ガンハザードセリフ集
Scene4 アルハリ


←Scene3 ボルクタ →Scene5 エミンゲン

大概の人が二回目エミンゲンの前に訪れるアルハリです。
数々の名ゼリフを残すルヴェンがやっと参入します。それにしても、ルヴェンって意外とまじめな気が。
ヴァルチャーのセリフは三種類あります。さすが細かい。
あとは未収録曲発見で新たな波乱の予感・・・?
ブレンダ:
ここはアルハリ砂漠よ
▼

アルベルト:
ここの国々は 今世紀に
入ってから
▼

お互いの協力体制を
きずいたはずだが・・・?
▼

ブレンダ:
ここ10年くらいは
ずっと戦争続きみたいね
▼

私たちに依頼してきた
ARS紅海連合軍と
▼

ゾハル同盟の2つに別れて
戦ってるわ
▼

アルベルト:
そんなに長く続いた戦いが
▼

おれたちだけで
どうにかできるのか?
▼

ブレンダ:
他の人じゃ無理だからこそ
私たちがやるんじゃない!
▼

アルベルト:
本当に そう思ってるのか?
▼

ブレンダ:
えっ!?
▼

ははは・・・
▼

こういう難しい仕事の方が
お金を たくさんもらえるって
いうこともあるかな・・・
▼

アルベルト:
そんなこと
だろうと思ったよ
▼

ブレンダ:
で でも本当に あなたなら
できると思ってるのよ
▼

さあ 行きましょ!
▼

ーARS軍本部ー

ブレンダ:
ここまで降りると
砂ぼこりがすごいわ・・・
▼

クラーク:
しかし
この あれ果てた様を見ると
▼

故郷の緑が
恋しくなりますな
▼

アルベルト:
近くに 大きなダムが
見えるが・・・
▼

ブレンダ:
あれはカサラ・ダム
という最新型のダムよ
▼

この地域全土に水を供給して
いるらしいわ
▼

あっ
そろそろ司令部が
あるはずよ
▼

降りてみましょう
▼

ームービングフェイズー

アルベルト:
ここが司令部だな
▼

ブレンダ:
ずいぶんくたびれた
基地みたいね
▼

アルベルト:
戦いが長期化して
いるからだろう
▼

ブレンダ:
何のためにそこまで
戦いあうのかしら?
▼

アルベルト:
傭兵として ここへ来ている
おれたちが
▼

そういうことを言うのは
変じゃないか?
▼

ブレンダ:
そりゃ そうだけど・・・
▼

兵士:
あんた 傭兵だな?
▼

ここには たくさんの傭兵が
きているからな
▼

ま あんたも
せいぜいかせぎなよ
▼

兵士:
この戦争 いつになったら
終わるんだろう?
▼

やれやれ・・・
▼

兵士:
ヴァンツァーの手入れを
おこたるんじゃないぞ
▼

兵士:
そうか サファド司令に
会いにきたのか
▼

サファド司令は 一見
こわそうに見えるが
実は とてもいい人なんだ
▼

あの人が いなかったら
この戦いも もっとひどい事に
なっていただろう
▼

兵士:
おれも 戦争を早く
終わらせたいと思うが・・・
▼

仲間を殺された うらみは
簡単に忘れられる
ものではないからな
▼

兵士:
ゾハル同盟軍が
おれたちの敵だ
▼

やつら 早くあきらめて
降伏してくれないかな
▼

<サファド司令登場>

#Secret Story

サファド:
アルベルト君だね?

待っていたよ
よくきてくれた
▼

アルベルト:
あんたが 総司令官か?
▼

サファド:
いかにも

私がARS軍曹司令官
サファドだ

状況は急を要する
早速 任務を伝えよう

紛争が 長きにわたったため
敵味方ともつかれきっている

そこで ゾハル同盟軍は
一気に勝利を手にしようと
秘密兵器を開発し・・・

われわれの生命線である
カサラ・ダムを
攻撃しようとしているらしい

アルベルト:
らしい・・・とは?

それは たしかな
情報なのか?

サファド:
実は その情報をつかんだ
情報工作員が

ゾハル同盟軍に捕らえられて
しまったのだ

とらえられた
情報員を救い出し

秘密兵器を破壊することが
君たちの仕事だ

アルベルト:
あのダムが壊されれば

ARS軍はおろか
関係のない人々まで
まきこむ事になるからな

サファド:
そういうことだ

なお 砂漠にある取引所では

武器を低価格で供給
できるようにしておいた

利用してくれたまえ

アルベルト:
それは ありがたい話だな

ところで
おれたちが助けなければ
ならない 情報員の名は?

