ガンハザードセリフ集
Scene10 センチネル


←Scene9 エスポルテ →Scene11 アトラス

無茶な突撃の繰り返しのセンチネル。巨大ステルス戦闘機上の戦いは燃えますが、それもこれも近衛隊長さんのおかげでしょう。突然出てきてあの存在感。ただものじゃありません。
それに比べて他の方の印象は薄いです。あ、一応ソサエティ総統が出てくるんだった。
アトラス起動後の各地域のセリフも収録してあります。
アクセル:
こいつが センチネルか!
▼

エミル:
こんなやつが 世界中の空を
飛び回っていたなんて・・・
▼

アクセル:
それも もう終わりに
してやるぜ!
▼

よし!センチネルに
突っ込もう!
▼

アルベルト:
待てっ!
▼

どうやら やつのまわりに
空中戦艦が
護衛をしているようだ
▼

ブレンダ:
さすが 最後のとりで
というわけね
▼

ルーク:
センチネルには ジェノス様の
妹君もいるはずだ
▼

アルベルト:
そして 彼女を追っている
ジェノスも ここにくるだろう
▼

ルーク:
ロイス様を あそこから
救い出すことができれば・・・
▼

しかし そんなことをすれば
作戦の成功も難しくなる
▼

アルベルト:
・・・・・・・・
▼

ルーク:
アルベルト・・・できれば
ジェノス様がたどり着く前に
▼

センチネルを破壊してくれ
▼

ジェノス様も それで
あきらめが つくだろう・・・
▼

アルベルト:
ルーク・・・
▼

わかった・・・やってみよう
▼

ー護衛艦隊ー

ブレンダ:
はげしい攻撃よ
▼

このキャリアーの火器では
とても対抗できない!
▼

アルベルト:
よし おれのヴァンツァーを
対空砲台がわりにして
▼

センチネルに近づこう
▼

サカタ:
自らを 銃火にさらし
艦を守る気か・・・
▼

わしは その考え
気に入ったぞ
▼

ブレンダ:
そんな・・・
▼

ねらい撃ちにされるわよ
▼

アルベルト:
どのみち キャリアーが
落とされたら みんな終わりだ
▼

・・・だいじょうぶさ
ブレンダ
▼

ブレンダ:
・・・
▼

ームービングフェイズー

#追撃

ブレンダ:
センチネルに接近!
敵対空兵器の作動を確認!
▼

アルベルト:
了解 できるだけ
近づいてくれ
▼

あとはなんとかする
▼

ブレンダ:
まさか センチネルに
乗りこむつもり?
▼

アルベルト:
・・・そうだ
▼

ソサエティの幹部が
乗っているはずだからな
▼

それに こういう移動要塞は
ヴァンツァーのような
機動兵器に接近戦を
▼

しかけられると
▼

意外と弱いものだ
▼

ブレンダ:
わかった・・・
▼

やってみるわ
▼

ーセンチネルー

ブレンダ:
大変!センチネルが
スピードを上げたわ
▼

引きはなされるっ!
▼

ームービングフェイズー

#Sentinel

アルベルト:
よし センチネルに
取りついた!
▼

しかし なんて機体だ
▼

ブレンダ:
そのままじゃ 危ないわ
▼

エンジンを ねらって
ちょうだい
▼

そいつの足を おそくするのよ
こちらの追跡も楽になるわ
▼

アルベルト:
わかった
▼

<エンジン1基破壊>
アルベルト:
エンジンを1つ破壊したぞ
▼

ブレンダ:
だめよ
▼

スピードは
ぜんぜん落ちていないわ
▼

<エンジン5基破壊>
アルベルト:
これで5つ目だな
▼

ブレンダ:
がんばって!
▼

