ルドラの秘宝RTA動画のプレイ内容の分析12(サーレント1~4日目)

Gayaline

 ルドラの秘宝の補助なしRTA、先日リザの章が終了して間髪入れずサーレントの章も投稿して下さいました。

 ここでは引き続き、動画の内容をさらに楽しめるようにとストーリー解説やチャート検証をやっていきましょう。


 今回も、ルドラの秘宝の解説つきRTA動画のプレイ内容の検討と解説をします。これまでシオン、リザの章をクリアして来ましたが、今度はサーレントの章です。

ルドラの秘宝 補助なしRTA サーレントの章 2:54:17 Part1 - ニコニコ動画

ルドラの秘宝 補助なしRTA サーレントの章 2:54:17 Part1 [ゲーム] 縛り内容ウラルドラ・ダヨンなどシステム否定系は禁止ステータスUPおよびDOWN・属性半減言霊使用禁...

サーレント1日目 

 サーレントの章は東の大陸、竜神の遺跡から開始します。彼はラゴウ石というルドラの詰まった岩を研究する研究者。でも本来は言霊師で、ソロン様の辞令により出向してきました。クールな外見通り冷静沈着、頭脳明晰に見えて実は関西人の血が流れており、ピンポイントでボケます

 隣にいるのは相棒のレギン。ナビゲーターというこれまたよくわからない職業で、主な仕事はボケ倒す他3人につっこむこと。近所のオリアブ出身で、バイオタンクにそっくりな機械を開発しているマッドサイエンティストであるカスタギア博士の息子です。

 彼らと会話をしているのがラゴウ石研究の中心人物であるミュンヒ博士。彼は巨人の塔でもラゴウ石を発見し、その後竜神の遺跡でも同じものを見つけました。中にはルドラが埋まってるので、何かあったら(実際にあるんだけど)ヤバイということで、これまで散々出てきた聖杯の力を借りてどうにかすることにします。聖杯の持ち主はフォクシーの父親のエレミアなので、西の洋館に借りに行くことに。

 動画では例によって言霊作成です。作ったものを一覧にしてみましょう。

言霊名 効果 威力 消費MP
コペベエレム 回復(単) 78 1
コペベレフナ 回復(複) 70 1
レフランデヅ 回復(複) 128 3
コティアニム 復活 10 1
イヤテラ 脱出 1
キリュウ 風属性+浮遊(複) 6 4
コペテヌカプ 火攻撃(単) 84 1
コペテヌスタ 水攻撃(単) 84 1
コペイヤシュ 雷攻撃(単) 80 1
コペイヤテヌ 風攻撃(単) 80 1
コペテヌカリ 陽攻撃(単) 84 1
コエビベペタ 陰攻撃(単) 88 1
ベペバコメタ 無攻撃(複) 78 1
コペテヌビト 火攻撃(単) 114 4
コペイヤウス 雷攻撃(単) 110 3
コペイヤジン 風攻撃(単) 110 3
コペテヌキラ 陽攻撃(単) 114 4
スクベコペゼ 水攻撃(複) 63 1

 だいたいシオン、リザの章と同じ顔ぶれですが、スクベコペゼのみ新しいですね。これは言霊格納庫に記されている由緒ある言霊で、消費1の複数言霊としては十分な性能を持っています。

 操作可能になったら、ストーリー通りにエレミアの洋館に行っていますが、ルドラをよく知っている人なら、ペイモン稼ぎはしないのかと考えるところでしょう。ペイモン稼ぎとは、スタート地点すぐ隣のサッカラ砂漠に出てくるペイモンを倒すこと。メリットはいくつかありますが何よりおいしいのは経験値で、1体116はこの時点では破格です。また、低確率でドロップするレッドイーグルを入手できれば、大幅な攻撃力アップが見込めます。

 この稼ぎが有名なのは本作のレベルの仕様にあり、経験値が配分式な上で新規加入メンバーのレベルは主人公のレベルに調整されるので、2人で稼ぐ経験値は4人の時よりも2倍の効率になるということがあります。また開始直後にチャレンジできるのもポイント。RTAならうまくいくまでリセットすればいいわけです。

