ゲーム情報専門・火の鳥ブログ

ファミマガ

ミスティッククエストの越智善彦氏の漫画

密かに存在していた、越智善彦氏によるミスティッククエストの公式漫画。今回このきわめて貴重な資料を発掘したので、その内容をご紹介します。


SFCソフト「FFUSAミスティッククエスト」の情報を求めてファミマガを調べていたところ、漫画家のおちよしひこ(現:越智善彦)氏によるミスクエ漫画を32p分も発見した。これらは単行本化されておらず、幻の書き下ろしだといっていいだろう。

それ以前にも、越智氏がミスクエに関わっていることはわかっていた。NTT出版から出ている攻略本の扉イラストが同氏によるものだからだ。それに加え、ファミマガ1993年7月23日号付録の「ファイナルファンタジーUSAミスティッククエスト スクープガイドブック&コミック」にも、同氏の漫画が掲載されている。

どうやら越智氏はミスクエの公式イラストレーターに近い扱いだったようで、ご本人のページにも、この漫画がファミマガではなくスクウェアからの依頼だったことが記されている。つまり、ファミマガ掲載のこの漫画もプロモーション用だったといえそうだ。(ただ、同じくファミマガに載っていた杉森健氏のジェリーボーイの漫画も同様だろうから、珍しいことではなさそうだが)

ともかく、付録32p、雑誌16+16pと、ミスクエはたっぷりと漫画化されていたことになる。この内容が埋もれるのは惜しいので、可能な限り以下に紹介してみたい。

 

スクープガイドブック版

manga1

manga2

manga3

manga4.jpg

  ファミリーコンピュータMagazine 1993年7月23日号 No.15付録 pp.48-49, 62-66

 

第1号の漫画がこれであるが、内容としてはオープニング+ストーリーダイジェスト+仲間キャラ紹介となっている。主人公(名無し)のほか、カレン、ロック、フェイ、レッドとの出会いの場面が描かれる。その過程はゲーム内の展開を忠実になぞったものである。ついでに「カレンが毒を受けた後も強い」とか「他の仲間もやたら強い」とか、ゲームの内容も踏まえた構成にもなっている。

 

ファミマガ本誌版その1

m2-1.jpg

m2-2.jpg

m2-3.jpg

m2-4.jpg

m2-5.jpg

m2-6.jpg

ファミリーコンピュータMagazine 1993年8月20日号 No.17 pp.77-80, 83, 89

 

ゲーム発売少し前に掲載されたこちらの漫画は、なんと本編開始前のプレストーリーとなっている。展開としては、

ダークキングが勇者の出現を知る→ホワイトが勇者を探しに行く→ベヒーモスが何人かの勇者候補に襲いかかるも、相手にならず勇者でないことがわかる→勇者たる本編主人公、ついに発見

というものになっている。ダークキングに加え4つのクリスタルを封じるフレームサウルス、アイスゴーレム、ヒュドラ、パズズのイラストがあるほか、本編では最初に出てきてやられるだけのベヒーモスにキャラ付けがされていて面白い。というか結果的に、ホワイトとベヒーモスの目的が一致して、一緒に勇者を探し回っていたことになっている。

 

ファミマガ本誌版その2

manga3-1.jpg

manga3-2.jpg

manga3-3.jpg

manga3-4.jpg

manga3-5.jpg

manga3-6.jpg

ファミリーコンピュータMagazine 1993年9月3日号 No.18 pp81-82, 84, 89, 93, 96

 

その次の号に掲載された第3段は、引き続きプレストーリーになっている。ホワイトがフェイリア→アクエリア→フォレスタと回って、それぞれレッド、フェイ、カレンと出会うという内容(ちなみにベヒーモスは地中についてきている)。残念ながらロックはいないが、ストーリー開始以前に、ホワイトとこの3人は顔見知りだったというわけだ。想像が膨らむ展開である。

ちなみに最後のページの枠外に「『俺の村』というセリフはなくなったそうです…」と書いてあるが、確かに付録版と見比べてみるとセリフが変わっている。そしてこの違いは、ここに書いてあるように英語版と日本語版の違いなのである。つまりこれは、数ヶ月の間に冒頭の運命の丘で沈む村が主人公のものではないという明確な変更がなされたということを意味している。(英語版は依然としてそのままだが)

あと、ファミマガ側の仕業なのか、今回は欄外にスクウェア作品紹介が載っている。FFやロマサガ、聖剣伝説がある一方でスクウェアのトムソーヤや魔界塔士はない。せっかくなので、95ページにあるミスクエの紹介文を書き写してみよう。

このコミックのもとになったのが、スクウェアがアメリカ市場に向けて独自に開発、発表したRPG『ミスティック クエスト』だ。日本で人気の『F・F』シリーズの世界を受け継いだ、外伝とでも言うべき作品なのだ。日本版とアメリカ版の違いは、文字が日本語になっているだけで、それ以外に変更点はない。「誰でも遊べるRPG」を目指して作られたという『ミスティック クエスト』は9月10日に発売される予定だ。