<エンジン11基破壊>
アルベルト:
いったい この機体には
いくつエンジンがあるんだ!
▼

ブレンダ:
センチネルの機軸が
少しずつブレだしたわ
▼

もう少しよ!
▼

<エンジン16基破壊>
ブレンダ:
すごいわ
だいぶ速度が落ちてきた
▼

アルベルト:
この調子なら おれたちだけで
センチネルを落とせる
▼

ブレンダ:
アルベルト!!
むちゃいわないで
▼

わたしたちは
センチネルの巡航を
止めればいいのよ!
▼

あとはガーディアンの本隊に
地上から攻撃してもらうわ
▼

アルベルト:
いや ソサエティの幹部を捕ら
える必要がある!
▼

このままでは
彼らに
脱出されてしまう!
▼

ブレンダ:
でも・・・
▼

アルベルト:
とにかく 突入可能な場所を
▼

スキャンしておいてくれ
▼

<エンジン20基破壊>
ブレンダ:
センチネルの 右舷の推進力が
どんどん落ちているわ!
▼

これでセンチネルは
墜落する・・・
▼

お願い 帰還して!
▼

アルベルト:
いや・・・
突入する
▼

ブレンダ:
何言ってるの!
もう充分よ 帰ってきて!
▼

まさか・・・
▼

ジェノスの妹を
助け出すつもり?
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

そうだ
▼

それだけじゃない
彼女には伝える事がある
▼

このままでは
ジェノスは・・・
▼

ブレンダ:
そんな・・・
▼

もどれなくなるわ!
▼

アルベルト:
心配するな ブレンダ
▼

必ずもどってみせる
▼

ブレンダ:
わかったわ・・・
最上段の翼のつけ根に
▼

カタパルトデッキらしいところ
があるの・・・
▼

アルベルト:
わかった
ありがとう
▼

ブレンダ:
アルベルト・・・
▼

<エンジンをすべて破壊>
ブレンダ:
こちらで確認できる限り
エンジンは それで最後ね
▼

アルベルト:
最上段の翼のつけ根あたりから
突入できるんだな
▼

ブレンダ:
ええ・・・
やっぱり中に入るの?
▼

アルベルト:
ああ
▼

<カタパルトデッキ>
アルベルト:
よし これから機内に
突入する!
▼

ブレンダ:
アルベルト・・・
▼

気をつけて!
必ず 生きてもどって!
▼

アルベルト:
ああ 心配するな
▼

脱出するときに
援護を頼むぞ
▼

ブレンダ:
まかしといて!
▼

ーニューヨークー

リチャード:
アルベルト!
▼

よく 帰って来たな
▼

アルベルト:
リチャード・・・
▼

おれたちは とうとう
ソサエティの存在を
つかんだんだ
▼

しかも・・・本拠地が
巨大爆撃機センチネルで
あることも突き止めた
▼

リチャード:
そうだったのか・・・
実は まだ上層部の人間が
▼

お前の事を 良く思っては
いないんだ
▼

ソサエティの存在さえ
信じようとはしない
▼

おれも 手助けしてやりたいが
説得には 時間が
かかりそうだな・・・
▼

アルベルト:
ありがとう・・・
気持ちだけで十分だ
▼

リチャード:
すまんな・・・
▼

ーソサエティ本部ー

アルベルト:
こちら アルベルト
内部への侵入に成功
▼

#Royce Felder

フェルダー:
侵入者め!
▼

ただちに武器をすてなさい!
▼

アルベルト:
フェルダー司令・・・!
▼

フェルダー:
アルベルト・・・!
▼

このセンチネルの中に
