ガンハザードセリフ集
Scene7 シビルスカ


←Scene6 ザンボラ →Scene8 マチュピチュ

難易度ヌルめのザンボラとはうってかわって、激ムズのシナリオが続くシビルスカです。
全ステージ中一番難しいんじゃないでしょうか。最初からボス戦だし、ステージボスはもっとも危険だし。
ここでの必見セリフはやはり「光の速さで〜」でしょう。
ところで、レジネフ大統領は依頼人の中で最も出たがりです。基地に侵入するまではほぼ毎回。
ブレンダ:
こっちにくる前に
少し調べたんだけど
▼

ここのテログループは
“赤ザメ”ってよばれて
いるらしいわ
▼

ルヴェン:
赤ザメか!
▼

そういえば そんな名前の
▼

高度な兵器を持った
テログループのウワサを
聞いた事があったな
▼

アルベルト:
リチャードは言っていた
▼

もしかすると この件にも
裏があるかもしれないと
▼

エミル:
ということは
▼

こいつらを ウラであやつる
組織がいるかもしれないと
言うんですね・・・
▼

ブレンダ:
とにかく 調べてみるしか
ないわね
▼

じゃあ まず海底油田に
向かうわ
▼

そこで 指示があるはずよ
▼

ーシビルスカ油田ー

レジネフ:
よくきてくれた
▼

私がロシア大統領
レジネフである
▼

ブレンダ:
私は ブレンダ
▼

こっちはアルベルトです
▼

かなりの腕利きなのよ
よろしく
▼

ところで仕事の方は?
▼

レジネフ:
われわれの国は今や
テロリストの巣だ
▼

彼らは“赤ザメ”を名乗って
各地をあらしまわっている
▼

これをなんとかせねば
わが国の経済が立ちゆかない
ほどなのだ
▼

アルベルト:
どうも そうらしいな
▼

もっとも 最近はどこの国でも
同じようなものだが
▼

レジネフ:
君たちにはやつらの
テロ活動を 阻止してもらう
▼

ブレンダ:
わかったわ
▼

レジネフ:
まずは君たちのいる場所
シビルスカ海底油田基地だ
▼

この施設に取りついた
テロリストたちを 排除
してもらいたい
▼

ここには まだ何人かの
作業員がとり残され
人質になっている
▼

注意して 作戦にあたって
くれたまえ
▼

アルベルト:
了解
▼

ームービングフェイズー

レジネフ:
最も重要なのは
人質を解放することだ
▼

しかる後 テロリストを
排除してくれ
▼

アルベルト:
しかし・・・
▼

テロリストを排除するには
プラントの中で 武器を
使わねばならない
▼

ヘタをするとプラントに
被害が出るかも
しれないが
▼

レジネフ:
この油田プラントを
悪用されるくらいなら
▼

多少施設を破壊しても
かまわん
▼

アルベルト:
そうか・・・
▼

わかった
やってみよう
▼

ジェノス:
テロリストを
逃がすな!
▼

ビショップ:
ウヒャヒャ
みな殺しだァ!
▼

<アクセルがいる場合>

アクセル:
あっ!
お前たちはっ!!
▼

#Message of Genoce

アルベルト:
ジェノス!
▼

お前もこの戦場に
きていたのか!?
▼

ジェノス:
ふふふ・・・
そう いきり立つな
▼

今回は 味方同士のようだ
▼

アルベルト:
では お前も
ロシア軍の傭兵なのか
▼

ジェノス:
そういうことだ
安心しろ
▼

アクセル:
安心なんかできるかっ!
▼

ビショップッ!!
よくも おいらの村を
焼きやがったなっ!
▼

ビショップ:
ケッ!まどろっこしいぜ!
▼

ドサクサにまぎれて
殺っちまおうか?
▼

アルベルト:
なんだと!
▼

ジェノス:
あわてるな ビショップ
▼

任務を先に果たすのだ!
▼

ビショップ:
わ わかりやした
▼

#Waring One

ビショップ:
じゃ 代わりにテロリストを
みな殺しにしてやるぜ!
▼

アクセル:
・・・・・・
▼

アルベルトさん!
おいらは こいつらとは
いっしょにやりたくねえよ
▼

悪いけど 先に帰るからね
▼

アルベルト:
アクセル・・・
▼

<アクセルがいない場合はアクセルのセリフなし 他は同じ>

作業員:
おお!
助けにきてくれたのか!
▼

作業員:
はやくテロリストを止めてくれ
原油が流出してしまう!!
▼

作業員:
ああ
もうだめかとおもったぜ!
▼

仲間のかたきをとってくれ
▼

兵士:
ありがたい!
だが 気をつけてくれ!
▼

やつらは 水中用の新型
ヴァンツァーを使っているぞ
▼

こちらの防衛部隊は 簡単に
やられてしまった
▼

作業員:
ああ・・・
石油プラントが崩壊していく
▼

われわれに残された石油は
残り少ないというのに
▼

アルベルト:
ビショップ!
▼

破壊が 許されている
とはいえ やりすぎだぞっ!
▼

ビショップ:
うるせ〜っ!
オレは お前の部下に
▼

なったおぼえはねーぜ!
▼

ひっこんでやがれ!!
▼

アルベルト:
なんだと きさま!
▼

ビショップ:
てめえ やるってのか!?
▼

ジェノス:
やめろ ビショップ!
▼

戦場では生き残ること
だけを考えるものだ
▼

ムダなエネルギーを
使うな!
▼

ビショップ:
・・・・・・了解
▼

ちっ きさま
命拾いしたな!
▼

(ビショップ)
もっと
ハデにできねーのか?
▼

アルベルト:
プラントを無駄に
破壊するわけにはいかん
▼

ビショップ:
しんきくせーやつだぜ!
▼

ビショップ:
おらおら!
▼

もたもたしてると
おれの弾に当たっちまうぜ
▼

アルベルト:
ぐっ!
▼

ビショップ:
どうした?
ブルっちまったか?
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

<プラント深部到達>

シヴァルツ:
ふがいない 部下どもだ!
▼

こんなやつごときに
手を焼くとはな
▼

アルベルト:
なにっ!
▼

シヴァルツ:
こうるさい傭兵どもめ!
▼

こんな油田なんぞは
どうなっても いいが
▼

てめえらみたいな連中に
やられたと あっては
だまっちゃいられねぇな!
▼

アルベルト:
お前が“赤ザメ”の
ボスなのか?
▼

シヴァルツ:
がははははは
・・・そういうことだ!
▼

てめえも運がねえな!
▼

このシヴァルツ様と
戦場で出会っちまったん
だからなあっ!
▼

<メタルジェイピンチ>

シヴァルツ:
くそっ!こんな機体では
思うように戦えん!
▼

ここはまかせたぞ!
▼

兵士:
わかりました
▼

私が プラントの作業機械を
使って 食い止めます
▼

シヴァルツ様はお逃げください
▼

兵士:
シヴァルツ様を逃がすためだ
▼

こうなったらプラントを爆破
してでも お前を倒してやる!
▼

アルベルト:
なんだと!
▼

そんなことをすれば
海が汚染されるぞ!
▼

#Warning Two

兵士:
知ったことか!

