ガンハザードセリフ集
Scene9 エスポルテ


←Scene8 マチュピチュ →Scene10 センチネル

バカンスから一転、激戦区エスポルテです。水色のヴァンツァーがやたらやられることで有名。
かのメテオストーム隊や、指令室は私の命男など、愉快な敵が多く登場するのが特徴。ショップの店員のセリフ忘れました。
ブレンダ:
ガーディアンでの
はじめての仕事ね・・・
▼

これから私たち
どうなるのかしら?
▼

アルベルト:
それはだれにも
わからないさ
▼

今まではソサエティに
管理された戦争だったが
▼

今度はシナリオが
ないんだからな
▼

ブレンダ:
なんか 不安だわ
▼

アクセル:
まあ くよくよしたって
始まらないよ
▼

おいらたちゃ正しい
そう信じるしかないって
▼

ブレンダ:
そうね ここまで
きたんだもの
▼

もう あとには引けないわ
▼

じゃあ 行くわよ!
▼

ーエスポルテ市街ー

アルベルト:
よし
落ち合う予定の場所だ
▼

ブレンダ:
ガーディアンの人たちは
もうきてるかしらね
▼

ームービングフェイズー

#白昼の死角

アルベルト:
なんだ!?もう戦闘が
始まっているぞ
▼

ブレンダ:
ソサエティが 表立って
▼

ガーディアンを倒そうと
し始めたのね
▼

ひょっとして ここが
ソサエティの本拠地なのかしら
▼

アルベルト:
それはわからん
とにかくアニタをさがそう
▼

ブレンダ:
広域スキャンをかけるわね
▼

どうせ敵には 発見されて
いるんだし
▼

アルベルト:
アニタを見つけたら
教えてくれ
▼

ブレンダ:
了解
▼

<都市中心部>

アルベルト:
くそっ なんだ
この攻撃のはげしさは!

ここの国防軍は
まるごとソサエティなのか!?


