ルドラの秘宝RTA動画のプレイ内容の分析14(サーレント8~10日目)

Gayaline

 ルドラの秘宝のRTA動画をさらに楽しめる(たぶん)この企画、前回に引き続き、ストーリー解説やチャート検証をやっていきましょう。

 今回の内容はダークアイン戦から、クルガン戦と西の大陸到着までです。


 前回に続き、以下のルドラの秘宝の解説つきRTA動画のプレイ内容の検討と解説をします。前回ストーリーはいろいろ展開しましたが、ボスは1体だけでしたね。そろそろエンジンがかかってきます。

ルドラの秘宝 補助なしRTA サーレントの章 2:54:17 Part3 - ニコニコ動画

ルドラの秘宝 補助なしRTA サーレントの章 2:54:17 Part3 [ゲーム] 縛り内容ウラルドラ・ダヨンなどシステム否定系は禁止ステータスUPおよびDOWN・属性半減言霊使用禁...

サーレント8日目 

 前回のラストはサーレントが死んで生き返ってまた死んで生き返って、前世の隠れ里で情報を聞いたところでした。

 外へ出ると目の前で天空大陸が落ちてきます。シオンがグラムソードをセットしたタイミングですね。落下した大陸を見てみんな驚きますが、サーレントは「だが、目の前でおこった事だ」と冷静。冷静すぎる気もしますが。天空がぴったり落ちてきたことでホルンのほこら方面へ行けることになったので、そちらへ向かいます。

 樹海を通り抜けている最中、ちょうどセタビザが出た橋のところで突如魔獣が出現。よくボスの出る橋ですね。ともかくダークアインとの戦闘開始。

ダークアイン戦(1:30~)

 同型の魔獣(ガルム、カオスアイン)の中で一人だけカタコトしかしゃべれないやつです。ラズムに比べればわりと大したことのない相手で、HPは2061、ダメージ限界は464。

 動画では弱点のコペテヌカリとコペテヌキラで攻撃し、2ターンで撃破してます。ここに来て久しぶりにダメージ限界が影響してきますが、算出される最小攻撃回数は5で、1ターン撃破はムリ。なのでこのパターンで問題ないでしょう。


 ダークアインを撃破するとなぜか自爆し、橋が壊れてしまいます。この時点でビルシャナ遺跡側のルートと小舟のルートがなくなって、アヴドル経由でトール火山に行かないといけなくなったわけですね。

 オリアブの人々は落下した大陸に驚いてますが、問題なのはアヴドルへの定期船が出ないこと。あちらの状況を考えると無理もないですが。そこでマッドサイエンティストのカスタギア博士に相談すると、砂嵐で通れないと言いつつも砂嵐をなんとかする「あんていそうち」をくれます。

サーレント9日目

 動画では砂漠に向かう前に、落ちてきた大陸の遺跡都市へ。シオンが立ち寄ったところですね。ここで防具を売って雷属性のベーカーキャップと風属性のベゼウィングを人数分購入。ベーカーキャップはわからなくもないけど、ベゼウィングは必要なのかと思いますね。より安いロジカルキャップも風属性なので。

 ここはカットできないか以降の戦闘で検討してみましょう。あとどうせ遺跡都市に行くなら、ライフリーフ、マジックリーフ、ヴォイスアーマー、ダニエルのころもが拾えますし、時計扉が開いているのでリノンヘルムを回収して売れば、3060ラグと資金に余裕が出ます。

 装備を全員ベーカーとベゼウィングのみにして、いざ砂漠へ。砂漠にはペイモンが出ますがスルーして、砂嵐を止めて奥に行くと巨大な流砂が。その主と戦闘になります。

デザートローズ戦(5:34~)

 アリジゴクって言われているけどまったくそうは見えないボスです。ちょうど鉱石のデザートローズが連結したような見た目。シチュ的にはFF5に似てますね。

 雰囲気通り、この後たびたび相対する地属性の使い手でHP2125、ダメージ限界496。地属性というのはキリュウで浮遊すればなんとかなるんですが、だいたい対策として別属性も持っています。こいつの場合無と風。動画でも定石通り浮遊したわけですが、無・風属性ばかり使ってきてギリギリの戦いになってしまいました。3ターン。

 ワーヘトプラの威力は全滅級なので、風装備はつけられません。またディエスも怖いので雷にもできません。そうなるとベーカーキャップとベゼウィングの組み合わせはなかなか良くできていると思います。ただ結局モーンクイは即死、ディエスはサーレント以外ほぼ耐えられないので、装備なしでも変わらないと言えば変わりません。

 アイデアとしては、サーレントとロロがコペロベムニを使って、レギンがコペイヤウス、ソークがキリュウとすると奇襲→モーンクイ→モーンクイのパターン以外は2ターンで倒せるので、ディエスの心配をする必要がありません。装備も関係なしで、一番安定するといえるでしょう。

 あと全体で言えば、アヴドルと遺跡都市のマジックリーフをレギンとソークに投入することで消費3~4の言霊が使えるようになるので、短縮に繋がります。最悪ソークだけでもやるべき。


 デザートローズを撃破すると砂嵐は収まり、砂漠のフィールドを通過できるようになります。途中には建物がありますが用があるのはしばらく後。

 アヴドルに到着すると見事にゾンビの町になっていますが、サーレントに対してはなぜか襲ってきませんし、ショップで買い物もできます。これもリバイブジェイドの力なのでしょうか。敵も出るので歩き回りたくはないですが、ショップのダニエルのころもは高性能なので使う余地があるかも。

