルギーが
解放されたら・・・
▼

お前とて無事ではすまん!
▼

#Final Mission

アルベルト:
これがアトラスの火なのか!
▼

←Scene10 センチネル →エンディング

MM1風ボタン