<合流地点>

#出会い

アニタ:
ごめんなさい
アルベルトさん
▼

予定よりも かなり早く
戦闘が始まってしまったのです
▼

アルベルト:
いや いいんだ
▼

それよりも 作戦の方は
うまくいっているのか?
▼

アニタ:
ええ なんとか
▼

ガーディアンの主力部隊が
かなりの痛手を負って
しまったけど・・・
▼

さあ行きましょう
▼

ーフィールドマップー

アニタ:
しばらく お世話になります
▼

よろしく
▼

アルベルト:
ああ よろしくな
▼

ルヴェン:
フッ おれにもツキが
まわってきたかな?
▼

こんな美しい女性と
ご一緒 できるとは
▼

ブレンダ:
私にも同じこと
言ってたわよね?
▼

ルヴェン:
う・・・ごほっ
▼

ところで アニタさんよ
この国をさぐる理由は
なんなんだ?
▼

アニタ:
はい・・・
▼

この国は 異常なほど
ソサエティとの関わりが
深いのです
▼

ここで われわれは
ソサエティの本拠を
つきとめねば なりません
▼

アルベルト:
ソサエティの
本拠地の情報がここに?
▼

アニタ:
間違いないと思います
▼

エミル:
どうして本拠地を
さがすんですか?
▼

アニタ:
われわれガーディアンには
かぎられた兵力しか
▼

ありませんから
▼

本拠地を さがしだして
たたくしか ソサエティに勝つ
方法がないのです
▼

サカタ:
だが 今回の戦いで
▼

やつらもガーディアンの
作戦に気づいたろう
▼

時間がたつほど 不利になるぞ
▼

アルベルト:
そうだな
▼

さっそく 探索に入ろう
▼

ービアツェス市街ー

基本メッセージ

<いつもの男出現>

#Warning One

兵士:
ここは通さん!
▼

<いつもの男撃破>

兵士:
ば・・・ばかな・・・
▼

ーインディコ市街ー

基本メッセージ

ーサンコルテ市街ー

基本メッセージ

<メテオストーム隊登場>

#Warning One

突撃兵(マリオ):
行けるぞ!!
▼

メテオストーム・アタックを
かける!!
▼

突撃兵(ゴンザレス):
わかったっ!
▼

突撃兵(チャン):
おうっ!
▼

<撃破するとそれぞれのセリフ>

突撃兵(マリオ):
うぐわっ!!
▼

突撃兵(ゴンザレス):
ばかなぁぁ!!
▼

突撃兵(チャン):
メテオストームが
破られるとは・・・!
▼

ースメリオ市街ー

ブレンダ:
そういえばジェノスも
▼

ガーディアンの動きを
追ってるはずだから
▼

きっとまた出会うわね
▼

アルベルト:
やつは一人だけで
ケリをつけようとしている
▼

考えていることは
おれたちと それほど
違わないのにな
▼

ブレンダ:
また 戦うことになるのかしら
▼

アルベルト:
そうなると思う・・・
▼

ブレンダ:
なんだか かわいそうね
▼

ソサエティを倒せば
彼ともわかりあえる
日がくるのかしら・・・
▼

ームービングフェイズー

#白昼の死角

ブレンダ:
気をつけて
敵空中艦の反応があるわ
▼

アルベルト:
くそ
ソサエティも本気だな
▼

アニタ:
われわれが核心にせまっている
証拠です
▼

<爆撃地点>

ブレンダ:
気をつけて!
敵空中艦が爆撃を開始したわ
▼

アルベルト:
味方もろとも
攻撃するというのか!
▼

ブレンダ:
敵艦はかなり高度をとって
爆撃をしてるわ
▼

ヴァンツァーでは
取りつけないわよ
▼

アルベルト:
爆撃をさけるしかないか!
▼

ブレンダ:
空中艦からヴァンツァーが
降下してきたわ
▼

かなり速い!

アルベルト:
ジェノスか!
▼

#Message of Genoce

アルベルト:
やはり
きさまか・・・
▼

ジェノス:
手をひけ
▼

お前たちのような連中が
より集まったところで
▼

ソサエティに
かなうわけはない
▼

アルベルト:
ジェノス
▼

お前も ソサエティを
倒すつもりじゃないのか!?
▼

お前の妹を救い出すために!
▼

ジェノス:
笑わせるな!
▼

私にとってソサエティなど
▼

いや・・・世界など
どうなろうと
かまいはしないのだ!
▼

<ルークがいると>
ルーク:
ジェノス様!
▼

あなたは 本心を
いつわっておられる!
▼

ここはアルベルトに
協力するのが・・・
▼

ジェノス:
ルーク!
▼

くっ・・・きさまらに
何がわかるというのか!?
▼

妹のことは 私が自分で
決着をつける!
▼

きさまらなどに 口出しされる
いわれはない!
▼

アルベルト:
強がりをいうな
ガーディアンに協力しろ!
▼

おれは お前とは
戦う 理由がない!
▼

ジェノス:
きさまは
▼

自分がどれだけ
めざわりな存在か
理解していないようだな
▼

ルーク:
わかっていただけぬのか
▼

アルベルト・・・すまぬ
彼とは戦えない
▼

私は 撤退させてもらう
▼

ジェノス:
ルーク・・・
▼

アルベルト:
ブレンダ!おれも
ジェノスとは戦いたくない
▼

一気にここを脱出するぞ
ついてこられるか?
▼
(ブレンダのセリフへ)