 目的はラゴウ石なので研究所地下の自分の殺害現場へ。さすがに行きたくなかったでしょうね。ラゴウ石からかけらを採取すると、何か書いてあります。まさに現在のサーレントの状況であり、「2人の師をうしなう」とあるので、ソロン様が危ないと気付く一行。あ、ここ帰りはアヴドルの町に入った段階で脱出可能です。

 この場面は実はかなり謎が多いポイントです。ラゴウ石になぜサーレントのことが書いてあるかですが、この部分はこれまで出てきたダナンの予言書とは別物です。ラゴウ石はゴモラが作った物なので、ゴモラが書いた説が濃厚ですが、だとするとゴモラはサーレントのことをハ虫類族の時代である一万年と二千年前から愛・・・もとい知っていたことになります。ラゴウ石のかけらは後でゴモラに見せることになるので、その時にゴモラは「どう?読んだ?」みたいな気分だったことは間違いありません。まあ別の見方をすると、情報収集が主軸であるこの章で、少しずつ情報を伝えたかったというのがあるんでしょうが。

 ともかく慌ててトール火山に向かうと、ソロン様が倒れています。どうもサーレントの体を乗っ取ったクルガンにやられてしまった模様。あの体強いから(ステータスが)・・・ともかくソロン様は後を託して息絶えてしまいます。なおここ、回想シーンと見比べるとソロン様の倒れている位置がずれてます。頑張って微妙に動いたんでしょうか。

 クルガンは古代遺跡ルーネにいるというソロン様の最期の情報により後を追いかける一行ですが、この辺りでワープルートを使って寄り道するといろんなイベントが見れます。ダグダの天文台では生命の歴史の上映が見られ、「彼」が生命を作り出したことを聞けます。ゴモラのことですね。その直後にサラスと戦闘になり、人間族の運命について「知っても‥つらいだけさ‥」と消えて行ってしまいます。マユラ似の見た目からして、この天文台の支配人か何かでしょうか。とすると上映の度にお客さんを消していたことに。怖い怖い。

 またフレイの遺跡に行くと、彼を待っているオプシスから、「なんという姿だ‥‥あわれな‥‥」とか言われてしまいます。ロスタムかヒューイの体になんてことを。ちなみにオプシスの話は日付で微妙に変わり、この段階だとクルガンがワープルート付近にいることを教えてくれます。

 北の大陸のルーネに行くと、クルガンと対面。彼は取引をしようと言ってきますが、怒り心頭のソークの願いは「おまえを斬る事だ」なのでビビッて逃げ出します。ここで分岐があり、前もって聖杯を取っていない場合サーレント一人で探しに行くことになります。動画は先に回収していましたが、2分半かかっていました。単独行動で費やす時間は長くても1分半くらいで、やはり後の回収で問題ないでしょう。ただ、その場合ワープ部屋を出る前にMP回復と装備の変更をする必要があるので注意。

 奥にクルガンを追い詰めると、「おんどれ!いてもうたる!」と叫びバトルスタート。

クルガン戦(10:56~)

 遺跡都市で迷惑を働いていた、顔色の悪いサーレント姿の関西市長です。HPは5026、ダメージ限界は624とかなりのもの。

 言霊もバッチリうまくなっており、風属性を使いこなします。動画では装備をベゼウィングのみにしていました。陽属性で攻撃しましたが、4ターン目に陽属性ガードのソアリームを使われ、ソークがしゅとうで殴る羽目になったのもあってそこから8ターンもかかってしまいました。

 ここはバリアを張られたら打ち消せばいいという、大魔王ゾーマ以来の戦法でいきましょう。ティコスペルを用意し、ソアリームに合わせて使うだけです。コペヨベムニも織り交ぜれば6ターンで倒せます。動画で言っていたほのおのつるぎを落とすまで粘るというのはドロップ率がわりと低いのでおすすめできません。

サーレント10日目

 長い1日が始まります。ルートの自由があるためにそうなっているのですが。クルガンを聖杯に封印すると、ようやくサーレントは元の体に。クルガンは氷山にラゴウ石があるという情報を自分からしゃべっていたので、そちらに向かいます。まずは北の大陸を歩きソドムの廃城へ。

 このタイミングでロマの町に寄って、フラットシールドを4つ買えば雷属性はカバーでき、遺跡都市カットが可能になるかもしれません。

 その前に、ルーネからまたワープしてルグのほこらに行くと、ルドラ教団の教えにより一行がルドラ様と勘違いされるイベントが見れます(後を考えると間違ってもいないけど)。パンのミミすっぱくなったワインをお供えしようとする人々との会話が楽しいので必見。

 シオンが氷を溶かした後の氷山を登りダナンのラゴウ石を発見。ダナンのルドラは滅ぼす相手がいなかったためか平和的で、ハウゼンが人間族を滅ぼそうとしている理由を知りたければ、ラゴウ石のかけらを集めて来いと言います。とりあえず巨人の分を持っていないのでそれを取りに行くことに。

 ここですが、氷山を進んでルドラに会っているのはロスですね。巨人のラゴウ石は先に取れるので、ワープしてそちらへ行けば氷山の登り降りは1回で済みます。

 まあここでは氷山が先ということで、再度ワープして言霊山を降り、シオンのスタート地点であるクリューヌ城にたどり着いたところで今回は終了。次回、いよいよ筆者のツイッターアイコンの人と対決!(にはなりませんでした)

コメント

「名前」をクリックし「ゲストとして投稿する」にチェックすると登録せずにコメントができます。

へほくん
アイコン

ゲーム紹介・攻略情報サイト「God Bird」管理人。根っからのゲーム好きで、攻略やおすすめソフト紹介のほか、最近では昔の資料を引っ張り出して貴重な情報を発掘したり、ゲームの歴史を調べたりしています。
ブログ内検索
ツイッター