<プラント作業機撃破>

兵士:
うわあっ シヴァルツ様・・・
失敗しました!
▼

あれの完成を急いで・・・
▼

ぐわっ!
▼

ーフィールドマップー

レジネフ:
アルベルト君
無事かね?
▼

アルベルト:
ああ・・・
▼

石油プラントに 被害は出たが
油の流出だけは
なんとか食い止めたようだ
▼

レジネフ:
うむ ごくろうだった
▼

直ちに補修部隊を
向かわせよう
▼

すまんが 君たちは次の場所に
向かってくれたまえ
▼

ブレンダ:
どこへ行ったらいいの?
▼

レジネフ:
今 敵の攻撃を受けているのは
▼

モルフスクの街と
レビ川鉄橋だ
▼

到着したら また連絡する
▼

ーリョホフ海岸ー

基本メッセージ

ーモルフスク市街ー

レジネフ:
“赤ザメ”を追っていた
わが軍のスパイが
▼

ここモルフスクで消息を
絶ったのだ
▼

ルヴェン:
敵に消されちまうとは
マヌケなスパイどもだぜ
▼

ブレンダ:
あんた 人のことが
言えるの?
▼

敵につかまってたくせに
▼

ルヴェン:
う・・・ごほっ
▼

とにかく ここには
“赤ザメ”の悪だくみが
かくされている
▼

そうだよな?
▼

レジネフ:
その通りだ
▼

“赤ザメ”の連中は
ここに ひんぱんに
出入りしているが
▼

もしかしたら やつらの
アジトがあるのかもしれん
▼

アルベルト:
だとすれば
話は早いんだが・・・
▼

レジネフ:
そうではないと?
▼

アルベルト:
おそらく・・・
▼

レジネフ:
そうか・・・
まあいい
▼

とにかく さぐりを
いれてくれたまえ
▼

ームービングフェイズー

#Invasion

アルベルト:
地下にトンネルが!
▼

そうか・・・
▼

やつらは
地下にひそんでいた
というわけか!
▼

あんがい
レジネフ大統領の説が
正しかったのかもしれない
▼

よし たしかめてやる!
▼

<地下の爆薬タンク>

アルベルト:
このコンテナは
爆薬のケースだ!
▼

こんなに大量の爆薬を・・・
▼

やつらは街をふっとばす
つもりなのか・・・?
▼

ブレンダ 聞こえるか?
▼

ブレンダ:
はい
どうしたの?
▼

アルベルト:
地下は爆薬の巣だ
▼

大統領に言って
街の人たちを 避難
させてくれ
▼

万一のこともある
▼

ブレンダ:
わ わかったわ!
あなたもすぐもどるのね?
▼

ある
いや おれはもう少し
さぐってみる
▼

ブレンダ:
危険よ!やめて!!
▼

アルベルト:
心配するな
必ずもどるよ
▼

ブレンダ:
もうっ!
また ムチャする気なの!
▼

<スキュラ出現>

#Warning One

兵士:
きさまか!われわれの計画を
ジャマする傭兵というのは!
▼

アルベルト:
街の地下に 大量の爆薬を
しかけるなんて・・・
▼

きさまら 何が目的だ!
▼

兵士:
ふっふっふ・・・
破壊とカオスを生み出すことだ
▼

アルベルト:
なにっ!?
なにを 言って・・・
▼

兵士:
われわれの計画の
すばらしさ・・・
▼

きさまなどには わかるまい
くたばれっ!
▼

<スキュラピンチ>

#Trap

兵士:
うぐ・・・
▼

おれの機体を破壊すると
どうなるか教えてやる
▼

ここに仕かけられた爆薬が
すべて爆発するように
なっているのだ・・・
▼

くくく・・・
さあ 撃つがいい・・・
▼

アルベルト:
なんだと!
・・・くそっ
▼

ルーク:
アルベルト! だから
お前は甘いというのだ
▼

早くとどめをさせっ!
▼

アルベルト:
ま まてっ!
▼

兵士:
ぐわああっ!
▼

アルベルト:
なんてことを!
▼

やつを破壊すると
爆弾のスイッチが入るんだ!
▼

ルーク:
な なんと・・・
▼

#危機

ルーク:
そうであったか・・・すまぬ
くそっ!脱出せねば!!
▼

<ルーク引っかかりポイント>

アルベルト:
ルーク!?どうした?
▼

ルーク:
ぐっ・・・
私としたことが・・・
▼

ヴァンツァーがガレキに
はさまれたようだ
▼

ちくしょう・・・動けん
▼

アルベルト:
よし!
今助ける!
▼

ガレキを破壊するから
破片から身を守れ!
▼

ルーク:
アルベルト!?
▼

ルーク:
なぜ 私を助けた?
▼

アルベルト:
問答しているひまはない
▼

早くここから離れるんだ!
▼

<帰還ポイント>

アルベルト:
ふう・・・危ない所だった
ルーク 無事か?
▼

ルーク:
私は大丈夫だ
▼

しかし・・・お前 なぜ
こんな危険をおかしてまで
私を助けた?
▼

何度も きさまを殺そうとした
この私を・・・
▼

アルベルト:
さあな・・・おれにもわからん
▼

ジェノスが 言ったとおり
おれは 傭兵としては
甘すぎるんだろうな
▼

ルーク:
・・・・・・
▼

お前に かりができたが
・・・・・・
▼

だからとて この先
ようしゃはせんぞ
▼

私はジェノス様の部下だ
彼が お前を殺せと言えば
そうするだろう
▼

アルベルト:
その時は おれも全力で戦うさ
それは しかたないだろう
▼

ルーク:
アルベルト・・・
▼

お前は むかしのジェノス様に
にている・・・
▼

アルベルト:
なんだと?
▼

ルーク:
いや なんでもない
さらばだ!
▼

ーフィールドマップー

アルベルト:
大統領・・・すまない
▼

おれがいながら 街を
まきこむような事に
なってしまった
▼

レジネフ:
いや 君のせいではない
▼

第一 君のおかげで
多くの市民が 救われたのだ
感謝しているよ
▼

ブレンダ:
あっ・・・通信だわ
アルベルト あなたあてよ
▼

アルベルト:
だれだ?
▼

ブレンダ:
ええと・・・
▼

ジ ジェノスからよ!
▼

ジェノス:
アルベルト・・・
おれの部下を・・・
▼

ルークを 助けたそうだな
▼

アルベルト:
ああ・・・
▼

ジェノス:
相変わらずお前は甘い
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

ジェノス:
戦場で その甘さは
命取りになるぞ
▼

アルベルト:
おれは お前とは違う
▼

助けを求めている者を
見殺しにすることはできない
▼

ジェノス:
フッ・・・
まあ 今日の所は
▼

感謝する とだけ
言っておこう
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

ブレンダ:
な なんなのよ!
あいつは〜!
▼

素直に 礼だけ言えば
いいのに
▼

ルヴェン:
ハハッ
▼

やつは 強がって
いるのさ
▼

<撤退>
アルベルト:
いよいよやつらの秘密に
せまれそうだな
▼

ーレビ湾大橋ー

ブレンダ:
鉄橋に着いたわ
大統領 指示を下さい
▼

レジネフ:
食料を運んでいるトラックが
敵に襲われているという
▼

情報が入ったのだ
▼

あれがとどかないと
おおぜいの人々が
苦しむ事になるだろう
▼

エミル:
ひどいことをしますね・・・
許せない!
▼

レジネフ:
アルベルト君!
トラック隊を守ってくれ
▼

アルベルト:
急いだ方が
いいようだな
▼

ームービングフェイズー

#敵襲

ブレンダ:
トラックがやられないように
テロリストたちから守って!
▼

アルベルト:
了解!
▼

<トラック全滅>
(撤退)
ーフィールドマップー

ブレンダ:
物資を奪われないように
注意して
▼

<ボス出現>

#危機

兵士:
きさま・・・なかなかやるな
▼

アルベルト:
なぜ食料をねらう!?
▼

お前たちの目的はなんだ?
▼

兵士:
食料など問題ではない!
▼

この鉄橋を
確保するのが
われわれの任務だ!
▼

アルベルト:
お前達の仲間が
上陸でもするというのか?
▼

兵士:
そんなくだらん
ことではない
▼

われわれの新兵器が
完成すれば
▼

この鉄橋は
そのテストターゲットと
なるのだ!
▼

アルベルト:
新兵器だと!?
▼

兵士:
テストデータを
正確なものとするために
▼

きさまらのような ゴミは
とりのぞかねばならん!
▼

それが フェルダー司令から
受けた命令だ!
▼

アルベルト:
なにっ!
フェルダー!?
▼

フェルダーがここに
きているというのか?
▼

兵士:
フッ・・・よけいなことまで
話してしまったな
▼

ええい!
ここで 死ぬがいいっ!!
▼

<ボス撃破>

アルベルト:
これで 敵ヴァンツァーは
全滅したようだな
▼

それにしても やつらの
新兵器とは いったい・・・
▼

ブレンダ:
通信よ
▼

レジネフ:
君たちのおかげで 物資は
無事 目的に到着した
▼

これで 多くの人が
救われたのだ
▼

ありがとう
▼

アルベルト:
いや まだ“赤ザメ”が
全滅したわけじゃない
▼

ルヴェン:
やつら 新兵器をつくっている
とか言っていたようだな
▼

もしかして おれの国での
粒子砲のような兵器が
▼

ここでも つくられて
いるんじゃないのか?
▼

アルベルト:
ああ
▼

それに フェルダー
あのソサエティの女司令官も
この件に からんでいるようだ
▼

クラーク:
急いだ方が
いいみたいですな
▼

ーシヴァルツ艦隊ー
ブレンダ:
アルベルト!
大変よ!
▼

SOS通信が入ったわ!
▼

アルベルト:
どこからだ?
▼

ブレンダ:
カラ海を航行中の
ロシアのタンカーからよ
▼

“赤ザメ”に襲われている
らしいの
▼

アルベルト:
すぐに向かうぞ!
▼

ブレンダ:
でも相手は海の上よ!
▼

アルベルト:
これも仕事のうちさ
▼

敵の艦隊の中心で
おろしてくれ!
▼

ブレンダ:
わかったわ
▼

あと1分でヴァンツァーを
射出するわよ!
▼

クラーク:
タンカーを襲っている艦が
見えますね
▼

ずいぶん大きなのも
あるようですが・・・
▼

アルベルト:
それどころじゃない!
あれは・・・艦隊だ!
▼

あんな艦隊を
持っているとは・・・
▼

やつら本当に
テロリストなのか!?
▼

ームービングフェイズー

#鉄の足音

エミル:
この艦隊・・・
▼

ぼくの国の海軍と同じ
タイプの艦だ!
▼

アルベルトさん!
敵艦のイオンノズルを破壊して
ください!
▼

アルベルト:
イオンノズル?
▼

エミル:
ええ
▼

艦から張り出している
グリーンの装置です!
▼

アルベルト:
それを破壊すれば
敵艦を しずめられるのか?
▼

エミル:
いいえ
▼

でも 一時的に動きを止める
ことぐらいは できます!
▼

アルベルト:
わかった!
やってみよう!
▼

エミル:
ノズルは艦の底に
ついてるのものありますから
▼

気をつけてください!
▼

<フレンドヴァンツァーがいると、セリフを発して帰る>

クラーク:
やはり この戦場では
わたしの機体は生かせません
▼

エミル:
やはり この戦場では
ぼくの機体は生かせません
▼

ルヴェン:
やはり この戦場は
おれの機体に向いてねえ
▼

アクセル:
やはり この戦場じゃあ
おいらの機体はもったいねえな
▼

アルベルト:
そうだな・・・
撤退してくれ
▼

<ノズル1基破壊>

アルベルト:
1基破壊したぞ
これで いいんだな?
▼

エミル:
ええ その調子です!
▼

ノズルを2つ以上
装備している艦もありますから
見落とさないでください!
▼

<ノズル6基破壊>

ブレンダ:
敵艦の動きが
不安定になってきたわ!
▼

エミル:
ええ
▼

ノズルを 破壊されると
艦のバランスが とりづらく
なるんです
▼

<ノズル12基破壊>

アルベルト:
まだ やらなくちゃ
ならないのか!?
▼

ブレンダ:
もう少しよ!
▼

もう少しで 敵艦隊は