<ルークがいない場合はこちら>
アルベルト:
正気か!?ジェノス!!
▼

ジェノス:
きさまに
何がわかるというのか!?
▼

妹のことは 私が自分で
決着をつける!
▼

きさまなどに 口出しされる
いわれはない!
▼

アルベルト:
強がりをいうな
ガーディアンに協力しろ!
▼

おれは お前とは
戦う 理由がない!
▼

ジェノス:
きさまは
▼

自分がどれだけ
めざわりな存在か
理解していないようだな
▼

アルベルト:
ブレンダ!
ジェノスとは戦いたくない
▼

一気にここを脱出するぞ
ついてこられるか?
▼

ブレンダ:
わかった
敵の空中艦に注意して飛ぶわ
▼

ジェノス:
なにっ!
▼

待てっ!
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
うまく逃げ出せたわ
▼

でも こちらも
あの空中艦を 見失って
しまったけど・・・
▼

アルベルト:
ジェノスは ソサエティ
の戦艦に乗っていた
▼

とうとうやつは
ソサエティのメンバーになった
ということだな・・・
▼

ルーク:
あの戦艦に ロイス様が
乗っていたら
▼

大変なことになる
▼

早く止めねば・・・
▼

ーコルガーレー
ブレンダ:
ブラジル軍の基地があるわ
▼

アニタ:
私たちの調べによると
▼

ここには ソサエティの
様々な情報を管理する
▼

コンピュータ施設が
あるようです
▼

アルベルト:
そこに ソサエティ本部の
情報もあるということか
▼

アニタ:
はい
▼

この施設にある
コンピュータから
▼

情報を引き出すんです
▼

アルベルト:
そうなると
▼

コンピュータにくわしい
人間を 連れて行かなければ
意味がないな
▼

ブレンダ:
大丈夫よ
▼

ヴァンツァーの
データケーブルを
▼

基地のコンピュータに
接続すれば
▼

後は キャリアーの方で
解析できるわ
▼

アルベルト:
そうか・・・
▼

じゃあおれは とにかく
コンピュータを見つければ
いいわけだな
▼

アニタ:
お願いします
▼

ームービングフェイズー

#快進撃

アルベルト:
よし 情報管理室を
さがす
▼

ブレンダ:
コンピュータが見つかったら
連絡して
▼

あとは こちらから
指示をするわ
▼

アルベルト:
了解
▼

<情報管理室>

アルベルト:
ここは・・・?
▼

ここが情報管理室か!
▼

どうすればいい?
▼

アニタ:
ヴァンツァーから降りて
データケーブルを
▼

コンピュータにつないで
下さい
▼

ブレンダ:
データのアクセスは
▼

艦の方からリモートで
やるわ
▼

アルベルト:
わかった
▼

#不吉な風

ブレンダ:
ああ・・・

この基地のコンピュータでは
だめだわ!

アルベルト:
なんだって!

ブレンダ:
ソサエティに関する
情報は

最高機密あつかいに
なっていて

このコンピュータでは
アクセスは不可能よ・・・

アルベルト:
どうすればいい?

アニタ:
いったんもどって下さい

こうなったら
バイアブランカ基地で

アクセスするしか
ありません・・・

アルベルト:
ブラジル最大の基地か

しかたがない・・・

ブレンダ
何か他に ここから
得られる情報は ないか?

ブレンダ:
ええと・・・

見つけたわ

見失った敵の空中戦艦は
リオデサンボと よばれる
もので

ガルツァにある施設によって
その姿を レーダーから
消す事ができる・・・

ということらしいわ

アルベルト:
よし 上できだ!