ヴァンツァーで
侵入するとは・・・
▼

もはや 逃げられはせん
覚悟なさい!
▼

アルベルト:
覚悟するのは
お前たちの方だ!
▼

右翼のエンジンはあらかた
破壊させてもらった!
▼

もう機体の制御も
難しくなってるはずだ!
▼

フェルダー:
ふふふ・・・
▼

その程度のことで
このセンチネルが
落ちるわけがない
▼

アルベルト:
フェルダー司令
▼

ジェノスもお前を殺すために
ここにくるはずだ
▼

フェルダー:
フッ 兄もムダなことを
よくやる・・・
▼

アルベルト:
ソサエティから抜け出すんだ!
▼

そうすれば兄妹で殺しあう
理由などなくなる!
▼

フェルダー:
ばかなことを・・・
▼

近衛隊長 何をしている!
▼

はやく侵入者を
排除しなさい!
▼

近衛隊長:
はっ!
▼

ただちに 近衛部隊を
出動させます!
▼

<エーデルシュペール撃破>

兵士:
うわぁっ!
▼

#Waring Two

<ボス通路突破>

アルベルト:
なんだ
この衝撃は?
▼

ブレンダ:
アルベルト 聞こえる?
▼

今 所属不明の飛行物が
センチネルに突入するのが
見えたわ
▼

アルベルト:
ああ こちらでも
衝撃を感じた
▼

ブレンダ:
もしかすると ジェノス!
▼

アルベルト:
おそらく・・・
▼

彼もソサエティの機密情報を
入手しているはずだからな
▼

<ブリッジ侵入>
兵士:
第7エンジンから
出火!
▼

兵士:
3号ジェネレーターの
機能が 完全に停止!
▼

#A Running Fight

アルベルト:
フェルダー司令
センチネルも もう終わりだな
▼

フェルダー:
アルベルト!
▼

アルベルト:
早く 脱出しろ!
手おくれになる
▼

フェルダー:
これで われわれに
勝ったつもりか?
▼

おもしろいことをいう
▼

このセンチネルの機能は・・・
▼

兵士:
出力低下っ!
だめだ!降下します
▼

兵士:
おいっ!
落ちはじめたぞっ!!
▼

兵士:
脱出だあっ!
▼

フェルダー:
あわてるなっ!
▼

この程度でセンチネルが
落ちるものか!
▼

ジェノス:
いや お前と一緒に
この機は落ちる・・・
▼

#Message of Genoce

アルベルト:
ジェノス!
▼

フェルダー:
・・・・・・
▼

ジェノス:
お前は 道をあやまって
しまった・・・
▼

どうして 私の言うことを
信じてくれなかったのだ
▼

お前も 私も 取り返しの
つかないほどに
手を血でぬらしてしまった
▼

フェルダー:
あなたまで とうとうこんな
場所に・・・
▼

私は死ぬわけには
いかない
▼

総統を お護りしなければ
ソサエティは・・・
▼

ジェノス:
ロイス!
▼

これまで お前たち
ソサエティがやってきたことが
▼

あれが正しい事だとでも
いうのか!?
▼

人々の 理想だとでも
言うつもりか!?
▼

フェルダー:
その行いが正しいかどうかは
結果でしかないわ!
▼

今は ソサエティの行いが
否定されるかもしれない
▼

でも 私たちは いずれ
人類に大きな
幸福をもたらすのよ!
▼

ジェノス:
私の妹はすでに
死んでしまったようだ・・・
▼

・・・・・・・・・
▼

お前がそうまでソサエティを
信じつづけるのならば・・・
▼

お前を殺すしかない!
▼

アルベルト:
やめろっ ジェノス!