完全に混乱させられるわ!
▼

<ノズル17基破壊>

エミル:
アルベルトさん!
▼

あと もう一息です!
▼

アルベルト:
わかった!
▼

<ノズル18基破壊>

ブレンダ:
艦隊は 機能を失ったわ!
もう 大丈夫よ
▼

アルベルト:
では 帰還する!
▼

しかし
なぜ テロリストごときが
こんな大艦隊を・・・
▼

ーフィールドマップー

ルヴェン:
やっぱり“赤ザメ”は
▼

ただのテロ組織じゃあ
なかったってわけだ
▼

ブレンダ:
ソサエティと
関係があるのかしら?
▼

アルベルト:
間違いない
▼

ブレンダ:
と なると・・・
▼

アクセル:
そんなもの “赤ザメ”の
ボスを 捕まえりゃ
▼

すぐにわかるぜ!
▼

クラーク:
それができるなら
苦労はありませんな
▼

<アクセルがいない場合 と なると・・・に継続 クラークの台詞なし>
テログループの
ボスを捕まえるのが
一番 手っ取り早いわね
▼

ーカラ海ー

基本メッセージ

<フレンドヴァンツァーがいると、セリフを発して帰る セリフ同じ>

<アルビオン・改出現>

#Warning One

兵士:
よくも ここまで
たどりついたな
▼

しかし 水中でシールドの
使えない きさまの
ヴァンツァーなど
▼

この アルビオン・改の
敵ではない!
▼

兵士:
ま・・・まさかぁぁっ!
▼

ーベアチェフ海岸ー

レジネフ:
さて 次の任務だが・・・
▼

テロリストたちは
カラ海のほうから上陸している
らしいことが わかった
▼

やつらの上陸場所を
発見してほしいのだ
▼

アルベルト:
ところで 大統領
▼

ジェノスという傭兵を
やとっているのか?
▼

レジネフ:
ジェノス・・・
ああ やとっている
▼

それが何か?
▼

アクセル:
あいつらは 悪人だ!
▼

こんなやつらを使っちゃ
いけねえよ!
▼

特に ビショップって
やつは ひでえ傭兵だよ!
▼

なあ アルベルトさん!
▼

<アクセルがいない場合>
ブレンダ:
そいつらが
▼

いつも
よけいなことばっかり
してるのよ!
▼

レジネフ:
そうか・・・しかし
▼

彼らもテロリスト排除に
重要な役割を果たして
いるからな
▼

アルベルト:
それよりも 気になるのは
▼

なぜやつらが ここでは
政府軍についているかだ
▼

ジェノスは ソサエティという
組織の一員になるのを
望んでるんじゃないのか?
▼

ブレンダ:
そうね・・・
▼

もし ソサエティに
入りたいのなら・・・
▼

今回は “赤ザメ”側に
付くはずよね
▼

それとも “赤ザメ”は
ソサエティと関係ないの
かしら
▼

アルベルト:
わからん・・・やつは
何を目的としているんだ?
▼

ブレンダ:
まあ ここで考えてても
しょうがないわ
▼

行きましょう
▼

ームービングフェイズー

#鉄の足音

ブレンダ:
敵の揚陸艇らしき
反応をキャッチしたわ!
▼

アルベルト:
揚陸艇を破壊すれば
▼

やつらは逃げられなくなって
アジトの場所を教えるかも
しれない・・・
▼

よし!やってみるか!
▼

<ビショップ出現>

アルベルト:
ビショップ!
▼

ビショップ:
チッ
▼

いやなヤツに
であっちまったぜ
▼

いいか!
オレサマのじゃまを
するんじゃねぇぜ!
▼

<砲撃ポイント>

#Warning One

ブレンダ:
岬の駆逐艦が砲撃を始めたわ!
▼

<揚陸艇破壊>

#出会い

兵士:
ま まって!
撃たないでくれ!!
▼

降伏する!
▼

アルベルト:
なら ヴァンツァーから降りろ
▼

兵士:
艦の爆発で電気系統が
イカレちまった!
▼

ハッチがひらかねぇんだよぉ
▼

た 助けてくれ・・・
なんでも言うことを聞く・・・
▼

アルベルト:
よし では
▼

お前達のアジトの
場所を教えてもらおう
▼

兵士:
わ わかった
おれたちは・・・
▼

アルベルト:
なにっ!
ビショップ!?
▼

ビショップ:
これで40機目だぜ
▼

ヒャヒャヒャ・・・
10万ドルだ!
▼

アルベルト:
きさまっ!なんてことを!
▼

ビショップ:
へっへっへっ・・・
▼

エモノを横取りされて
おこってんのか?
▼

横取りされるてめえが
のろまなんだよ!
▼

アルベルト:
今 アジトのある場所を
聞き出していたんだぞ!
▼

それに 殺す必要は
なかった!
▼

ビショップ:
ウルセエ!
▼

いちいちオレのやる事に
口出しするんじゃねえ!
▼

ジェノス様がいなきゃ
今すぐブッ殺してる所だ
▼

ケッ あばよ!
▼

アルベルト:
くそっ!もう少しで
聞き出せたところを・・・
▼

<アクセルがいる場合>

アクセル:
ビショップのやつめ!
おいら 悔しいよ・・・
▼

ーフィールドマップー

レジネフ:
ごくろうだった
▼

アルベルト:
しかし・・・
▼

やつらのアジトを聞き出すのに
失敗してしまった
▼

レジネフ:
いや 大丈夫だ
▼

レジネフ:
実は先ほど 君たちの
戦闘中に
▼

逃走する敵駆逐艦を
トレースした結果
▼

テロリストの基地らしい
場所が特定できたのだ
▼

ブレンダ:
本当に!?
▼

レジネフ:
敵の本拠地は ポイントD−9
北極海の氷上だ
▼

アルベルト:
そんなところに・・・!
▼

レジネフ:
18−00時までに
この場所にきてくれたまえ
▼

総攻撃をかける
▼

アルベルト:
わかった・・・!
▼

ー氷壁202ー

レジネフ:
全員 集合したようだな
▼

では これより
“赤ザメ”の本拠地攻撃を
行ってもらう
▼

アルベルト:
連中の戦力は あなどれない
簡単にはいかないだろう・・・
▼

レジネフ:
そうだ
だから今回は
▼

ロシア陸海空軍の主力が
共同して作戦の実行に
あたる
▼

安心してくれたまえ
▼