キャリアーにもどる

ーフィールドマップー

ブレンダ:
じゃあ バイアブランカに
向かうわよ!
▼

アニタ:
しかし・・・
▼

実はバイアブランカには
ガーディアンの総攻撃が
予定されているんです
▼

基地が破壊される前に
潜入しないと・・・
▼

ブレンダ:
そんな!
▼

総攻撃を待ってもらう
わけにはいかないの?
▼

アニタ:
それは 難しい
ですね・・・
▼

アルベルト:
いや かえって 総攻撃の
どさくさに紛れた方がいい
▼

われわれが先に基地へ
向かったら
▼

ガーディアンの奇襲の意味が
なくなるだろう
▼

それでは ガーディアンを
危険にさらす事になる
▼

ブレンダ:
総攻撃のどさくさなんて
かなり無謀だけど・・・
▼

確かに そうかもしれないわ
▼

じゃあ ガーディアンの
攻撃を待ちましょう
▼

アニタ:
みなさん すみません
▼

サカタ:
どうせ待つなら・・・
▼

先にあの空中戦艦を
見つけ出さんか?
▼

あいつを放っておくのは
危険だろう
▼

アルベルト:
さっき得られた情報では
▼

ガルツァにある基地が
戦艦を隠しているらしいな
▼

ブレンダ:
じゃあ 先にそっちへ
行ってみましょう
▼

アニタ:
場所は 私が案内します
▼

<撤退>
アルベルト:
ソサエティ・・・
▼

その狂気が アークのような
男を 生み出したんだ
▼

ルヴェン:
アークか・・・
手強いやつだったな
▼

#Voice of Ark

今でも思い出すぜ・・・
▼

#Tension

・・・・・・
▼

ーガルツァー

アニタ:
ここが ガルツァです
▼

こんな所に施設がある事は
私たちも 気付いて
いませんでした
▼

エミル:
ここをさぐれば
▼

空中艦の位置が
突きとめられるんですね?
▼

アニタ:
ええ コルガーレ基地での
情報通りなら そのはずですが
▼

でも アルベルトさん
気をつけて下さい
▼

この施設の事は
ガーディアンも
はじめて知ったんですから
▼

アルベルト:
ああ 気を付けよう
▼

ルヴェン:
ブレンダ・・・
▼

アニタがきてから
お前の仕事が
へっちまったみたいだな
▼

ブレンダ:
か 関係ないわよ!
▼

ああ 楽になって
うれしいわ
▼

ありがとう アニタ!
▼

アニタ:
あの・・・なにか?
▼

ブレンダ:
な・・・なんでもないわ
▼

アルベルト
気を付けてね!
▼

アルベルト:
あ・・・ああ
わかった
▼

ームービングフェイズー

#Invasion

<ジャミング装置発見>

アルベルト:
これは・・・
ジャミング装置だ!

敵の空中艦が あんなに近づく
までわからなかったのも
こいつのせいだな

おい ブレンダ!
聞こえるか?

??:
・・・・・・

アルベルト:
くそ

この装置のせいで
キャリアーとの交信も
できない

兵士:
あのヴァンツァーは
ガーディアンの!!
▼

この ガルツァ基地が
発見されたというのか!
▼

<ジャミング装置五基破壊>

アルベルト:
ブレンダ
聞こえるか?
▼

ブレンダ:
ハァイ!私よ!
▼

よかった やっと通信が
できるようになったわ
▼

アルベルト:
敵のジャミング装置を
破壊した!
▼

これで
リオデサンボの位置が
わかるようになるはずだ
▼

ブレンダ:
やったわね
▼

さっそく調べて
みるわ!
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
空中艦の位置が
わかったわ
▼