<ルークがいるとき>
ジェノス様っ!
おやめくだされっ!
▼

フェルダー:
そうは いかないっ!
▼

ジェノス:
ロイスッ!
▼

フェルダー:
ぐっ!
▼

フェルダー:
さようなら・・・兄さん
▼

ジェノス:
ロイス!
待てっ!
▼

アルベルト:
なんだ!?
▼

近衛隊長:
うらぎり者め!
▼

薄汚い傭兵から
はい上がれるチャンスを
ふいにしおって・・・
▼

近衛隊長の名にかけて
お前などに司令を
殺させはしない!
▼

ジェノス:
ぐ・・・
きさま・・・
▼

近衛隊長:
それから
アルベルト・・・
▼

君も もう少し物のわかる
男だったらよかったのだがな
▼

その腕なら ナンバーズにも
なれるものを
▼

アルベルト:
ふざけるな!
そこをどくんだ!
▼

近衛隊長:
ざんねんだが 諸君らには
▼

ここで この艦を降りて
いただこう・・・
▼

#Edel Ritter

しかばねとしてな!
▼

<ある程度のダメージを与えると>

フェルダー:
近衛隊長!
▼

艦を脱出します
準備しなさい
▼

近衛隊長:
とどめはさせなかった
ようだな・・・
▼

まあよい
センチネルとともに
死ぬがよいわっ!
▼

アルベルト:
ジェノス
無事か?
▼

ジェノス:
どうやら
バランサーをやられたようだ
▼

ロイスに とどめをささねば
ならんのに・・・
▼

アルベルト:
お前も 早く脱出しろ
▼

あとのことは おれに
まかせるんだ
▼

お前の妹は おれが
連れてもどる
▼

ジェノス:
・・・・・・
よけいなことを・・・
▼

<センチネル深部への通路>

#焦燥(Part 2)

<近衛隊長と再戦>

近衛隊長:
バカな・・・あれだけの兵力を
もってしても
▼

お前を 止められないと
いうのか
▼

アルベルト:
ここを通してもらうぞ
▼

近衛隊長:
ここから先は
▼

お前のような者が立ち入れる
場所ではない
▼

ここから先は
支配者の・・・
▼

いや 神の領域なのだ!
▼

アルベルト:
その思い上がりが
▼

ソサエティを狂わせて
いるんだっ!
▼

近衛隊長:
ソサエティが
狂っているだと?
▼

フッフッフ・・・
▼

まあ お前などに わが総統の
気高い思想など わかろう
はずもないが・・・
▼

しかたない
先ほどの決着をつけねば
ならんようだな
▼

高貴なる騎士
“エーデル リッター”の
真の力を・・・
▼

#Edel Ritter

とくと味わうがいい!

<第1段階撃破>

近衛隊長:
きさまなどに
この私が 倒せるものか!
▼

総統・・・
▼

私に お力をっ!!
▼

<エーデルリッター撃破>

近衛隊長:
フェルダー司令
もうしわけありません・・・
▼

総統の事を
・・・頼みました・・・
▼

#Nature

ソサエティ総統:
ごほっ

ロイスよ・・・
何事が起こっているのだ?

フェルダー:
総統・・・
このセンチネルが・・・・

ガーディアンの攻撃にあって
いるのです

不覚にも 私も手傷を
負って・・・

ソサエティ総統:
ごほっ なんだと?
ガーディアン?

そうか お前が警告していた
傭兵どもの組織か・・・

アルベルト:
その通りだ
お前は もう逃げられん

ソサエティ総統:
フッ 傭兵ごときが
わしを倒すというのか・・・

アルベルト:
殺しはしない

お前のために
おれの国が・・・両親が

そして多くの人々が
苦しめられた

お前の犯したあやまちは
償ってもらう

お前をどうするかは
彼らが決めてくれるだろう

ソサエティ総統:
ほっほっほ・・・

ざんねんだが それは
できんな

すでにわしの体に
変調が現れておる

この巨大爆撃機センチネルは
わしの生命維持装置と
つながっておるのじゃ!

アルベルト:
なんだって!

フェルダー:
総統 今から
ここを出れば・・・

ソサエティ総統:
いや・・・
わしにはわかっている

わしの体が もう
長くはもたないことを・・・

フェルダー:
そんな・・・!

ソサエティ総統:
案ずるな・・・
人類同士の戦いは不可避だ

わしの体が滅びても
憎しみの炎が絶えることは
ない・・・

アルベルト:
ばかな事を!!

フェルダー:
総統・・・何を言って
いるのです?

戦いによる浄化の後に
新しい世界を
築くはずでは・・・

ソサエティ総統:
ふふ ロイスよ・・・
お前は 有能な部下だったが

わしの真意を理解して
いないようじゃな・・・

戦争による利益も
新たな世界も・・・

わしにとっては どうでも
よい事なのだ・・・

フェルダー:
な なんということを・・・
それでは 話が違います!