ブレンダ:
それは心強いわ
▼

レジネフ:
だが この作戦の勝利のカギは
君たちがにぎっている
▼

それを忘れないで欲しい
▼

アルベルト:
わかっている
▼

レジネフ:
すまない・・・
▼

本当なら 君たちの任務は
わが軍が 引き受けなければ
ならないはずなのだが・・・
▼

アルベルト:
祖国のために戦う兵士は
死ぬべきではない
▼

死に向かうのは
おれたちのような 傭兵だけで
十分だ
▼

レジネフ:
・・・・・・
▼

アルベルト:
さあ いくぞ
ブレンダ
▼

ブレンダ:
え? ええ・・・
▼

ームービングフェイズー

#202

レジネフ:
アルベルト君
よく聞いてくれ
▼

その無人揚陸艦には
爆薬が満載されている
▼

アルベルト:
これを 敵基地の砲台に
ぶつければいいんだな?
▼

ブレンダ:
ちょっと! 私はそんなこと
聞いてないわよ!
▼

アルベルト:
やめろ ブレンダ
▼

ブレンダ:
だって・・・
▼

レジネフ:
君たちのために
おとりの キャリアー隊が
▼

別ルートで
攻撃をしかけるのだ
▼

ブレンダ:
・・・
▼

レジネフ:
いいわけはしない
▼

しかし 私はどうしても
成功させなければならない
▼

アルベルト:
わかっている
そのために おれたちが
ここにいるんだ
▼

<しばらくすると>

ブレンダ:
上空の味方艦隊で
なにか 動きがあるみたい

通信が聞こえるわ!!

アルベルト:
こっちに転送してくれ!

ブレンダ:
了解

兵士:
レーザーが発射されました!

士官:
あわてるな!

対レーザーシールド
フルパワー全開!!

兵士:
ああっ!ダメですっ!

兵士:
うわぁーーーっ!

ブレンダ:
た たいへんよ!
キャリアーが・・・
▼

キャリアー艦隊が・・・
全滅しちゃった・・・
▼

アルベルト:
あの艦隊を全滅だって!?
▼

一体どんな兵器を使ったんだ!
▼

ブレンダ:
レーザーシールドが
全くきかないなんて・・・
▼

あんなビーム 見たこと
ないわ・・・
▼

アルベルト:
しかたない
▼

おれたちだけでも
先に進もう
▼

せめてあのビームの
正体だけでも
つかんでやる!
▼

<砲台付近>

#危機

アルベルト:
揚陸艇がもう少しで
接岸する!
▼

敵砲座の目の前だ
▼

ブレンダ:
やったわね
▼

揚陸艇の爆薬で
その砲座を吹き飛ばせば
▼

カルボナーラの移動も安全に
なるわね
▼

アルベルト:
爆発しない!
▼

くそっ!
自動発火装置がイカレたんだ!
▼

ブレンダ:
砲台にやられる前に
そこから離れて!!
▼

アルベルト:
だめだ!
ここで逃げたら作戦は失敗する
▼

こうなったら手動で
爆発させるしかない
▼

ブレンダ:
だめよ!
できっこないわ!

アルベルト:
それしかないんだ!
手動爆破の方法は!?
▼

ブレンダ:
・・・・・・
▼

アルベルト:
ブレンダ!!
▼

ブレンダ:
艦の3つのハッチを開けて
中のコアを撃つのよ!!
▼

アルベルト:
わかった!
やってみる!
▼

ブレンダ:
ハッチは3個!!
爆発に巻き込まれないでね!
▼

<砲台破壊>

アルベルト:
砲台を破壊した!
▼

ーフィールドマップー

アルベルト:
この敵基地に上陸するには
あまりにも被害が大きすぎた
▼

しかもまだ 敵基地への
入り口にたどり着いたに
すぎないのに・・・
▼

アクセル:
このまま 反撃食らったら
おいらたちゃ全滅だぞ
▼

どうすりゃ いいんだ!
▼

<アクセルがいない場合>
ブレンダ:
このまま反撃を食らったら
全滅よ!
▼

どうすればいいのかしら・・・
▼

アルベルト:
よし
▼

敵基地の出口をふさいでから
内部に攻め込もう
▼

ブレンダ:
なるほど!
▼

敵のルートをたたいておけば
反撃も弱まるってわけね
▼

アルベルト:
すぐに
出口の位置をさぐってくれ
▼

ブレンダ:
OK!
▼

ー旧シビルスカ要塞ー
ブレンダ:
調査の結果からすると
▼

地上への出入口は
ここだけらしいわ
▼

クラーク:
ここをふさげば
▼

やつらは海底に逃げるしか
なくなる・・・
▼

ということですな
▼

アルベルト:
おれの装備で破壊できるか
わからんが・・・
▼

とにかく 行ってみよう
▼

ームービングフェイズー

#Invasion

アルベルト:
地上出口に向かうが・・・
▼

かなり大きいな
大型キャリアーが何機も
同時に収容できそうだ・・・
▼

<ルヴェンがいない場合>

アルベルト:
だめだ・・・
もどるぞ

ブレンダ:
どうしたの?

アルベルト:
この出口は大きすぎる

ここを 使用不能になるまで
破壊するには
強力な爆弾が必要だ

ブレンダ:
わかったわ

<ルヴェンがいる場合>

ルヴェン:
なるほど
これは おれの出番だな
▼

アルベルト:
このトンネルを完全に
破壊できるように
▼

爆弾を しかけてくれ
援護はおれがする
▼

ルヴェン:
まかせておけ!
ハッパは おれの得意技だ
▼

ここは一発 ハデにおみまい
してやるぜ!
▼

<爆薬2個設置後>

兵士:
トンネル内に
敵侵入のもよう!
▼

防衛体制をしけ!
▼

アルベルト:
しまった!
発見されたか!
▼

ルヴェン 敵がくるぞ
▼

ルヴェン:
了解 光の速さで爆薬をセット
するぜ!
▼

<爆薬7個設置後>

ルヴェン:
これで最後だ
▼

アルベルト:
よし 逃げるぞ
▼

ルヴェン:
ちょっと
まってくれ・・・
▼

ルヴェン:
いいものがあるぞ!
▼

アルベルト:
ヴァンツァー輸送用の
列車か
▼

こいつらを運んできたんだな
▼

ルヴェン:
この列車をうばって
逃げるってのはどうだ?
▼

アルベルト:
そうだな それでいこう!
▼

(お得情報:ルヴェンは列車に乗った時点で無敵に)