アルベルト:
よし もう逃がさん!
▼

リオデサンボを追うぞ!
▼

<撤退>

ルヴェン:
ジャミング基地か・・・
▼

やつらも
ねんの入ったことを
しやがる
▼

エミル:
こいつを
どうにかしないと
▼

空中艦は
見つからないでしょう
▼

ーリオデサンボー

ブレンダ:
あっ 前方に空中艦の反応が!
▼

きっと
リオデサンボに違いないわ
▼

アニタ:
ガーディアンの主力部隊の
侵攻ルート上ですね
▼

バイアブランカ基地を
守るために
戦力を 集結させているに
▼

違いありません
▼

アクセル:
すでに 気付かれて
いるってのか!
▼

ルヴェン:
これでは うかつに
近づけんな
▼

アルベルト:
ヴァンツァーで
攻撃可能な高度か?
▼

ブレンダ:
ええ
▼

レーダーを避けるために
かなり低い所を
飛んでいるから
▼

アルベルト:
よし 出るぞ
▼

アニタ:
そんな・・・むちゃです!!
▼

アルベルト:
いや 後方から奇襲をかければ
なんとかなるさ
▼

ブレンダ:
あの艦にはジェノスが
乗っているのをわすれたの?
▼

アルベルト:
あの艦を放っておいたら
▼

ガーディアンの主力部隊が
危ない
▼

奇襲が可能な今しか
攻撃のチャンスはないんだ
▼

アニタ:
アルベルトさん・・・
▼

あなたは いつも自分を
危険にさらすんですね・・・
▼

わかりました それなら
私にも手伝わせてください
▼

アルベルト:
アニタ・・・
これは 危険な任務だぞ
▼

アニタ:
いいんです
▼

私は あなたおいっしょに
戦いたくて
ここへきたんですから・・・
▼

アルベルト:
そうか・・・よし
考えておこう
▼

アニタ:
お願いします
▼

ブレンダ:
・・・・・・
▼

ームービングフェイズー

#追撃

ブレンダ:
敵があなたに
気づいたみたいよ!
▼

今まで止まっていた
戦艦のレーダーが
動きだしたわ
▼

アルベルト:
ちっ・・・
▼

まあいい
▼

どうせここまで近づけば
目でも 見つかるだろう
▼

同じことさ
▼

<ジェノス登場>

アルベルト:
ジェノス!
やはり出てきたな
▼

ジェノス:
今回は警告をするために
きただけだ
▼

お前が自分が いかにムダな
戦いをしかけているかが
わかっていない
▼

この艦を落としたところで
バイアブランカの防御を
やぶれることにはならない
▼

ガーディアンに
勝ち目はないぞ
▼

アルベルト:
そんなことはない!
▼

本来 表に出てこないはずの
ソサエティの部隊が
▼

みずから
ガーディアンと交戦している
じゃないか!
▼

ジェノス:
お前たちは 自分が目覚め
させてしまった物の 
▼

おそろしさをまだ知らないのだ
▼

アルベルト:
ソサエティの 恐ろしさは
知っている
▼

しかしな ジェノス!
▼

真実を知った人々の
怒りを止める事は
だれにもできないんだぞ!
▼

ジェノス:
フッ おろかな!
▼

ここで きさまを倒して
お前たちにあきらめさせる
べきなのだろうが
▼

あいにく私はバイアブランカに
急がねばならない
▼

さらばだっ!
▼

アルベルト:
ジェノス!
▼

<リオデサンボ撃破>

アルベルト:
空中戦艦を撃墜した!
機体を回収してくれ!
▼

ーフィールドマップー

アニタ:
さすが アルベルトさん!
▼

これでバイアブランカへの
攻撃が かなり楽になりました
▼

ブレンダ:
もう まったく
ムチャばっかり・・・
▼

アルベルト:
よろこんでいる場合でも
▼

ぐちをこぼしている場合でも
ないぞ
▼

早く基地へ急がないと
攻撃が始まってしまう
▼

ーバイアブランカー

アニタ:
ここが ソサエティの
情報拠点・・・
▼

バイアブランカです
▼

サカタ:
ほほお ガーディアンも
もう だいぶ集まっとるな
▼

アニタ:
ソサエティにとって
この基地は
▼

絶対に
死守しなけばならない
場所ですから・・・