ソサエティ総統:
あの 軌道エレベーターを
見るがいい・・・

あれは 国々の協力のもとに
平和と協調の象徴として
完成させられるはずの物だった

ところが どうだ・・・

エレベーターの 経済的価値が
薄くなったとたん 国々は
開発から手をひき

ふたたび紛争を始めおった
ではないか・・・

わしはその時 気付いたのじゃ

戦いこそが人類の
本来の姿・・・

戦いこそが人類の存在意義
なのだという事にな!

フェルダー:
総統・・・

私は 新たな世界の
到来を信じて・・・

ソサエティ総統:
・・・お前も同じこと

戦いを指揮するお前自身
神のよろこびを
味わっていたはずだ・・・

フェルダー:
・・・・・・

ソサエティ総統
組織としてのソサエティは
消滅するが・・・

わしのたましいが 世界に
新たな戦いの種を まくこと
だろう・・・

聞こえんか・・・あの
新たな・・・戦いの調べ・・・
が・・・

・・・

フェルダー:
総統・・・
▼

ううっ なんてことなの!
▼

#Royce Felder

アルベルト:
・・・・・・
▼

ジェノスは こうなることを
始めから
わかっていた・・・
▼

それなのに・・・
▼

フェルダー:
ううっ・・・
▼

兄が・・・
兄の言っていたことが
▼

・・・はじめて
わかったような気がする・・・
▼

アルベルト:
ロイス
この機はもう墜落する・・・
▼

脱出するんだ! 急ごう
▼

フェルダー:
いいえ 私は深手を
負ってしまった・・・
▼

もう動けない・・・
▼

それに 今まで自分がした
ことを考えると・・・
▼

私は ここに残るわ・・・
▼

アルベルト:
何を言う!
これからでも・・・
▼

フェルダー:
このペンダントを
もって行って・・・
▼

これを兄さんに渡してほしい
▼

兄さんからもらった
ペンダントなの・・・
▼

アルベルト:
わかった
ロイス・・・しかし
▼

フェルダー:
兄さん
ごめんなさい・・・
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

アルベルト:
こちら アルベルト!
センチネルから脱出する

ブレンダ 回収をたのむ!

ブレンダ:
了解

ジェノスは
拾い上げたわ

あとは あなただけよ

アルベルト:
わかった

#ロイスの死

アルベルト:
これで なにもかもが
終わったということか・・・

ブレンダ:
アルベルト!
お帰りなさい!

みんな あなたを
待ってたのよ!

アルベルト:
心配をかけた・・・すまない

ブレンダ:
いいの!
無事でいてくれさえすれば

ジェノス:
生きて帰ってきたようだな

アルベルト:
ジェノス・・・

ジェノス:
総統は 死んだのか?

アルベルト:
ああ・・・だがお前の妹も
センチネルと共に・・・

ジェノス:
・・・・・・・

アルベルト:
このペンダントを
あずかってきた

ジェノス:
このペンダントは・・・

まだ 国にいたころ
私がロイスに
おくった物・・・

アルベルト:
彼女はお前に
“すまない”と・・・

ジェノス:
・・・そうか

ロイスも 最後には
人の心を取りもどしたのかも
しれない・・・

アルベルト:
ジェノス これから
どうするつもりだ・・・?

ジェノス:
私にとっての戦いは
終わった・・・

もう 自分が存在する
意味もないということだ

アルベルト:
いや・・・お前は まだ
この時代に必要な人間だ

世界には まだソサエティの
ツメあとが残されている

それらを 消し去らないうちは
本当に終わったとはいえない

おれたちといっしょに
やってくれないか?

ジェノス:
・・・・・・

アルベルト:
まあいい 今日はここで
ゆっくりしていってくれ

どうするかは
いつ決めてもらってもいい

ブレンダ:
2人とも こんなところに
いつまで いるつもり?

そろそろ 行くわよ

アルベルト:
・・・わかったよ

ジェノス 行こう

ジェノス:
・・・・・・

#Evil Power

アルベルト:
な・・・なんだ
あの閃光は・・・!?

ルヴェン:
どうした!?
なにが起こったんだ?

アニタ:
た たいへんです!