サファド:
彼の名はルヴェン

暗号名は“ボマー”だ

アルベルト:
さっそく
任務に取りかかる

ーフィールドマップー
ブレンダ:
さあて どこから
さがそうか?
▼

エミル:
と言っても
▼

どちらを見ても
こう 砂ばかりでは・・・
▼

<エミルがいないとき>
ブレンダ:
もっとも どっちを見ても
砂ばっかりだけど
▼

アルベルト:
まずは ゾハル同盟軍の
活動している場所をさがそう
▼

敵をとらえて 情報を
聞き出すんだ
▼

ブレンダ:
なるほど!
いい考えね
▼

<再び訪れると>

兵士:
おつかれさまです
▼

兵士:
サファド司令も
▼

少しは 休めばいいのに・・・
▼

サファド:
君の活躍に
期待しているよ
▼

<クリア後に訪れると>

兵士:
ありがとうございました
▼

あなたみたいな 助っ人が
もっと早く現れてくれれば
▼

戦いも これほど長引かないで
すんだでしょう
▼

兵士:
あの ナヴァル要塞を
攻略するとは・・・
▼

たいしたものです
▼

サファド:
長かった戦いに
終止符が打たれるのも
▼

もう 遠い話ではない
▼

君たちのおかげだよ
ありがとう
▼

ー東アルハリ砂漠ー

基本メッセージ

#鉄の足音

<エイジス隊>

兵士:
ARSの傭兵め!
▼

きさまなどに このシールド兵
エイジスとのかんぺきな
コンビネーションを
▼

くずせるものかっ!
▼

ー夕日の丘ー

ブレンダ:
救援信号をキャッチしたわ
▼

アルベルト:
ここで戦闘が行われている
ということか
▼

ブレンダ:
しかも こちらの軍は
かなり 分が悪いみたいよ
▼

アルベルト:
そうか
▼

ともかく 味方兵の
応援に出よう
▼

ームービングフェイズー

#快進撃

アルベルト:
ここは 主戦場だったらしい
敵の部隊は 圧倒的な数だ!
▼

<串刺しポイント>

アルベルト:
おい これが見えるか?

ひどいありさまだ

ブレンダ:
ええ

これ ヴァンツァーの残骸が
くしざしにされているのね
・・・・・・

アルベルト:
そうだ・・・

倒した相手を
さらし物にしているんだ・・・

いったい 何のために
こんなことを・・・

ブレンダ:
長い間 戦いの中に
身を置いていると

みんな おかしくなって
いくものよ

アルベルト:
おれたちも そうなって
いくのか・・・

#Warning One

カミーラ:
また おろかな獲物が
やってきたようだね
▼

お前 ここは通さないよ!
覚悟しな!
▼

アルベルト:
獲物だと!?
▼

そうか!あの破壊された
ヴァンツァーは
お前のしわざだったんだな
▼

カミーラ:
そうだよ!
▼

ああでもしなきゃ
あたしの憎しみは
粉れないからね!
▼

アルベルト:
なぜだ・・・どうして
そんな事を・・・
▼

カミーラ:
ふん!
くだらないことを言うね
▼

これが戦争っていう
もんだよ!
▼

アルベルト:
・・・しかし・・・
▼

憎しみを紛らわすためだけに
こんなむごい殺し方を
▼

しかも お前のような
女が・・・
▼

カミーラ:
あたしだって 初めは
戦争なんて大きらいだったんだ
▼

でもね・・・
▼

やつらに夫と子供を
殺されたんだよ!
▼

この気持ち お前なんかには
わからないだろう!
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

カミーラ:
兵士は・・・
▼

いや 人間なんてみんな
残酷なものなんだよ
▼

私やお前だって同じことさ
▼

だから あたしは
みな殺しにしてやる!
▼

殺して 殺して・・・
最後には 自分も
殺されるのさっ!
▼

アルベルト:
ま まてっ!!
▼

<カミーラ撃破>

#悲しみのカリオン

カミーラ:
う・・・うう・・・
▼

ち・・・ちくしょう!
さあ 殺しな!
▼

あたしもたくさん殺して
きたんだ
命ごいはしないよ!
▼

アルベルト:
殺すようなことはしない
▼

それよりも
捕虜に関する
情報をくれないか?
▼

カミーラ:
ふふ・・・なるほど・・・
▼

殺すのは 情報を手に
入れた後ってことかい
▼

ざんねんだったね
あたしは 口がかたいんだよ
▼

アルベルト:
お前の軍がカサラ・ダムを
破壊しようとしている
▼

ダムを守るために
その情報が必要なんだ!
▼

カミーラ:
ばかな!
▼

わが軍があのダムを
壊すわけがない!
▼

アルベルト:
いや 本当だ
▼

教えてくれ!
たのむ
▼

カミーラ:
ごめんだね
▼

あたしがそんなペテンに
ひっかかるとでも思うのかい
▼

・・・うう
さあっ!さっさと殺しなよ!
▼

アルベルト:
教えてくれないか
▼

ざんねんだ・・・
▼

カミーラ:
あれ・・・どこに行くのさ?