▼

アルベルト:
ジェノスもここへ
きているはずだ
▼

今度は 戦わずには
すむまい
▼

ブレンダ:
アルベルト・・・
▼

アルベルト:
どうした?
▼

ブレンダ:
私も アニタさんみたいに
▼

あなたを手伝えたら
よかったのに・・・
▼

アルベルト:
何を言っている
▼

お前には 艦を守るという
大事な役目があるだろう
▼

よし 出るぞ!
▼

ブレンダ:
・・・・・・
▼

ームービングフェイズー

#追撃

アルベルト:
いかん もうガーディアンの
攻撃がはじまっている!
▼

アニタ:
いえ まだ大丈夫です
基地は生きています
▼

アルベルト:
よし
基地へ侵入する!
▼

しかし・・・
時間があまりない
▼

急がないと 基地そのものが
崩壊する危険がある・・・
▼

<スキュラIV出現>

#Warning Two

士官:
ガーディアンめ!
私が相手だ!
▼

アルベルト:
ジャマをするな!
▼

バイアブランカはもう
おしまいだ!
▼

士官:
このバイアブランカが
破壊されようとも
▼

きさまらを 情報管理室に
侵入させはしない!
▼

この情報管理室は 私の
命なのだっ!
▼

<スキュラW撃破>

士官:
ククク・・・
▼

たとえソサエティの本部が
わかったところで・・・
▼

きさまらに行き着くことは
できない・・・
▼

ソサエティは・・きさまらの
想像をはるかに超えた
存在なのだ・・・
▼

士官:
うわっ!!
▼

<情報管理室>

#Uneasy

アルベルト:
コンピュータルームに
着いたぞ
▼

指示をしてくれ!
▼

??:
・・で・・ア・・・
・・・・・・そ・・
▼

アルベルト:
なにっ!
▼

通信がつながらない!?
▼

おい!ブレンダ!
応答してくれ!!
▼

??:
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
▼

アルベルト:
なんてことだ!!
ここまできて・・!
▼

おれだけでは コンピュータに
アクセスできない・・・!
▼

このまま むざむざ
もどるしかないのか!
▼

くそっ!
▼

ブレンダ:
急いでケーブルを
つないで!
▼

基地がくずれ始めているわ
▼

アルベルト:
!!
▼

通信がもどった・・・!
艦とつながったのか?
▼

ブレンダ:
何をしてるの!
急いで!
▼

アルベルト:
ブ・・・ブレンダ!!
▼

なぜ こんな所へ!?
▼

ブレンダ:
あなたが出撃した直後に
▼

通信がつながらない事が
わかったのよ
▼

けっこう きびしかったけど
なんとか たどり着けたわ
▼

アルベルト:
なんてことをするんだ!
ブレンダ
▼

ムチャがすぎるぞ!!
▼

ブレンダ:
ご ごめんなさい・・でも・・
▼

アルベルト:
・・・・・・・・・
▼

・・・とにかく
アクセスしよう
▼

ブレンダ:
ええ・・・
▼

#Genoce

ジェノス:
きさまの目的もやはり
ここだったようだな
▼

アルベルト:
ジェノス!
▼

ジャマする気か!
▼

ジェノス:
いいや
▼

私も お前と同じく
機密情報を手に入れるため
ここにきたのだ
▼

ソサエティの本部のことは
ナンバーズの人間の中でも
限られた者しか知らないからな
▼

アルベルト:
お前・・・
▼

本部に
のりこむつもりなのか?
▼

ジェノス:
ロイスを・・・
▼

あいつを止めるのは
この 私だ
▼

ガーディアンなどに
殺させはしない
▼

<ルークがいる場合>

ルーク:
ジェノス様!
▼

われわれは ソサエティという
組織を破壊したいだけです!
▼

妹君を殺そうなどとは
考えておりません!
▼

ジェノス:
同じことだ
▼

今のロイスにとって
ソサエティの崩壊は
自分の死を意味する
▼

ルーク:
・・・・・
▼

ジェノス:
私はあまりに長く 戦いに
身を置きすぎてしまった
▼

私にとって 戦いそのものが