#Escape

アルベルト:
列車のコントロールは
まかせたぞ
▼

ルヴェン:
この列車はヴァンツァーから
操作するようになっている
▼

楽なもんさ
▼

アルベルト:
出発だ!
急ごう!
▼

ルヴェン:
了解!
▼

<ブロンテス出現>

ルヴェン:
な なんだ!
▼

あの でかい
ヴァンツァーは!?
▼

パイロット:
まんまと逃げおおせた
つもりだろうが・・・
▼

そう きさまらの好きには
させんぞっ!
▼

この“ブロンテス”の力
見せてやるわっ!
▼

アルベルト:
列車を止めるつもりか!
▼

<ブロンテス撃破>

パイロット:
こ・・・この基地が
・・・
▼

たった2人のパイロット
のために・・・
▼

むぐわああっ!!
▼

ルヴェン:
見ろ!カンペキな仕事だぜ
▼

ーフィールドマップー

<こちらが先の場合>

アルベルト:
地上出口は 破壊できたな
▼

ブレンダ:
でも 出口は
ここだけではないわ
▼

エミル:
敵があわてている
今のうちに
▼

別の出口もふさいで
しまいましょう
▼

<両方の出口を破壊した場合>

ブレンダ:
大成功よ!
▼

アクセル:
これで 敵の戦艦出入り口は
全部 破壊できたんだな
▼

よーしっ!
いよいよ 敵要塞へ
なぐりこみだ!
▼

<アクセルがいない場合>
エミル:
これでいよいよ
敵の要塞に 侵入できますね
▼

アルベルト:
おれたちの被害は少ない
▼

このまま 強襲するぞ!
▼

<ルヴェンがやられると>

アルベルト:
ルヴェンがいなくては
この作戦に実行は難しい
▼

もういちど装備を整えて
出直すしかないか・・・
▼

ーフィールドマップー

アルベルト:
地上出口をふさぐには
爆破が必要だが・・・
▼

ーコフスカヤ湾ー

ブレンダ:
海底から
敵が出入りしているわ
▼

アルベルト:
そうか・・・出口の一つは
海底にあったのか
▼

ブレンダ:
出口の数は 一つじゃなくて
かなり多いみたいよ
▼

もっとも ここのは
ヴァンツァー専用らしいけど
▼

アルベルト:
よし・・・ヴァンツァーで
海底出口の破壊に向かう
▼

ブレンダ:
ノーマルヴァンツァーで
海底へ?
▼

今度は 短時間じゃ
すまないわよ
▼

大丈夫なの?
▼

アルベルト:
あまり 深くもぐらなければ
心配はない
▼

念のため 気密を
チェックしておいてくれ
▼

ブレンダ:
わかったけど・・・
▼

どうなってもしらないわよ!
▼

ームービングフェイズー

<ゲート1つ破壊>

アルベルト:
1つ目のゲートを破壊したぞ
▼

ブレンダ:
その調子よ!
▼

<ゲート4つ破壊>

アルベルト:
4つ目のゲートを破壊した
▼

ゲートは
あといくつ残っている?
▼

ブレンダ:
まって・・・
今スキャンしているわ
▼

<ゲート6つ破壊>

ブレンダ:
スキャンが終わったわ
▼

あと5つ ゲートが
残っているわね
▼

アルベルト:
わかった
▼

<ゲート10破壊>

アルベルト:
よし!
あと1つだな
▼

ブレンダ:
油断しちゃだめよ
▼

<ゲート11破壊>

アルベルト:
海底の出入口は
破壊した!
▼

・・・しかし これだけの
施設を作り上げるとは
▼

やはりこいつら
ただのテロリストではないな
▼

ーフィールドマップー

<こちらが先の場合>

ブレンダ:
大成功ね
▼

アルベルト:
あとは地上出口を
破壊するだけだ
▼

<両方の出口を破壊した場合>

ブレンダ:
大成功よ!
▼

アクセル:
これで 敵の戦艦出入り口は
全部 破壊できたんだな
▼

よーしっ!
いよいよ 敵要塞へ
なぐりこみだ!
▼

アルベルト:
おれたちの被害は少ない
▼

このまま 強襲するぞ!
▼

ーギルカ氷山ー

ブレンダ:
あっ!
レーダーに建造物の反応!
▼

アルベルト:
こんなところにも敵の施設が
あるのか?
▼

ブレンダ:
いえ・・・待って
▼

これは敵の戦艦が 地上で
待機しているんだわ
▼

エミル:
ぼくたちが 知っている以外の
出口があるんでしょうか?
▼

ルヴェン:
それはないと思うが・・・
▼

おそらく すでに発進していた
艦があったんだろう
▼

ブレンダ:
どうやら敵は まだ私たちの
ことに 気付いていないみたい
▼

アルベルト:
よし!ここで降ろしてくれ
▼

ヴァンツァーで奇襲を
かけてやる
▼

クラーク:
やつら きっとびっくり
するでしょうな
▼

ームービングフェイズー

#決意

<フェイドロスの上>

兵士:
おれたちは いつまで
待機していればいいんだ?
▼

兵士:
必要になったら 本部から
指令があるはずだ
▼

それまでは のんびりして
いようぜ
▼

兵士:
まあ・・・そうだな
▼

他のやつらはパトロールだ
▼

それにくらべりゃ
おれたちゃ 楽なもんだよな
▼

<さらに接近>
※
#Waring One

兵士:
な・・・なにっ!
▼

兵士:
奇襲だっ!
▼

ヴァンツァー隊
帰還せよ!
▼

キャリアーが襲われる!
▼

ブレンダ:
アルベルト 聞こえる?
▼

なるべく艦をキズ付けない
ようにして
▼

いいことを考えたわ
▼

アルベルト:
いいこと?
▼

ブレンダ:
そう!
いいことよ
▼

アルベルト:
わかった
やってはみるが・・・
▼

<敵撃破>

#Notice

ブレンダ:
なるほど・・・
▼

アルベルト:
どうしたんだ?
▼

ブレンダ:
よし・・・いいわ!
▼

この戦艦 私たちがもらって
しまいましょう
▼

アルベルト:
なんだって!?
▼

ブレンダ:
そんなに おどろかなくても
いいわよ
▼

識別信号の所だけ少しいじれば
このまま十分使えるわ
▼

アルベルト:
しかし・・・
▼

ブレンダ:
こんな性能のいい艦が
タダで手に入るんだから
▼

のがす手はないわよ
▼

さあ みんな手伝って!
引っこしよ!
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
これはいいわ!
ほとんど新品のようね
▼