なぜ あたしを殺さない?
なぜ・・・

ブレンダ:
あの女兵士・・・
これから どうするかしら?
▼

アルベルト:
さあな・・・
▼

たしかに おれたちは
残酷なのかもしれん
▼

だが 今おれたちに
できるのは
▼

戦うか だまって
見ているかのどちらか
なんだ・・・
▼

ブレンダ:
アルベルト・・・
▼

アルベルト:
やめよう・・・
これは 答えの出ない問答だ
▼

とにかく 任務を
果たさなければな
▼

しかし 彼女はダム破壊の
事を知らされていない
ようだったな
▼

ブレンダ:
そうね・・・
▼

同盟軍の中でも 秘密に
なっているのかしら?
▼

でも おしかったわ
▼

彼女は 捕虜がどこにいるか
知っているみたい
だったのにね
▼

アルベルト:
まあ しかたない
▼

別の戦場に行ってみよう
▼

<再び訪れると>

基本メッセージ
#鉄の足音

<ナフド砂漠クリア後>

ブレンダ:
あっ!
▼

レーダーに また
機影がうつってるわ
▼

アルベルト:
ここは すでに調べた場所だ
▼

別の場所をさがそう
ムダな時間を使いたくはない
▼

ブレンダ:
でも・・・
▼

今度は何か 様子が
おかしいのよ
▼

アルベルト:
どういうことだ?
▼

ブレンダ:
銃撃をしているよう
なんだけど
▼

レーダーには 敵軍の
ヴァンツァーしか
うつってないわ

アルベルト:
何かありそうだな
調べてみるか
▼

ームービングフェイズー

#悲しみのカリオン

アルベルト:
銃声は このあたりから
聞こえてくるようだ・・・
▼

近づいてみよう
▼

<銃撃地点>

アルベルト:
あっ!あれは あの時の
女兵士じゃないか!
▼

どうしたんだ?
敵兵に襲われているぞ
▼

#Warning One

よし 今助ける!
▼

<敵撃破>

#悲しみのカリオン

カミーラ:
あんたは
あの時の傭兵じゃないか・・・

ありがとうよ
助けられちまったね

アルベルト:
どうしたんだ
軍籍をはなれたのか?

カミーラ:
あんたの言った通りだった

軍はダムを攻撃するらしい

しかもその事実を知った
あたしを反逆者と決めつけて
殺そうとしやがった

アルベルト:
そうか・・・

しかし こんな危険な所で
いったい 何をしていたんだ

カミーラ:
つみほろぼしだよ

あたしが 手にかけた
兵士たちをとむらって
いたのさ

あたしにも
この戦争の空しさが
わかってきたんだよ

悪かったね・・・この間は
あんたに あんなひどいこと
言っちゃって

アルベルト:
いや いいんだ

たしかに おれだって
正義の味方ってわけじゃない

カミーラ:
でも・・・

自分を殺そうとした人間の命を
助けるやつがいたなんて・・・

あんたを見て あたしも
考え方が変わったよ

アルベルト:
でも あなたと もう一度
戦わずにすんで よかった

カミーラ:
ほんとうに そう思うよ

ところで・・・

あんたは ダムを守る
ために 捕虜を助けたい
とか言っていたね

アルベルト:
ああ その情報員がダム攻撃の
情報をもっているらしいんだ

カミーラ:
そんなに重要な
捕虜だったら

きっと司令官の手元に
置くだろうから・・・

そうだね やっぱり
移動司令部“ガレオン”の中
だろうね

アルベルト:
ガレオン!
なんだ それは?

カミーラ:
巨大なキャタピラを装備した
超大型戦車さ

実は ダム攻撃の情報を
さぐるついでに・・・

ガレオンのデータが入った
ディスクをパクってきたんだ

あんたにやるよ

ガレオンに
乗りこむつもりなら
つかっておくれ

アルベルト:
ありがたい!
助かるよ

カミーラ:
あたしにできるのは
こんなことくらいさ・・・

絶対にダムを壊させちゃ
いけないよ

アルベルト:
わかってるさ

ーフィールドマップー

ブレンダ:
よかったわね
▼

あの人が
軍を ぬけてくれて
▼

アルベルト:
そうだな
▼

ブレンダ:
でも・・・やっぱり
▼

同盟軍は 自分たちの兵にも
ダム破壊のことを秘密にして
いたのね
▼

アルベルト:
敵軍の兵の多くも ダムを
破壊したくはないようだ
▼

だから 秘密にしていた
のだろう
▼

やはり やつらの計画は
阻止しなければ!
▼

ーナフド砂漠ー

基本メッセージ
#鉄の足音

ーフィールドマップー

ブレンダ:
そういえば あの女兵士
どうしたかしらね
▼

アルベルト:
ああ 少し気にかかるな
▼

ブレンダ:
さっきの場所に
まだ いるんじゃない?
▼

アルベルト:
あの様子では 情報を
話してくれそうにはないが
▼

ブレンダ:
そんなこと わからないわよ
行ってみましょう
▼


ー西アルハリ砂漠ー

<夕日の丘クリア前>

ブレンダ:
なんなの!?
▼

とても巨大な 何かが
地上を走っているわ
▼

アルベルト:
なんだか わからないのか?
▼

クラーク:
レーダーで見るかぎりでは
まるで戦艦のようですな
▼

ブレンダ:
そんな ばかな!
▼

<クラークがいないとき>
レーダーで見るかぎりでは
まるで戦艦よ
▼

でも そんなばかな・・・
▼

アルベルト:
モニターでも 砂けむりが
ひどくてよくわからん
▼

だが 同盟の兵器であることは
間違いない
▼

降りて調べてみよう
▼

ームービングフェイズー

アルベルト:
よし その巨大なやつに
接近してみるぞ
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
な なんなの
あのでっかい戦車は!?
▼