他人を理解するための手段に
なってきたような気がする
▼

だからこそ・・
▼

ロイスは・・
この私が手にかけなければ
ならんのだ!
▼

アルベルト:
妹を殺して 何か解決する
とでも思っているのかっ!
▼

ジェノス:
きさま・・・
▼

私は きさまの
説教じみた その口調が
気に食わんのだっ
▼

きさまに なにがわかる!
きさまに・・・なにがっ!
▼

<ジェノスピンチ>

#Message of Genoce

ジェノス:
くそ・・・
▼

きさま 腕を上げたな
・・・・・・
▼

アルベルト:
おれには やらなければ
ならない事がある・・・
▼

おれには
ガーディアンの・・・
▼

いや・・・
戦いに苦しむ人々の
希望が かかっている!
▼

ジェノス:
おれもかつては そんな
考えを持っていた・・・
▼

だがな・・・
▼

人間が 人間である以上
争いが 絶えることなど
ありえはしない
▼

それでも
あがき続けるつもりか?
▼

アルベルト:
たとえ戦争が
なくならないとしても・・・
▼

おれは ソサエティを倒す!
▼

ジェノス:
フッ
好きにするがいい・・・
▼

ブレンダ:
アルベルト?
▼

アルベルト:
・・なんだ?
▼

ブレンダ:
まだ・・・おこってる?
▼

アルベルト:
あたりまえだ
▼

こんな危険な所へ
一人でくるなんて・・・
▼

ブレンダ:
ごめんなさい・・・
▼

でも・・・やっぱり
私がこなければ
▼

情報は 手に入らなかった
でしょう?
▼

アルベルト:
それはそうだが・・・
▼

しかし お前が死んだら
なんにもならないじゃないか
▼

ブレンダ:
・・・・・・
▼

私も・・・
役に立つってことを
知って欲しかったのよ・・・
▼

アルベルト:
えっ・・・?
▼

ブレンダ:
あなたといっしょに戦える
アニタがうらやましかった
▼

私は いつも艦に乗って
安全な所にいる・・・
▼

そんな自分が何か
役立たずみたいな気がして
・・・それで・・・
▼

アルベルト:
ブレンダ・・・
▼

君は おれが
国を追われた時から ずっと
▼

おれを
ささえていてくれたじゃないか
▼

ブレンダ:
アルベルト・・・
▼

アルベルト:
もっと自分に
自信を持っていい
▼

今まで通りで 十分だよ
▼

ブレンダ:
ありがとう・・・
▼

ブレンダ:
・・・データのハッキングが
完了したわ
▼

アルベルト:
よし 脱出だ
▼

だいぶ 危険な状態に
なっている
▼

ブレンダ
おれのヴァンツァーに乗れ
▼

ブレンダ:
えっ
▼

でも そのヴァンツァー
一人乗りでしょう?
▼

アルベルト:
おまえ1人乗っていた所で
操縦くらいはできる
▼

さあ 早く!
▼

#Escape

ブレンダ:
ええ
分かったわ
▼

<ヴァンツァーがない場合>

ブレンダ:
私は先に行くわ
▼

足手まといには
なりたくないし
▼

アルベルト:
分かった
気をつけろよ
▼

アルベルト:
ジェノス!
▼

もうここは危険だ!
あきらめろ!
▼

ジェノス:
きさまなどに 指図される
いわれはない
▼

きさまこそ さっさと
立ち去るのが身のためだ
▼

ブレンダ:
もう 時間がないわ
早く脱出しましょう!
▼

アルベルト:
ジェノス・・・
▼
(このときのジェノスの弾は攻撃力0)

<基地入り口>

ブレンダ:
なんなの?
▼

ものすごいスピードで
近づいてくるものが
あるわ!
▼

<ヴァンツァーがない場合ブレンダのセリフなし>

アルベルト:
なにっ!
▼

ジェノス:
こんな所で
やられる私ではない!
▼

ジェノス:
いずれ ソサエティの
本部で会うことになろう
▼

さらばだ!
▼

アルベルト:
くそっ
▼

おれでは
やつを止めることは
できないのか!
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
危ない所だったわね
▼