 先制されるために1体で出てこないと勝率は微妙ですが、バコベペアミを使えば5割くらいで倒せます。コペイヤシュでも1発だけどたぶんバコベペアミがいいはず。サーレントに経験値を入れたいので、ロジカルキャップをレギンからもらいましょう。

 実際に試してみたところ、うまくいった時はだいたい1分でペイモン2体を倒せ、サーレントLv5になります。もっと稼ぐべきかもしれませんが今回はこの条件で比較して、1分以上縮められるかどうか確認してみましょう。一応レッドイーグルがあるケースも検討します。1回で手に入る確率は5%くらいですが。

 ストーリーの方は、洋館を訪れて聖杯を見せてもらいますが、そこにデューンとキッドのコンビが現れて聖杯を奪って行ってしまいます。この際に聖杯にショックを与えたために雨が降り、リザちゃんたちがアーーンしてたわけですね。

 仕方がないので拠点のオリアブに戻ります。宿屋のミュンヒ博士に頼むと、聖杯の代わりに「魔封三器」を探すことに。そういうことにはサーレントの師のソロン様が詳しいということで、トール火山に向かいます。そのためにカスタギア博士に会いますが、ここでレギンは父親相手につっこみを2連発。レギンのつっこみカウンターでも作ったらいいかも。

 カスタギア博士に会うついでに、上の道具屋も覗いてみるのがおすすめ。「なつのおもいで ~れぎん5さい~」の恥ずかしい日記があるほか、隣の棚を調べると「最近の若いもんは、どこでおぼえてきたんじゃか‥勝手に人様の家にあがりこむばかりか物まで取ろうとしおる‥」とマザー2の小さなメダルの人ばりの叱られ方をします。

 トール火山はマグマの噴き出る厳しい環境の地ですが、ソロン様がここにいるのは理由があります。対面すると回想が入り(ここで流れるサントラ未収録曲も注目)、サーレントが研究者として出向することになった経緯がわかります。魔封三器についても尋ねると、ホルンのほこらに聖なる衣があると教えてもらえます。

 聖杯を盗まれた次第を話していると、ここでサーレントの兄弟弟子のソークが口を開きます。彼は寡黙でかっこいい剣士・・・に見えてなんでも斬りたがる危険な性格かつ、予期せぬところでボケます。ともかく盗まれないようにガードしてくれるということで、彼も加入します。ペイモン狩りでMPを使っていたら、ソロン様に回復してもらうといいかも。

サーレント2日目

 日も明けてミュンヒ博士に再度報告。会話を終えて出ようとすると、外には大量の蝶が。リザパーティーが大気を浄化した場面ですね。

 ホルンのほこらを目指し、リザ達も通った樹海を突破。今回はでかい植物はいません。ほこらではボロゾーキンにしか見えない聖衣を入手しますが、またもやデューン一行が現れます。ソークは「奴らを斬ってから探せばよい」と息巻きますが、うまいこと言いくるめられて結局聖衣も奪われることに。結局騙されたのはサーレントとソークでした。シオン達も遭遇してましたが、デューンとキッドはやたらと身のこなしが軽く、その点は同じトレジャーハンターでもロックアメリカンな方のロックをはるかに上回ります。

 仕方ないのでまたオリアブに戻ることに。ここまでまったく収穫がありませんし、ボスもいません。まあこの章のボスは終盤に密集してるので。

サーレント3日目 

 オリアブに戻ると、変な人形に子供が連れ去られるところを目撃します。下手人は以前から町中にいたルドラ教団。いずれシオンがぶっ潰すやつです。ミュンヒ博士に話すと、教団員は舟でファールの遺跡に逃げたので、小舟で向かうことになります。この段階で、何かと便利なロジカルキャップを買ってもいいかもしれません。言霊威力も上がるし。