アルベルト:
ざんねんだが・・・
▼

今のおれたちでは
あいつは倒せない
▼

内部にもぐりこむ方法が
あれば なんとか
できるんだが・・・
▼

ブレンダ:
しかたないわ
▼

まあ あの戦車を倒せって
命令されてるわけじゃないし
▼

別の場所をさがそうよ
▼

<情報入手後>

ブレンダ:
いたわ!ガレオンよ!
▼

アルベルト:
データの解析はできたか?
▼

ブレンダ:
ええ
▼

あの戦車は中距離の
砲撃には強いけど
▼

接近されると 意外に
弱いらしいわ
▼

内部に侵入するには
▼

甲板の艦首近くにある
装甲の弱いハッチを
突破すればいいみたい
▼

アルベルト:
よし わかった!
▼

ームービングフェイズー

#Galeon

ブレンダ:
でも
▼

本当にあの中に ”ボマー”が
とらわれているのかしら
▼

アルベルト:
それはわからないが・・・
▼

とにかく やってみるしか
ないだろう
▼

<艦首>

アルベルト:
ハッチを発見した
▼

ブレンダ:
どう?
中に入れそう?
▼

アルベルト:
ハッチを破壊すれば
行けそうだ
▼

<ガレオン内部>

#Sneak and Attack

アルベルト:
内部に潜入した
中は 迷路のようだ
▼

<ハービーGで人間ドアへ行くと>
このドアは ヴァンツァーを
降りないと入れないな
▼


<独房>

#Resistance

アルベルト:
お前がARSの
“ボマー”だな?
▼

ルヴェン:
おれの 暗号名を
知っているとは
▼

お前は いったい・・・
▼

アルベルト:
おれは ARS軍側の傭兵だ
お前を救出にきた
▼

ゾハルの作戦についての
情報を知りたい
▼

ルヴェン:
おれを助けにきたのか?
▼

なんてやつだ!まさか
このガレオンの中にまで
侵入してくるとはな・・・
▼

アルベルト:
おれが 敵を引き付ける
▼

その間に逃げ出すんだ
できるか?
▼

ルヴェン:
逃げるのは しのび込むより
得意だぜ
▼

アルベルト:
気を付けろよ!
▼

<独房の外>

ルヴェン:
おれは 自分のヴァンツァーを
取りもどす!!

ガレオンの外で
落ち合おうぜ!

アルベルト:
わかった!