アルベルト:
まったくだ
▼

ブレンダ・・・
もう あんなことは
二度としないでくれ
▼

ブレンダ:
あら?
▼

じゃあ アルベルトも二度と
ムチャなことはしないって
約束してくれる?
▼

アルベルト:
それは・・・
▼

ブレンダ:
でしょう?
▼

だから私も必要な時には
ムチャさせてもらうわ
▼

アルベルト:
ブレンダ・・・
▼

ブレンダ:
そうだ! さっそく
データを 解析しなくちゃ!
▼

アニタ:
私も手伝います
▼

サカタ:
それにしても・・・
▼

ブレンダも
アルベルトなみに
やってくるれるのう
▼

見ているこっちが
ハラハラするわい
▼

ルヴェン:
あんたも そう思うか?
▼

どうも この艦に乗ると
そういう性格が
伝染しちまうらしいな
▼

気を付けた方がいい
▼

アクセル:
おそかったね
▼

おいらには もう
うつっちまったみてえだよ
▼

アニタ:
みんな・・・
聞いてください!
▼

解析ができたようです!
▼

アルベルト:
本部がどこにあるのか
わかったのか?
▼

ブレンダ:
ええ・・・
▼

ガーディアンが
世界各地をさがしても
見つからなかったはずだわ
▼

エミル:
どういうことですか?
▼

ブレンダ:
ソサエティの本部は
▼

無着陸で世界を航行する
超大型の戦略爆撃機
▼

 “センチネル”だったのよ!
▼

アルベルト:
センチネル・・・!
▼

アニタ:
完全なステルス装備が
ほどこされていて
▼

通常の電子探査では
見つからないように
なっていたんです
▼

ルヴェン:
そいつは 今どこに
いるんだ?
▼

ブレンダ:
正確な位置までは
ここではわからないわ
▼

今 ガーディアン本部に
データを送ったところよ
▼

アニタ:
ガーディアンの司令部で
衛星写真から飛行航路を
▼

わり出せるはずです
▼

ーワールドマップー

#Gardian

ガーディアン総司令:
こちら ガーディアン本部
▼

アルベルト:
センチネルの所在が
わかったのか?
▼

ガーディアン総司令:
うむ・・・
▼

アクセル:
よし!さっそく
総攻撃だ!
▼

ガーディアン総司令:
ところが・・・
▼

やつの航路をトレースし
計算した結果 大変な事が
わかった
▼

アクセル:
え・・・なんだ?
▼

ガーディアン総司令:
センチネルの
巡航速度と高度は・・・
▼

われわれの戦艦のそれを
はるかに上回っているのだ
▼

アルベルト:
なんだって!
▼

ブレンダ:
と いうことは
▼

私たちの戦艦では
センチネルに
追いつくことができない・・・
▼

ガーディアン総司令:
ざんねんだが・・・
そのとおりだ
▼

ルヴェン:
そうか・・・
考えてみれば 当然だな
▼

キャリアーなんて
浮いて 移動するのが
やっとだからな
▼

それにくらべ センチネルは
まがりなりにも
巨大な爆撃機なわけだからな
▼

パワーもスピードも
ケタ違いってわけだ・・・
▼

エミル:
じ じゃあ せっかく
本拠地がわかったのに
▼

指をくわえているしか
ないと・・・?
▼

アルベルト:
なんてことだ
・・・・・・・・・
▼

ガーディアン総司令:
一つだけ方法がある・・・
しかし・・・
▼

アルベルト:
方法!?
それは いったい・・・?
▼

ガーディアン総司令:
うむ・・・
▼

マチュピチュにあった
ソサエティの兵器工場は
▼

今 ガーディアンが
制圧しているのだが
▼

そこで ソサエティの
技術を応用した新しい戦艦が
開発されている
▼

それを使えば・・・
おそらく・・・
▼

アルベルト:
よし!その戦艦を使おう
▼

では マチュピチュに・・・
▼

ガーディアン総司令:
しかし・・・
▼

戦艦は 実験的に
1艦だけ 造られている
にすぎない
▼

アニタ:
単独で攻撃をしかけなければ
ならないと・・・
▼

ガーディアン総司令:
その通りだ
▼

だが それはあまりにも
無謀すぎる・・・
▼

もうしばらく時間をかければ
戦艦も量産できるだろう
▼

ここは 戦艦の完成と
ガーディアン部隊の回復を
待って・・・
▼

アルベルト:
いや・・・
▼

おれたちだけでも
先に行こう
▼

ガーディアン総司令:
なんだって!
君たちだけで だと!?
▼

アルベルト:
ああ
▼

ソサエティをたたくには
▼

やつらの反撃体勢が
ととのっていない
今がチャンスだ!
▼

ガーディアン総司令:
しかし・・・危険だぞ
▼

アルベルト:
このチャンスをのがしたら
▼

ソサエティはおそらく
次の手をうってくる
▼

今のガーディアンで
それを 防ぎきれるか?
▼

ガーディアン総司令:
・・・・・・
▼

確かに 君の言うとおりだ
▼

やむを得まい・・・
君たちに新造戦艦をたくそう
▼

マチュピチュにきたまえ
▼

ブレンダ:
工場は マチュピチュの
マディオス地方だったわね
▼

じゃ さっそくそこへ
向かいましょう
▼

−マディオス−

アニタ:
ここはかつて ソサエティの
工場があった場所でしたね
▼

サカタ:
それも 今や
ガーディアンのものか
▼

ブレンダ:
着陸ビーコンが見えるわ
降りましょう
▼

ームービングフェイズー

#Gardian

<基地の前>

兵士:
アルベルトさん ですね
▼

アルベルト:
ああ
▼

新造キャリアーを
受け取りにきた
▼

兵士:
こちらへどうぞ
▼

ブレンダ:
あなたは
ガーディアンの総司令!
▼

ガーディアン総司令:
アルベルト君だね
▼

直接顔を合わせるのは
はじめてだったな
▼

アルベルト:
こんな所に 総司令本人が
わざわざ出向くとは・・・
▼

ずいぶん おれたちは
信用されているんだな
▼

ガーディアン総司令;
もちろんだ
▼

たった1艦で センチネルに
立ち向かわねばならない
今の状況を考えると
▼

最も戦果をあげている君たちを
信頼せざるを得ないだろう
▼

私は ガーディアンを代表して
君たちを見送りにきた
▼

われわれが成し得なかった事を
君たちに たくすためにな
▼

アルベルト:
重い荷物をしょってしまった
というわけだな
▼

ところで 戦艦は
完成したのか?
▼

ガーディアン総司令:
うむ これから試験飛行を
かねて ドックを出る所だ
▼

兵士:
準備ができました
▼

ガーディアン総司令:
よし 浮上させろ!
▼

ブレンダ:
すごいわ・・・
▼

アルベルト:
これが 新造戦艦・・・
▼

ガーディアン総司令:
これが われわれ
ガーディアンの
▼

最後の力の結集だ
▼

これならば 速度・高度ともに
センチネルを捕らえる事が
できる
▼

ただし その後の事は君たちに
かかっているのだがな
▼

アルベルト:
わかっている
▼

必ずや センチネルを落とし
ソサエティの息の根を
止めてみせる
▼

ガーディアン総司令:
頼んだぞ・・・
アルベルト君
▼


←Scene8 マチュピチュ →Scene10 センチネル

MM1風ボタン