アクセル:
しかし・・・びっくりだよ
▼

敵の艦をうばって
乗りかえるなんて
▼

<アクセルがいない場合>
ルヴェン:
しかし・・・おどろいたぜ
▼

敵の艦をうばって
乗りかえるとはな
▼

エミル:
すごいですよ
▼

中には 敵の残して行った
兵器もありました
▼

ブレンダ:
どう?
文句はないでしょ?
▼

アルベルト:
まあな
▼

これで 次の作戦が
少しは楽になったはずだ
▼

ーシヴァルツ要塞ー

ブレンダ:
いよいよ “赤ザメ”も
おしまいね
▼

アルベルト:
しかし・・・
艦隊を消滅させた兵器は
▼

まだのこっているはずだ
▼

気はぬけないな
▼

ブレンダ:
危なくなったら
無理はしないでもどるのよ!
▼

いいわね!
▼

アルベルト:
わかってるさ
▼

ームービングフェイズー

#Spark Shot

アルベルト:
敵要塞に突入する!
▼

<撤退>

ここが やつらの拠点よ
装備も慎重にすべきね
▼

<ボスマップ>

#危機

アルベルト:
こ・・・この
ヴァンツァーは!!
▼

シヴァルツ:
ぐははははは
見たか わが軍の技術力を!
▼

この“ミドガルズオルム”が
完成した以上は
きさまらの進撃もここまでだ!
▼

アルベルト:
そのヴァンツァーは!
▼

・・・まさか!
▼

シヴァルツ:
ほほう・・・きさまか!
油田では世話になったな
▼

その通り!
きさまらの戦艦をしずめた
のは こいつなのだ!
▼

アルベルト:
あのビームを撃ったのが
ヴァンツァーだったとは!
▼

これが お前たちの
新兵器か・・・
▼

ブレンダ:
アルベルト!
▼

あのビームは あなたの
シールドじゃ防げないわ!
▼

一時撤退して!
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

シヴァルツ:
逃げるのか?
ぐはははははっ!
▼

さすがのきさまも
手が出せんというわけだ
▼

<のんびりしていると>

ブレンダ:
はやく!

はやく 逃げて!!

<再び訪れると>

アルベルト:
こいつに勝つすべは
あるのか・・・?
▼

シヴァルツ:
何度きても同じだ!
▼

ザコどもがぁぁぁ!
▼

<ボスに会ってから撤退すると>

アルベルト:
あのビームがある以上
▼

これより先に進む事は
できない・・・
▼

なんとか対抗する方法は
ないのか・・・?
▼

ブレンダ:
そういえば・・・
▼

以前 超装甲の
カスタムヴァンツァーに
乗った 変な人に
▼

会ったわよね
▼

アルベルト:
そうか!
もしかすると彼なら・・・
▼

しかし いったいどこに
いるだろう?
▼

ブレンダ:
とりあえず
▼

あの人に出会った場所に
行ってみようよ
▼

アルベルト:
たしか・・・
アルハリだったな
▼

<サカタを連れてシヴァルツと再戦>

#鉄の足音

シヴァルツ:
いさぎよく 殺されに
やってきたようだな
▼

ぐははははは
▼

今回は ロシア軍や
君たち傭兵を 実験台に
させてもらったおかげで
▼

素晴らしい兵器が完成した!
礼を言うぞ!
▼

アルベルト:
実験だと!?
▼

そうか・・・やはり
お前ら テロリストでは
ないのだな!
▼

シヴァルツ:
テロリストだと?
われわれが?
▼

これはゆかいだ
▼

アルベルト:
すると “赤ザメ”というのは
カモフラージュ・・・
▼

きさまらが ソサエティの
メンバーだったのか!
▼

シヴァルツ:
いかにも!
▼

われわれは ソサエティの
兵器開発チームだ!
▼

死ぬ前に教えてやろう
▼

このテロリストさわぎは
新兵器の実験のために
仕組まれたものなのだ!
▼

アルベルト:
なんだと!では
空中艦隊の兵たちは
▼

そんなもののために
殺されたというのか!
▼

シヴァルツ:
そういうことだ
▼

それに きさまを殺せとの
命令も出ている
▼

アルベルト:
おれを・・・?
▼

シヴァルツ:
アークを殺し ことごとく
われわれのジャマをする
▼

きさまは われわれにとって
目ざわりなのだよ
▼

アルベルト:
おれの国も 父や母も
お前らのせいで・・・
▼

シヴァルツ:
さて そろそろきさまには
死んでもらうとするか
▼

#Warning Two

この新兵器の
デモンストレーションの
フィナーレとしてな!
▼

サカタ:
これか!
▼

なるほど!すばらしい!!
▼

アルベルト:
感心している場合じゃない
なんとかなりそうか?
▼

サカタ:
ふむ
▼

さっき見て わかった部分を
分析すると・・・
▼

マイクロウェーブビームの
ようだな
▼

アルベルト:
どういうことだ?
▼

サカタ:
強力な電磁波を
放射しているのだ
▼

ビームのように見えるのは
空気中の粒子がプラズマ化
しているからだろう
▼

あれでは 通常の装甲が
意味をなさないのは
あたりまえだ
▼

しかし・・・心配無用
▼

あれなら こいつの装甲で
95% 効果を消せるわい!
▼

アルベルト:
そうか!
では援護をたのむ
▼

突っ込むぞ!
▼

サカタ:
対マイクロウェーブシールド
スイッチON!
▼

<シールドエネルギーが切れていると>
おや・・・
▼

しまった・・・
シールドのエネルギーが
切れとるのを忘れとった!
▼

(アルベルトだけ爆発(笑))