<ジェスターの前>

ルヴェン:
よし
おれはこのジェスターで
▼

脱出する!
▼

だが あんたは?
▼

アルベルト:
おれは ここまでの
ルートを引き返す
▼

ルヴェン:
そうか・・・
▼

じゃあ 先に行かせて
もらうぜ
▼

アルベルト:
外には おれのキャリアーが
待っているはずだ
▼

そいつに 回収してもらえ
▼

お前には 聞きたい事が
ある
▼

ルヴェン:
わかってるって
逃げやしないさ
▼

おっと こんなところで
ぐずぐずしちゃ いられんな!
▼

<甲板>

#Galeon

アルベルト:
ふう やっと甲板まで
たどり着いたぞ
▼

ブレンダ:
さあ はやく離脱するのよ
▼

アルベルト:
いや この艦をたたく!
▼

ブレンダ:
え!?
▼

<艦橋撃破>

アルベルト:
艦橋を破壊した!
▼

ブレンダ
収容を頼む!
▼

ブレンダ:
了解!
▼

もう一つのカンヅメは
すでに 拾いあげてるわ
▼

ーフィールドマップー

ルヴェン:
やれやれ
やっと 自由になれたぜ
▼

あんたのムチャの
おかげだな
▼

そちらの美しい女性にも
例を言わせてもらうよ
▼

ブレンダ:
あら お上手ね
▼

ブレンダよ よろしく
▼

ルヴェン:
それから・・・
カタブツの軍人さんか
▼

クラーク:
クラーク大尉です
▼

わけあって
アルベルトさんに
お世話になっております
▼

ルヴェン:
おっと それに
▼

おとなしそうな
おぼっちゃかい?
▼

エミル:
僕はエミル
補給機のパイロットです
▼

ルヴェン:
フッ
みょうな 取り合わせだぜ
▼

ブレンダ:
みんな 私たちの
仲間よ
▼

ルヴェン:
おれも あらためて
自己紹介させてもらうぜ
▼

おれの名は ルヴェン
▼

ARS軍の情報部員
・・・つまり スパイだ
▼

特に 爆薬の知識に関しては

おれの右に出るものはいない
▼

よろしくな
▼

アルベルト:
早速で すまないが
▼

同盟軍の秘密兵器についての
情報を教えてもらおう
▼

ルヴェン:
ああ
▼

ウムタール山にある 敵の
秘密要塞ナヴァルに
▼

まだ開発中だが 巨大な
荷電粒子砲がある
▼

やつらは そいつで
カサラ・ダムを
一撃しようとしているのさ
▼

アルベルト:
やはり・・・そうか
▼

ルヴェン:
・・・とにかく敵も味方も
どうかしちまってるぜ!
▼

あのダムを破壊したら
どうなるか
▼

ここの者なら
子供でもわかる事なのによ
▼

アルベルト:
おれたちはこれから
その基地を 攻撃に向かうが
▼

お前はどうする?
▼

ルヴェン:
そうか・・・
▼

おれはもうこの戦争には
愛想がつきたが
▼

あのダムを失うと
多くの人間が死ぬことになる
▼

・・・よし おれも手伝うぜ
▼

アルベルト:
そうしてくれるか!
ありがたい
▼

ーダハーナ砂漠ー

アルベルト:
ここも戦場に
なっているようだ
▼

ブレンダ:
対空砲火が
きびしいわ
▼

ルヴェン:
そりゃ そうだろう
▼

やつら あんたに
ガレオンを ぶっこわされて
▼

相当 頭にきてるはず
だからな
▼

アルベルト:
カタをつけないと
通りぬけられそうもないぞ
▼

行ってくるしかないな
▼

ブレンダ:
おねがいね
▼

<サカタ出現ポイント>

#サントラ未収録曲!Edel Ritterっぽい

ブレンダ:
気をつけて!
敵のクルージングミサイルが
▼

そっちへ向かっているわ
▼

アルベルト:
なんだって!
▼

まずいっ
逃げきれないっ!!
▼

ブレンダ:
そ・・・そんな
▼

<サカタ登場>

#Notice

サカタ:
ふむ・・・いいデータが
取れたぞ・・・

そうか・・・着弾時の
相変化をもう少し安定化
していけば・・・

アルベルト:
なんだ!?

あのヴァンツァーに
助けられたのか・・・?

それにしても

クルージングミサイルの直撃を
受けとめるヴァンツァーなんて
はじめて見たな・・・

サカタ:
ふっふっふ・・・
もっちろんだっ!

わしの開発した
このシールドなら

ミサイルはおろか
核磁気ビームでも平気
なのだよ

アルベルト:
あんた 何者だ!?

サカタ:
これは 失敬

わしはシールド工学者の
DR.サカタという者だ

この戦場では 私の開発した
シールドをテストしている

アルベルト:
そうなのか

サカタ:
だから 君の敵でもないし

味方でもないと考えておいて
くれたまえ

アルベルト:
それなら なぜ
おれを助けた?

サカタ:
人が無意味に
死ぬことには たえられん

わしは人々を
この無意味な戦火から
救い出したいと思い

究極の防御兵器を
開発中なのだよ

アルベルト:
それはいい!!

ぜひ おれたちの仲間に
なってくれないか?

サカタ:
わしを
お前らのくだらん戦いに

まきこもうというのか?

アルベルト:
いや おれは・・・

サカタ:
いずれにしても わしは

いろいろな 強力火器の
データを取らねばならんのだ

おことわりしておくよ

まあ 君がめずらしいビーム
兵器でも もっているなら
話は別だがね

・・・さらば!

アルベルト:
あっ
まてっ!

ーフィールドマップー

ブレンダ:
危ない所だったわね
▼

でも さっきのあれ
なんなの?
▼

アルベルト:
わからん
▼

敵ではないようだが・・・
▼

ルヴェン:
この戦場は おかしなやつが
多いぜ
▼

あんたらもふくめてな
▼

ブレンダ:
よけいなおせわよ!
▼

あなたの方が よっぽど
変じゃない
▼

ルヴェン:
そうさ・・・
みんな狂ってるんだ
▼

この戦場だけじゃない
今や世界中が狂ってる
▼

おれには そう思えるぜ
▼

アルベルト:
たしかにな
▼

ルヴェン:
おれが ひとつ予言を
してやろう
▼

あんたら このまま
傭兵をつづけるなら
▼

かならず この狂気に
直面することになる
▼

ブレンダ:
ばかみたい!
▼

予言なんてくだらないわ
▼

ルヴェン:
まあな
▼

おれも そう思うぜ
▼

アルベルト:
・・・・・・
▼

<ミドガルズオルム遭遇後>

アルベルト:
あの シールド工学者が
▼

まだここに
いてくれるといいが・・・
▼

<サカタポイント>

#決意

ブレンダ:
気をつけて!
▼

敵のクルージングミサイルが
そっちへ向かっているわ
▼

アルベルト:
いかん!
▼

逃げきれないっ!!
▼

ブレンダ:
・・・はっ!
この状況は・・・
▼

#Notice

サカタ:
ふむ・・・
データ通り・・・

カンペキだ!

おや??あんたたちは・・・

アルベルト:
久しぶりだな

あんたを有能な
シールド工学者と見こんで
頼みたい事がある

サカタ:
頼みたいことだとぉ?

だめだだめだ
わしはいそがしいのだ!

お前らの戦争ごっこに
つき合ってるひまはない

ブレンダ:
ものすごいビーム砲に
出会って困ってるんだけど

サカタ:
な・・・なんだと
本当か?

アルベルト:
艦隊を一撃で 壊滅する
ほどの物なんだ

サカタ:
む・・・
むうう・・・

ブレンダ:
何かいい方法は
ないかしら?

サカタ:
・・・・・・

あるぞ 一つだけな

わしを連れて行くのだ
その場所に!

アルベルト:
きてくれるのか?

サカタ:
わしの盾がそいつに
通用するか ためしたい

よし 行ってやろう!

ブレンダ:
ありがとう!

サカタ:
さあ!
いくぞ!!

アルベルト:
あっ
まてっ!

