ザードの伝説2とは?

ザードの伝説2は、VIC東海から1993年2月19日に発売されたゲームボーイ(DMG)のRPGです。
前作として「ザードの伝説」が同じくゲームボーイで発売されています。
ここでは、ザード2とはどんなものかを簡単に解説してみます。

あまりに個性的なストーリー

ザードといえば何と言っても魅力はそのストーリーと世界観にある。
ファンタジー世界が「造られたもの」であり、そこに外部から主人公が介入する、というのが大筋だが、
個々のテキストが変すぎる。変態オヤジあり、ゲーム自体に言及するセリフありで、さらには多くの名詞がアム、テイ、エマスなど独自の用語でもって置き換えられている。
しかし単に変なだけではなく、ファンタジーに似つかわしくない人間の生々しい生き様を描いたイベントの数々が心を動かすのである。

さっぱり省略のシステム

システム面は一般的なRPGとは大きく異なる。
武具なし、MPなし、成長は主人公のみ、と多くの要素が省略され、
さらに移動は一次元的でフィールドでもダンジョンでも迷うことのないしくみとなっている。
とりわけ印象的なのがステータス画面だろう。「オレのちからは かなしくなっちゃうよ」のように主人公による自己評価のみが見れ、仲間は自分との比較で語られるのだ。
これを見るためにでもザードをやる価値はある。

妙なグラフィックと、最高な音楽

グラフィックに関しては背景や顔グラフィックはゲームボーイにしては細かいが、モンスターは顕微鏡で見ているかのようで、なんだかよくわからない。
それが無理やり拡大、縮小されてドットがつぶれたり、とにかく妙である。
それに引き換えサウンドはゲームボーイの良質な音源を最大に生かした押しの強いもので、曲数もバトルだけで5曲あったりと、ボリューム満点。
サウンドモードもついている。

総合的には・・・

全体としては難易度は控えめで、道中と戦闘が長いが、それは文章の魅力で補って余りある。
人間というものに対するウルスの鋭い言葉はファンタジーの枠を超えて、こちら側にいる我々をも貫くだろう。
これをプレイすれば、RPGの持つ可能性を十分に感じることができるはずである。

もどる