<ミドガルズオルム撃破>

アルベルト:
ソサエティとはなんだ?
▼

正体を明かせ!
▼

シヴァルツ:
おれが言うと思っているのか?
▼

・・・ざんねんだったな
おれの答えは これだ!
▼

フェルダー:
ちっ シヴァルツめ
よけいな事をしゃべりおって!
▼

アルベルト:
お前は フェルダー司令!
ここでもお前が・・・
▼

フェルダー:
どこまでも われわれの
ジャマをするというのか
▼

ジェノス:
ロイス!
▼

必ずここに現れると
思っていたぞ
▼

アルベルト:
なにっ!?
▼

フェルダー:
兄さん!?
▼

ジェノス:
ソサエティから手をひけ!
これが最後だ!
▼

フェルダー:
ムダなことを・・・!
われわれは すでに
▼

マイクロウェーブ砲の
開発を完了したわ
▼

ジェノス:
武力で世界が変えられるとでも
思っているのか?
▼

フェルダー:
じゃあ 兄さんは
どうなんです?
▼

あなただって すっかり
戦いにそまってしまって
いるじゃないの!
▼

もう 遅いのよ!
▼

ジェノス:
くそっ・・・
やはり ソサエティの
▼

内部に入り込むしか
手はないのか・・・
▼

アルベルト:
あの司令官は お前の妹
だったのか!
▼

しかし ソサエティとは?
お前の本当の目的は
なんなんだ!?
▼

ジェノス:
・・・・・・
▼

お前には関係のない
ことだ・・・
▼

ーフィールドマップー

アルベルト:
“赤ザメ”はテロリスト
なんかじゃなく
▼

ソサエティという組織の
一部だった
▼

やつらは この国で
新兵器の・・・
▼

サカタ:
マイクロウェーブ砲だ
▼

アルベルト:
そう
▼

その兵器の開発実験と
デモンストレーション
を行っていたようだ
▼

レジネフ:
ソサエティだと!?
▼

アルベルト:
どうしたんだ?
▼

ソサエティのことを 何か
知っているのか?
▼

レジネフ:
いや なんでもない・・・
▼

アルベルト:
なんでもいい
▼

ソサエティについて
知っていることがあれば
教えてくれ!
▼

レジネフ:
・・・・・・・・・・
▼

“赤ザメ”がやってくる
前のことだ・・・
▼

前の大統領が ある組織から
要求をつきつけられたことが
あったらしい
▼

しかし 大統領は
それをことわった
▼

そしてまもなく・・・
▼

ブレンダ:
なぞの突然死!
ニュースで見たわ!
▼

レジネフ:
病死ということに
なっているが
▼

実は暗殺されたのだ
▼

アルベルト:
その組織が ソサエティかも
しれないと・・・
▼

しかし その時やつらは
何を要求したのだろう
▼

レジネフ:
わが国に 他国への侵略戦争を
始めろと・・・
▼

エミル:
なんてことを!
▼

アルベルト:
おそろしい話だ
▼

おれも あちこちの戦場で
ソサエティの存在を 感じては
いたが・・・
▼

レジネフ:
すでに事は 国家レベルの
問題となっているようだ
▼

君のような傭兵が
解決できるような
ことではない
▼

悪いことはいわん
手を引きたまえ
▼

アルベルト:
わかっている
しかし・・・
▼

戦いに身をおいた者として
全ての真実を
たしかめたい
▼

ソサエティの意志が
シヴァルツの
言うとおりなら・・・
▼

おれのこの手で
たたきつぶしたいんだ!
▼

レジネフ:
そうか・・・
かなり危険だが・・・
▼

いや もしかすると
君になら できるかも
しれんな・・・
▼

ーワールドマップー

アルベルト:
DR.・・・ありがとう
助かったよ
▼

サカタ:
いや 礼を言うにはおよばん
▼

こっちは好きで
やっとるんだからな
▼

ブレンダ:
しかし あなたのような
工学博士が なぜ戦場に?
▼

サカタ:
わしはコンピュータと
にらめっこしているより
▼

現場で実験する方が
性に合っていてな
▼

ところで わしも
あんたたちといっしょに
行動させてくれんか?
▼

アルベルト:
それは 願ってもないことだ!
▼

ただ おれたちは今
とても危険なことに首を
つっこんでいる
▼

ヘタをすると命を失うことに
なるかもしれん
▼

それでもいいのなら だが
▼

サカタ:
はっはっは OKだ
自分の身は自分で守る
▼

それよりも
あんたといっしょにいた方が
▼

いろいろといいデータが
取れそうだからな
▼

ルヴェン:
やれやれ また変なやつが
きちまったぜ
▼

ーニューヨークー

リチャード:
やあ 大変だったな
まさかあんな事になるとは
▼

ブレンダ:
リチャード
本当に わかってるの!?
▼

あなた 傭兵が出て行って
もどってくる・・・
▼

それにしかきょうみ
ないんじゃない?
▼

戦って死んでいく
傭兵のことなんて
どうでも いいんでしょ!?
▼

リチャード:
おいおい どうしたんだ
ブレンダ?
▼

君だって 商売として
この仕事を
やってるんじゃなかったのか?
▼

アルベルト:
いや そろそろ
商売ぬきになりそうだ
▼

ソサエティのことが
わかり始めた
▼

それにやつらはおれを
マークしている
▼

戦いに出れば次も必ず
出会うことになるだろう
▼

リチャード:
じゃあ
この仕事をやめるってのか?
▼

アルベルト:
そうは 言ってない
▼

むしろ おれにとっては
ソサエティの正体に
近づくチャンスなんだ
▼

リチャード:
なんてやつだ
▼

自分をエサにするってのか
▼

・・・まあいい 次の仕事も
やってもらえるんならな
▼

ブレンダ:
!!
▼

リチャード:
怒るなよ ブレンダ・・・
▼

最近
性格変わったんじゃないか?
▼

ブレンダ:
なにがよっ!
▼

リチャード:
むかしは もっと
こう・・・
▼

クールだったぜ
▼

ブレンダ:
今でも そうよ!!
▼

リチャード:
そうは 見えんがな・・・
▼

ーワールドマップー

リチャード:
今度の仕事は
南米のマチュピチュだ
▼

ゲリラになやんでいるという
話だが たいしたことは
なさそうだな
▼

ブレンダ:
・・・・・
▼

リチャード:
ブレンダ・・・
▼

いいかげん
機嫌なおしてくれよ
▼

せっかく
リゾート地での仕事を
持ってきてやったのに・・・
▼

ブレンダ:
リゾート?
▼

リチャード:
そう
▼

依頼人のホセ市長は
マチュピチュのリゾート施設の
オーナーでもある
▼

仕事が終わったら
休みをやるから
のんびりしてくるといいさ
▼

ブレンダ:
そうか・・・たまには 息ぬき
もいいわよね
▼

アルベルト:
おれたちは のんびりして
いられない
▼

そういう仕事なら
他のやつに頼んでくれ
▼

リチャード:
いや・・・
▼

実はおれも ホセ市長に
そう言ったんだが
▼

どうしてもお前にやって
ほしいと言うんだ
▼

ブレンダ:
いいじゃない
カンタンな仕事らしいし
▼

ちゃちゃっと終わらせて
次に行けばいいのよ
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

わかったよ
▼

ゲリラがソサエティと
関係あるかもしれないしな
▼

ただし
息ぬきは なしだ
▼

ブレンダ:
え〜っ!
▼

リチャード:
すまんな
たのむよ
▼
←Scene6 ザンボラ →Scene8 マチュピチュ

MM1風ボタン