ーフィールドマップー

サカタ:
強力ビームある所
必ずわしは現れる!
▼

さあ ロシアでもどこでも
行ってやるわい!
▼

ブレンダ:
やっぱり 変な人だわ
▼

ーG−クリフー

ルヴェン:
このがけをこえれば
同盟軍の要塞は目の前なのだが
▼

ブレンダ:
じゃあ 一気に突っ切るわよ
▼

ルヴェン:
ちっちっ
あわてなさんな
▼

この崖は ナヴァル要塞の
盾のようなものだ
▼

上空からちかづこうとすれば
いい標的だぜ
▼

アルベルト:
そうか・・・
では どうする?
▼

ルヴェン:
空がだめなら
地上から だ
▼

ヴァンツァーで ガケを登り
▼

敵を 引きよせている間に
キャリアーを通す
▼

女性に むちゃをさせる
わけにもいかんしな
▼

どうだい?
イカしてるだろう?
▼

ブレンダ:
なるほどね
▼

イカレてるって言った方が
いいみたいだけど・・・
▼

どうかしら アルベルト?
▼

アルベルト:
それをやるのは おれの仕事
ってわけか・・・
▼

まあ いいだろう
▼

ブレンダ:
たのむわね!
▼

ームービングフェイズー

#敵襲

アルベルト:
砲台を破壊しながら
崖を上らねばならないのか
▼

これは そうとう
骨の折れる仕事だな・・・
▼

<崖の頂上>

#Warning Two

<ヴァンツァーがない場合>

要塞警備兵:
このナヴァル要塞に
生身で侵入するというのか!?
▼

きさまなど ふみつぶして
くれるわ!
▼

<フレンドヴァンツァーがいる場合>

要塞警備兵:
たかが 数機のヴァンツァーで
▼

ナヴァル要塞に 進入できると
思っているのか!
▼

きさまらなど
このヴァルチャーの 餌食に
してくれるわっ!!
▼

<フレンドヴァンツァーがいない場合>

要塞警備兵:
ヴァンツァーがたった1機で
この要塞を攻撃するのか!?
▼

なんてヤツだ・・・
▼

これ以上 進入させる
わけにはいかん!
▼

<撃破時>

要塞警備兵:
ま・・・まさか
このヴァルチャーが!!
▼

アルベルト:
ブレンダ!
どこにいる!?
▼

ブレンダ:
あなたの真上よ
すぐに 回収するわ
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
ありがとう!おかげで楽に
通りぬけられるわ
▼

アルベルト:
まったく
苦労させられるよ
▼

ルヴェン:
まあまあ
▼

うまくいったし
いいじゃないか
▼

よし ナヴァル要塞へ
急ごうぜ
▼

ーハウラー山ー

基本メッセージ
#快進撃

ーウムタール山ー

基本メッセージ
#快進撃or鉄の足音

ームービングフェイズー

アルベルト:
くそっ!
ここは地雷原かっ!
▼

足止めをくらってたまるか
一気にかけぬけてやる!
▼

ーナヴァル要塞ー

ルヴェン:
ここが ゾハル同盟の
秘密要塞ナヴァルだ
▼

巨大荷電粒子砲も
ここにある
▼

アルベルト:
まだ 未完成だと
言っていたな
▼

ルヴェン:
それは おれが捕まる
直前に得た情報だ
▼

すでに 完成している
かもしれん
▼

エミル:
もし そうだとしたら
大変ですよ!
▼

急がないと
ダムが危険です!
▼

アルベルト:
ここにくらす人たちの
ために・・・
▼

そして あの女兵士の
ためにも・・・
▼

粒子砲は必ず破壊
してやる!
▼

ームービングフェイズー

#快進撃

アルベルト:
まずは 要塞への
入り口をさがす
▼

ルヴェン:
この山には ナヴァル要塞の
排気ダクトが建造されている
▼

この中の一つが 粒子砲の
ある場所につながっている
はずだ
▼

ダクトを破壊して 内部に
侵入しろ!
▼

アルベルト:
わかった
▼

<撤退>

ブレンダ:
じっくり作戦を
ねってから行った方が
▼

いいみたいね
▼

<内部に侵入>

兵士:
敵軍のヴァンツァーが
侵入した!

守備隊は ただちに
Dブロックに集結せよ!

やつらを荷電粒子砲に
近づけるな!

アルベルト:
ここが
要塞内部に通じるダクトに

#敵襲

間違いないようだ!

<荷電粒子砲の前>

#ナヴァル要塞

アルベルト:
こちらアルベルト
▼

巨大荷電粒子砲を 発見した!
すでに 完成しているようだ
▼

兵士:
くそっ
▼

むざむざと粒子砲を
やらせてたまるか!
▼

エネルギーを充てんしろっ!
目にもの見せてやる!
▼

アルベルト:
発射するのか?
▼

まずいっ!!
▼

ブレンダ!よけろっ!
目標にされているぞ!
▼

ブレンダ:
きゃああっ!
▼

アルベルト:
ブレンダ!
大丈夫かっ!?
▼

??:
・・・・・・
・・・・・・
▼

アルベルト:
ブレンダ・・・!
▼

くそ・・・!きさまらっ!!
▼

兵士:
粒子砲を死守しろっ!
▼

<粒子砲撃破>

ブレンダ:
アルベルト!
応答して!
▼

アルベルト:
無事だったのか!
▼

ブレンダ:
ええ・・・なんとか
▼

でも 艦の被害は
大きいわ・・・
▼

そちらはどうなの?
▼

アルベルト:
粒子砲を破壊した
ただちに脱出する
▼

ブレンダ:
わかったわ
▼

ルヴェン:
粒子砲の近くには
▼

本来の出入口に続く 通路が
あるという話だ
▼

そこから脱出した方がいい
▼

アルベルト:
了解
▼

<ヴァンダルチャリオット登場>

#Escape

要塞司令官:
きさま!よくも粒子砲を!