 ここはオムパロスに向かうのが普通に見えますが、カウンターのベルを鳴らすと東のアヴドルにも行けます。シオンの章を進めているとオムパロスにルートが確定します。船の移動距離を考えると、オムパロスルートが速いでしょうか。動画でもそっちです。ただしアヴドルの方ではミーミルとの会話があり。レギンがカスタギア博士に家を追い出されたことを聞いたソークの「ほう。そんな事をしてたのか」が何か面白い。

 船着き場では、リザに会ったミュンヒ博士の口調がおかしいイベント。その後オムパロスでシオンにも会います。フォクシーと知り合いのはずのレギンはこれをスルー。シオンもサーレントのことを見つめていますが、3日後にそっくにな人物に会った時はすっかりそのことを忘れています。

 ファールの遺跡ではファールストーンを入手してサーレントに装備。まあ必要でしょう。最奥部では牢の隣に怪しい仮面の呪術師オズヌがいます。彼は世界のために子供の身を捧げると言いますが、レギンが「子供をさらって、何が世界のためだ。おまえ達の教えなんぞドブにでもすてやがれ!」とフォクシーみたいなことを言います。手下のククロも呼び出して戦闘開始。

オズヌ戦(17:10~)

 オズヌ+ククロ3体との戦いです。オズヌのHPは1000、ダメージ限界は352。大したことのない相手ですが動画では全員レベル1というのが問題。2ターン2人がベペバコメタでククロを倒し、その後コペテヌスタで攻撃、計5ターンで倒せましたがレギンに経験値が入りませんでした。

 ここは別のプランで行きましょう。ククロの攻撃は弱くオズヌを倒すと消えるので、オズヌに集中攻撃です。1ターン目コペテヌミヌ、コペテヌミヌ、コペテヌスタ、2ターン目コペテヌミヌ、コペテヌミヌ、防御で2ターン撃破です。ペイモン稼ぎチャートならレベル5、1、5なのでファールストーンをレギンにつければ事故の心配もありません。


 オズヌを倒すと、日食時にルドラが復活するみたいなことを言います。彼らが信仰しているのは次期ルドラのはずですが、別のでも見たいんでしょうか。

 子供を救出すると、漫才パートの時間です。固有グラフィックの子供だけ脱出しようとせず、話してみると記憶喪失だということがわかります。ショックを与えれば記憶が戻るんじゃという発言を受け、「‥‥俺がやろう」と刀に手をかけるソーク。レギンが慌てて止めると、「心配するな。みね打ちにする」。これにはレギンも「そういう問題じゃねーだろ!?」とつっこみ。

サーレント4日目 

 その後はノッてる子供をアヴドル経由で送り届けることに。サーレント以外は一旦離脱し、残った彼は屋上から日食を見ます。生きている状態のアヴドルに行けるのは最後なので、その前に街を回るのもおすすめ。道具屋の隣の家のマジックリーフは取るべきかも。船着き場では子供たちが騒ぐイベントがあります。バベルのレジスタンスといい、ルドラの子供はどうしてこんなに元気がいいのか。

 日食を眺めていると、地下のラゴウ石のある部屋から博士の悲鳴が。急いで駆けつけるとミュンヒ博士は倒れており、ルドラに気を付けろと言って息を引き取ってしまいます。大丈夫すぐ後を追うから

 その直後、ラゴウ石からハ虫類族のルドラが突如復活。一度外に出たはずなのに、サーレントをおどかすために入り直したんでしょうか。ルドラはジェイドは渡さないと言い、その一撃でサーレントを昇天(行くのは冥界だけど)させます。

 開始早々のパートで死んでしまった主人公。果たして今後どうなるのか。次回の展開に期待しましょう。

コメント

「名前」をクリックし「ゲストとして投稿する」にチェックすると登録せずにコメントができます。

へほくん
アイコン

ゲーム紹介・攻略情報サイト「God Bird」管理人。根っからのゲーム好きで、攻略やおすすめソフト紹介のほか、最近では昔の資料を引っ張り出して貴重な情報を発掘したり、ゲームの歴史を調べたりしています。
ブログ内検索
ツイッター