サンクトリヒの北10キロの
地点に 軌道上から強力な
ビームが撃ちこまれて・・・

村1つが 跡かたもなく
消滅したそうです

アルベルト:
なんて ことだ・・・

ブレンダ:
ちょっと!

だれかカタパルトに
乗ってるわ!

ヴァンツァーが発進する!

だれなの?応答して!

ルーク:
ジェノス様っ!
おもどりくださいっ!

アルベルト:
ジェノスか!

応答しろ ジェノス!

どうしたんだ?

ジェノス:
やはり 妹の事には 私が
決着をつけるしかないようだ

アルベルト:
妹の事?

ジェノス:
・・・アルベルト
もう 会う事もなかろう

アルベルト:
ジェノスッ!

ルーク:
ジェノス様・・・

ルヴェン:
おい・・・あんた ジェノスの
部下だったんだろう?

何か知っているんじゃ
ないのか?

ルーク:
いや 私にも
くわしいことはわからん・・・

ただ・・・彼は先ほど
ロイス様からのペンダントを

ここのコンピュータールームで
調べていたようだった

アルベルト:
なんだって!

ブレンダ!ジェノスが解析した
データが残っていないか
調べてくれ

ブレンダ:
はい!

・・・・・・

あっ!あったわ!
ええと・・・

ブレンダ:
こ・・・こんなことって!

アルベルト:
なんだ!?

ブレンダ:
ソサエティは裏で

軌道エレベーター“アトラス”
開発にかかわっていたみたい

そして彼らは アトラスに
しかけを作ったらしいわ

ソサエティ総統の心臓が
停止すると・・・

自動的に 軌道エレベーターに
かくされた兵器が

作動するようになって
いるのよ!

アルベルト:
それが さっきの光か!

総統は 死のまぎわ
エレベーターの事を
口にしていた

それは この事を暗示
していたのか・・・

サカタ:
あのビームは

シビルスカで
わしが受け止めたビームと
同じものだ

もともと アトラスには
宇宙で集めた太陽エネルギーを
地上に送る機能がある

それをすべて電磁波に変えたと
すると・・・

地上は完全に
焼きつくされるぞ!

エミル:
もう・・・おしまいだ

せっかくみんなで
ここまでがんばってきたのに
・・・・・・

ブレンダ:
あきらめないで!

情報によると アトラスが
次に兵器を起動するまで

まだ しばらく時間が
かかるらしいわ

アルベルト:
よし このデータを
ガーディアン本部へ送ってくれ

おれたちも ジェノスを
追って アトラスへ向かおう!