アルベルト:
なにっ!

要塞司令官:
きさまさえ いなければ

粒子砲は ダムを破壊し
わが軍の勝利は 確実だった!

アルベルト:
自分たちのしようとした事が
わかっているのか?

ダムへの一撃は 多くの
無関係な人々を
まきぞえにする事になる

これでは たとえ
この戦争が終わったとしても
・・・

要塞司令官:
くくく・・・

きさま わかって
おらんようだな!

わが軍の勝利とは
戦争を終結させる事ではない!

ダムを破壊し 戦場を
拡大する事なのだよ!

アルベルト:
な・・・なんだと!

要塞司令官:
粒子砲を破壊した罪は大きい!

これは きさまの命で
あがなってもらうぞ!

<撃破>

要塞司令官:
ば・・・ばかな・・・
▼

たかが 傭兵ごときに
わが軍の計画が・・・
▼

うぐわーーーっ!
▼

ーフィールドマップー

ブレンダ:
おかえりなさい
▼

アルベルト:
艦の被害は どうなんだ?
▼

ブレンダ:
う〜ん・・・
▼

直撃はまぬがれたけど
電子部品が かなりいかれたわ
▼

修理が必要ね・・・
▼

サファド:
アルベルト君
聞こえるかね
▼

ブレンダ:
あっ
総司令から通信よ
▼

サファド:
よくやってくれた
▼

ナヴァル要塞撃破の知らせは
すでに とどいている
▼

アルベルト:
ああ・・・こちらの被害も
大きかったがな
▼

キャリアーが 粒子砲に
やられた
▼

もう あまり長くは
もたんだろう
▼

サファド:
そうか・・・
▼

では とりあえず司令部へ
もどりたまえ
▼

礼などもしなければ
ならんしな
▼

アルベルト:
すまない
▼

ブレンダ:
じゃあ ARS軍司令部に
向かうわね
▼

ーARS軍司令部ー

ブレンダ:
なんとか たどりつけたわ
▼

ルヴェン:
船酔いするかと思ったぜ
▼

クラーク:
バランサーが 壊れて
いるのですよ
▼

飛行には さしつかえませんが
かなり つかれますな
▼

ブレンダ:
これは いよいよだめね
修理して直るかどうか
▼

アルベルト:
なるべくなら 修理などで
足どめを くらいたくないが
▼

ブレンダ:
でも キャリアーなしでは
なんともならないしね・・・
▼

ームービングフェイズー

#Silencer

兵士:
アルベルトが
もどったぞ!

兵士:
難攻不落のナヴァル要塞を
攻略するとは たいしたやつだ

兵士:
これで ダムは守られた
ありがとう!

兵士:
勇者アルベルトに
カンパイだ!

兵士:
やったぜ!
これで 戦争も終わるよ

サファド:
ごくろうだった
▼

ブレンダ:
なんとか 任務完了したわ
▼

サファド:
うむ
▼

敵は あの要塞を破壊されて
戦意を失っているだろう
▼

これを機に 和平交渉を
進めてみようと思う
▼

アルベルト:
それは いい考えだ
▼

サファド:
敵味方ともに 失った物が
あまりに多すぎるからな
▼

まあ すぐにまとまるとは
思わないが・・・
▼

戦いを少しでも
早く終わらせることが
本当の勝利だろう
▼

いずれにしても君のおかげだ
ありがとう
▼

アルベルト:
お役に立てて よかった
▼

サファド:
ところで・・・君たちに
お礼をしたい
▼

アルベルト:
別に・・・礼など
こちらも 仕事でやったことだ
▼

サファド:
まあ そう言うな
▼

きっと 君たちにも
気に入ってもらえると思う
▼

さあ 奥へ進みたまえ
▼

ブレンダ:
なんなのかしら?
▼

ブレンダ:
あっ!

アルベルト:
こ・・・これは

サファド:
そうだ この戦艦が
君たちへの礼だ

ブレンダ:
すごいわ

これなら 今までより
たくさんの武器や機体が
のせられるわよ!

