ほねせんしのダンスヘラクレスの栄光IVとは?


データイーストが出していたヘラクレスの栄光シリーズは、第一作「闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光」からしてパクリなんじゃないかというほどドラクエに似ていた。
第五作目となる「ヘラクレスの栄光IV 神々からの贈り物」も、独創的なRPGとはお世辞にも言いがたいものだ。
たとえばトランスファーシステム。自由にキャラに乗り移って特技を使えるというその内容は、明らかにFFのジョブチェンジの影響を受けている。
だが、本作が単なる二番煎じに終わらない理由は、名作のいい部分を吸収して、さらに細かい要素をこれでもかと詰め込んでいるところにある。
そういった場合たいていは失敗するのだが、ヘラクレスは違った。絶妙なバランス感覚で、そのごちゃごちゃをきれいな作品にまとめてしまうのだ。
そうした調理法が最高のレベルに達したのがこのヘラクレス4だといえるだろう。

見どころ

以上の紹介にあらゆる名作が引き合いに出されているところからも、いかにこのゲームがパクったか素晴らしいかが伺えるだろう。
本作をプレイして面白いと思ったら、ぜひシリーズ他作品、特に3をプレイしてみよう。

ヘラクレスのほかの作品


闘人魔境伝ヘラクレスの栄光(FC)
実はFFより早い時代のRPGで、1作目から一言多いセリフや妙なモンスターなどを楽しめる。
移動魔法の行き先選択可能をドラクエIIIより先に導入するなど、単なるヘンなゲームに終わらない部分もある。

ヘラクレスの栄光II〜タイタンの滅亡〜(FC)
よりスタンダードなドラクエ路線に近づき、貴重な個性だった武器の耐久力もなくなってしまった。
実に親切なゲームではあるが、見るからにドラクエである。
しかし音楽が結構良かったりする。

ヘラクレスの栄光〜動き出した神々〜(GB)
未プレイなのでなんともいえないが、情報を聞く限りでは前作同様一般的なRPGになってしまっているようだ。
色々な神が特技を持っていたりするところは良さそうだが。

ヘラクレスの栄光III〜神々の沈黙〜 (SFC)
システムは何の変哲もないRPGなものの、シナリオはゲーム史に残る凄まじい仕上がりになっているという、アンバランスな一本。
多少プレイは面倒くさいものの、このシナリオは死ぬ前に一度見ておきたい。