ーワールドマップー

ブレンダ:
ガーディアンからの
連絡よ
▼

ガーディアン総司令:
君たちからの情報の通り
センチネル墜落直後から
▼

アトラスが機能しはじめた
ようだ
▼

アルベルト:
やはり あの光は
アトラスの・・・・・・
▼

ガーディアン総司令:
どうやら そうらしい
▼

われわれは 軌道エレベーター
攻撃の主力部隊を
編成するつもりだが・・・
▼

バイアブランカで受けた被害が
大きすぎた・・・
▼

ガーディアン部隊の再編成には
まだ時間がかかりそうだ
▼

すまんが 先に向かって
いてくれ
▼

アルベルト:
わかった
▼

・・・そういうわけだ
みんなには 今までもずいぶん
世話になってきたが
▼

今度こそ最後の戦いに
なるだろう
▼

もう一度だけ
手をかしてほしい
▼

クラーク:
もちろんです
修行の成果をお見せしましょう
▼

ルヴェン:
今さら 降りるなんて
言えんさ
▼

なあ? みんな!
▼

エミル:
もちろんです!
▼

アクセル:
このままじゃ おいらの
国だってあぶないからな!
▼

サカタ:
あのビーム砲を
▼

わしのヴァンツァーで
受けとめてやるわい
▼

アニタ:
さあ
アトラスに向かいましょう
▼

ブレンダ
▼

ブレンダ:
ええ!
▼

最大戦速でぶっとばすわよ!
▼

<マディオス>

兵士:
すべては あなた方に
かかっています!
▼

がんばってください!
▼

兵士:
大変な事になったものです
▼

総司令は 全世界に働きかけ
アトラスの攻撃を阻止する
つもりです
▼

<アニタがいると>

アニタ:
そういえば この工場に
あった ソサエティの兵器は

どこに運んだの?
▼

兵士:
出撃した部隊に持たせ
ましたが・・・
▼

残った分は シドニーの
いつもの店に まかせました
▼

アルベルト:
シドニーの店?
▼

アニタ:
ええ
▼

私たちが ソサエティに
対抗するために
▼

極秘で武器を集めてもらって
いたショップがあるんです
▼

行ってみますか?
▼

アルベルト:
そうだな
▼

なにか 得られる物が
あるかもしれん
▼

<クスコ村>

兵士:
グラントさんも 本部に
呼ばれて行きました
▼

アトラス対策のためです
その間は われわれが
ここを守ります
▼

村人:
この村は 今だに
ねらわれているらしいな
▼

ホセに対抗した人間が
多いというだけで・・・
▼

<ニューヨーク>

ブレンダ:
リチャードがいないわ
傭兵達も・・・
▼

出撃したんだわ
▼

<エミンゲン市街>

リンカー:
なにが あったかは
わからんが
▼

きっと お前なら
解決してくれると
信じているよ
▼

市民:
スイスの方で 無気味な
光を見たぞ!
▼

いったい何が
起こったんだ?
▼

市民:
いつも 私らのように
関係ないものが
▼

一番ひどい目にあうんだよ
▼

市民:
軍隊が出撃して
行ったようです
▼

また 戦争が始まるので
しょうか?
▼

市民:
これから 私たち
どうなるのかな・・・
▼

<エミンゲン市街>

リンカー:
なにが あったかは
わからんが
▼

きっと お前なら
解決してくれると
信じているよ
▼

市民:
スイスの方で 無気味な
光を見たぞ!
▼

いったい何が
起こったんだ?
▼

市民:
いつも 私らのように
関係ないものが
▼

一番ひどい目にあうんだよ
▼

市民:
軍隊が出撃して
行ったようです
▼

また 戦争が始まるので
しょうか?
▼

市民:
私は 聞いてしまったよ
▼

ソサエティという組織と
アトラスの事を・・・
▼

<大統領官邸>

兵士:
大統領は ガーディアン
という組織にまねかれて

空軍とともに 出発しました
▼

おそらく アトラスに
ついての対策のためだと
思われます
▼

<ベルゲン国防省舎>

兵士:
わが軍も出撃しました
▼

しかし あの圧倒的な力に
対抗する術など はたして
あるのでしょうか・・・
▼

<連邦政府軍本部>

兵士:
わが軍も 事の重大さを
感じて 出撃しました
▼

しかし・・・よりによって
わが国がねらわれるとは
・・・
▼

<オステン村>

村人:
な・・・なんだったんだ?
さっきの光は・・・
▼

あれは・・・北にある
マステン村の方角だったぞ!
▼

村人:
この村も ねらわれているの
だろうか・・・
▼

子供:
わーい
▼

ヴァンツァーの
お兄ちゃんが帰ってきた!
▼

村人:
マステン村には 親せきが
いるんだが・・・
▼

大丈夫だろうか・・・
▼

村人:
今の世は 狂っとる
・・・
▼

ほれ 見た事か・・・
神が お怒りになったのじゃ!
▼

<反政府軍本部>

市民:
ミハエルの父親は
▼

大変な事が起こったと言って
出かけて行きました
▼

ミハエル:
どんなことがあっても
▼

兄ちゃんが 必ずなんとか
してくれるよね?
▼

<ARS軍本部>

兵士:
アトラス対策のため
▼

サファド司令以下
軍の大部分は出撃しました
▼

あなたも早くアトラスへ!
▼
←Scene9 エスポルテ →Scene11 アトラス

MM1風ボタン