アルベルト:
総司令・・・すまない
こんなことまで・・・

サファド:
なに 気にするな

どうせ 戦いが集結すれば
いらなくなるものだ

ブレンダ:
ありがとう サファド総司令

それじゃ なごりおしいけど
私たち出発するわ

サファド:
今後の君たちの活躍にも
期待しているぞ

ーフィールドマップー

ルヴェン:
よお
▼

エミル:
ルヴェンさん!?
▼

ブレンダ:
あなた・・・いつの間に?
▼

ルヴェン:
潜入に気付かれて
スパイがつとまるか
▼

アルベルト:
おれたちは もう
ここを 出発するぞ
▼

ルヴェン:
いや おれも長い休みを
もらえたんでな
▼

あんたたちに 同行しようと
思っている
▼

ブレンダ:
なに 勝手なこと
言ってるのよ!
▼

ルヴェン:
アルベルト・・・
▼

この紛争 何か変だと
思わなかったか?
▼

アルベルト:
ああ・・・確かに
▼

ブレンダ:
え? 何が変なのよ
私は 気付かなかったけど
▼

ルヴェン:
こんな地域紛争に
▼

荷電粒子砲なんて兵器が
存在したこと自体が
ふつうじゃない
▼

今まで この戦場であんな
高度で大がかりな兵器が
使われた事はなかった
▼

ブレンダ:
う〜ん
そう言われてみれば・・・
▼

ルヴェン:
敵軍の作戦に さぐりを
入れていて感じた・・・
▼

この紛争には 何か裏が
あるんじゃないか とな
▼

アルベルト:
紛争の裏・・・か
▼

ルヴェン:
で あんたたちに同行しようと
思ったのさ
▼

あんたたちといっしょなら
いろんな紛争地の様子が
調べられそうだからな
▼

アルベルト:
そうか・・・
▼

ブレンダ:
どうする?
▼

アルベルト:
まあ いいだろう
▼

当然 おれの仕事も
手伝ってもらうが
▼

ルヴェン:
そんなことなら かまわんさ
▼

それに ブレンダ嬢とも
またいっしょに旅ができるんだ
文句は言えんだろう
▼

ブレンダ:
調子くるうなあ・・・
▼

ーワールドマップー

アルベルト:
ところで ルヴェン・・・
▼

おれたちと行動して いったい
何を知りたいんだ?
▼

ルヴェン:
おれにも はっきりした事は
言えん
▼

ただ 仕事がら 各地の戦場の
情報が入ってくるんでな
▼

ちょっと 気になることが
あったってわけさ
▼

アルベルト:
そうか・・・
▼

ルヴェン:
あんたの国の情報もあるぜ
▼

今や 軍が実権をにぎって
戦争でもおこしそうな
雰囲気だとさ
▼

アルベルト:
なんだって!
▼

もう そんなことにまで
なっているのか!
▼

ブレンダ:
アークの しわざね
▼

ルヴェン:
しかし まあ おれ自身は
▼

今まで他の紛争地に
行った事はなかったからな
▼

これからは あんたたちと
世界を回って
▼

直接 情報を仕入れたいと
思っているのさ
▼

よろしくたのむぜ
▼

アルベルト:
ああ・・・
こちらこそよろしくな
▼

ブレンダ:
でも ルヴェンって
▼

ただの ケイハクな人かと
思ってたけど
▼

けっこう いろいろ
考えてるのね・・・
▼

ルヴェン:
ブレンダ・・・
▼

やっと オレの良さを
わかってくれたんだな?
▼

ブレンダ:
だから・・・そういう所が
良くないっていうのよ・・・
▼

ーニューヨークー

リチャード:
いやあ びっくりしたぜ
生きて帰ってきたな
▼

ブレンダ:
ひどい言いぐさね!
▼

リチャード:
すまん すまん
▼

傭兵の半分は
ルーキーのうちに
死ぬもんだからな
▼

アルベルト:
あとの半分は
どうなるんだ?
▼

リチャード:
ベテランになってから死ぬ
・・・てところかな
▼

とにかく おめでとうを
言わせてもらうよ
▼

アルベルト:
ありがとう
▼

ところで 手紙の
返事はきているか?
▼

リチャード:
・・・いや
実は言いにくいんだが・・・
▼

手紙がとどけられ
なかったんだ
▼

#不吉な風

アルベルト:
もう出国したということか?
▼

リチャード:
いや・・・
▼

手紙をとどけに行った男の
話によると
▼

お前の両親はクーデター軍に
捕まって・・・
▼

・・・処刑されたらしいんだ
▼

ブレンダ:
えっ!
▼

アルベルト:
ば・・・
ばかな!!
▼

リチャード:
その男も深く調べたわけじゃ
ないから
▼

はっきりしないと
言ってはいたが・・・
▼

アルベルト:
ブレンダ!
もう 耐えられない!
▼

おれは行くぞ!
▼

ブレンダ:
・・・わかったわ
▼

でもご両親が殺されて
いたとしたら・・・
▼

行ってもムダになるだけよ
▼

アルベルト:
かまうものか!
▼

アーク大佐に思い知らせて
やれれば それでいい!
▼

リチャード:
ち ちょっと待ってくれ
▼

お前があの国で戦争を
おっぱじめても
協会は金を出せないからな
▼

アルベルト:
わかっている!
▼

ブレンダ:
しかたないわね
▼

足りない分は
今までの戦場で
かせいで行きましょう
▼

リチャード:
せいぜい気をつけてくれよ
▼

お前が故郷で 決着をつけたら
▼

また新しい仕事が
待ってるんだからな
▼

ーワールドマップー

ブレンダ:
このまままっすぐ
▼

あなたの故郷に向かっても
いいけど・・・
▼

自信がないなら
どこかで きたえてから
行くといいわ
▼

←Scene3 ボルクタ →Scene5 エミンゲン

MM1風ボタン