となっている。以前の記事でも書いたが、当時は発売の経緯がしっかり説明されていたことがわかるだろう。


というわけで、ミスティッククエストにはボリュームたっぷりの公式漫画が存在した、というのが今回の発見である。ただでさえ資料が少なく、非常に地味な作品に留まっているミスクエだが、当時はこれだけのアピールもされていたわけで、この漫画と一緒にゲーム自体ももう少し記憶に留まってくれれば幸いである。

≫ 続きを読む

ゲーム資料紹介   2018/07/15   へほくん

ゲーム雑誌から何がわかるか~サ・ガ3記事を例に~

ファミマガの「時空の覇者サ・ガ3」についての記事を例に、ゲーム雑誌から一般にどのような情報が得られるかを解説。

ミスクエ記事と同じく、今度はファミマガでサガ3の記事を発見したのでご報告。

ただしこちらは一見して真新しい情報がないので、少々趣向を凝らして、一般にゲーム雑誌を参照するとどんなことがわかるのか、つまりゲーム雑誌は何の役に立つのかということを例示しながら記事を紹介したいと思う。

思うに、ゲーム雑誌が提供可能なゲームに関する情報のうち、直接のゲームプレイから得られる以上のものは、次の5種類に分けられる。

  1. 公式資料(イラストなど)
  2. ゲームの開発途中の情報
  3. 制作者インタビュー
  4. ゲームの新規性の情報
  5. 当時のゲーム業界の状況

「直接のゲームプレイから得られる以上」と書いたのは、これ以外にも雑誌記事ではゲームのストーリーやシステムも解説されているが、それに関しては当のゲームをプレイすれば十分に理解できるからだ。

では、以下に示すサ・ガ3の記事から、それぞれについての実例を示してみよう。ここで提示するのはファミマガの8ページの記事である。

サ・ガ3サ・ガ3

ファミリーコンピュータMagazine 1991年11月15日 No.22 pp.6-7

 

1.公式資料

これは見ての通り、ゲーム内に収録されていないイラストや設定などを知ることができるということである。

サ・ガ3

ファミリーコンピュータMagazine 1991年11月15日 No.22 p.8

わかりやすいのはこのようなキャラのイラストだが、それ以外にも世界の設定や背景などがわかることがある。ここには載せていないがロマサガ3の記事では、「術の起源とその発達」といった内容が書いてあるものがあった。ただしこの内容などは(ファミマガの方が詳しいにせよ)『練磨の書』にも載っている。つまり一般に、公式資料を得たいのならば攻略本や資料集がもっとも適しているといえる。

 

2.ゲームの開発途中の情報

これはわかりやすいだろう。前回前々回の記事がいい例である。雑誌に先行して公開される情報が必ずしも製品版に反映されるとは限らないために、かえって開発途中の姿を見ることができるというわけだ。こうした情報が攻略本に載っていることはめったにない。

 

3.制作者インタビュー

これも、とりわけ近年のゲーム雑誌の存在理由といっていいほどで、開発途中の報告から完成後の振り返りに至るまで、多くの段階でゲーム制作者が雑誌に登場する可能性がある。

ただし残念ながら今回はインタビューはなく、サガ3に関しては攻略本の『完全クリア編』を参照するのが一番だろう。

これら3つはわかりやすいものだが、それに加えてさらに2つ、ゲーム雑誌を読む意義を挙げることができる。それが「ゲームの新規性」と「当時のゲーム業界の状況」である。

 

4.ゲームの新規性の情報

新規性とはつまり、紹介されているゲームはそれ以前のものに比べて、何が革新的なのかということである。これはゲームの発展史を考える上で重要な意味を持つ。そしてこの点は、後から振り返った際に最も失われやすい。たとえばドラクエ1は安直なRPGに見えるし、FF4には斬新なシステムは何もないように見えるなどだ。

これはサガ3についても言える。ロマサガなどに比べ派手なシステムのない本作の画期的な点をすぐに挙げるのは難しいだろう。しかし、当時はその新規性は今よりずっとよく理解できたのであり、まともなゲーム雑誌ならとりわけこの点にフォーカスしている。例を挙げてみよう。

サ・ガ3

ファミリーコンピュータMagazine 1991年11月15日 No.22 p.9

ここでは前作のサガ2との差異として、肉とパーツにより種族の垣根を超えて変身できる点が新規性として語られている。同様に、

サ・ガ3

ファミリーコンピュータMagazine 1991年11月15日 No.22 pp.12

こちらのページで新しいのは「ジャンプ」である。もしかするとこの点に関しては、サガ3が世界初かもしれない。そしてこのジャンプが何の役に立つかと言えば、マップが多彩になるのに加えて、「道を塞いでいる町の人を飛び越えられる」のである。これはドラクエなどでよく悩まされていたことで、画期的な解決策といえる。そしてもちろん下にあるステスロスも新要素である。

このように、ゲーム雑誌での紹介はありきたりな箇所ではなく斬新な部分をピックアップして伝えてくれているし、逆に言えばゲームを紹介する際にもこうして特徴的な要素を抽出するのが最適な方法といえるだろう。

 

5.当時のゲーム業界の状況

最後に、ゲーム雑誌の利点として、「同時期に存在していたゲームをまとめて見ることができる」という点がある。これも現在では得にくい情報の1つである。たとえば星のカービィ3は一見して普通のSFCソフトだが、雑誌を見れば時代はとっくにNintendo64に移行しており、誰もが64に注目している中で発売された異質なソフトであることがすぐに理解できる。

サガ3もこれと状況は似ており、1991年の雑誌を見れば、FCは最後期で濃厚なRPGがぽつぽつ発売されており、SFCは出た直後でますます人気が高まっている最中だということが読み取れる。何より本作にとって決定的なのは、ロマンシングサ・ガが同時に開発されていたことである。同作の発売は1992年1月だが、この時期、前年の10月ごろには12月中旬発売予定と告知されており、これはサガ3とほぼ同時である。ファミマガの記事の多くがロマサガに割かれており、広告でもサガ3はおまけ扱いと、世間の目が新ハードから発売されるロマサガの方に向いていたことがよくわかる(当時これだけ注目され、売り上げも多かったロマサガ1が現在では相当忘れ去られているのは皮肉なことだが)。

つまり、ルドラの時と同じように、サガ3もまた発売タイミングが悪かった、しかもよりによって同じスクウェア作品に食われたと言うことができる。ただし両ケースの違いは、サガ3は腐っても100万本売れた魔界塔士サ・ガの続編であり、GBユーザーもそれなりに多かったということはあるが。


以上、サガ3のファミマガ記事を例に、ゲーム雑誌を調べることで何がわかるかを簡単に解説してみた。総じて筆者の言いたいのは、ゲーム史について何か考えるのであれば、ゲーム雑誌の情報は非常に役に立つということである。それぞれの媒体から得られる情報をまとめると次のようになる。

内容\媒体 ゲーム 攻略本 雑誌
ゲーム内容
設定資料 ×
開発中情報 × ×
インタビュー ×
新規性 × ×
業界状況 × ×

これを見れば、ゲーム雑誌がいかに有用な情報を満載しているかわかるだろう。その分入手しづらく、目的のゲームが載っている箇所を特定しづらいという難点はあるが。手元のゲーム雑誌も2、30年後には貴重な資料となるだろうから、ぜひとも保存することをおすすめしたい。

≫ 続きを読む

ゲーム資料紹介   2018/07/01   へほくん

ファミマガのミスティッククエスト記事

とある理由でミスクエについて調べる必要が出てきたので、ファミマガの記事を探してみた。

ミスクエというのはご存知FFUSA ミスティッククエスト(SFC)のことで、開発はいわゆるスクウェア大阪。つまりサガ3とルドラの中間にある作品。

このソフトの最大の特徴はその「USA」の部分だが、その意味するものはよく誤解されがちで、ミスクエは「海外向けのFF」であり「海外産のFF」というわけではない。つまり米国市場に合わせて開発されたのが日本語にも訳されたということ。実際、北米では92年10月に発売されており、日本版はその約1年後。

ではそのファミマガの第一報を見てみよう。

ミスクエ1

ミスクエ2

ファミリーコンピュータMagazine 1993年7月9日 No.14 p.10-11

7月9日号なので発売は6月25日であり、すでに決定している発売日の3ヶ月前であることを考えると、情報が出るのは少々遅め。

画面写真も製品版と同じなので、開発がほぼ終了してから情報が出されたことがわかる。この辺はルドラと同じ。

内容を見てみると、アメリカで発売されていたもののローカライズ版であることが正しく伝えられているほか、「初めてRPGをプレイする人も迷わずにゲームを進めることができる」と、システム上の親切さが特にウリとして書かれている。

記事は6ページで、これ以降は主にゲームシステムの解説をしているわけだが、そこでも「RPG初心者もOK!」などとわかりやすさの面が大いに強調されている。つまりマップ上のポイント移動や動かないシンボルエンカウントにバトルポイント、あと書いてないけど全滅時のリトライシステムなどがそうだというわけ。

以前インタビューした際にストーリー担当の藤岡氏は海外で受け入れられやすいようにシンプルなものにしたとおっしゃっていたが、それは結果的にFF4イージータイプから続く「RPGの高難度化の風潮に対して、初心者にプレイしやすいゲーム」を生むことになったのではないかと思う。

実際、筆者が当時ミスクエをプレイした時は小学校低学年だったが、最後まで行けなかったFF5と違いこちらは見事クリアできたことからも、初心者の入門用RPGという役割は果たせていたことがわかる。(まあその1年前にドラクエ5はクリアしてたけど)


さて、もう一つ豆知識としてタイトルに関しての話。前年に発売された北米版は、この記事にある通り「Final Fantasy Mystic Quest」。そして日本語版は「ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト」。

では、ここに先日たまたま入手した海外版ミスクエのカセットがあるので載せてみよう。

ミスクエ3

見ての通り、「Mystic Quest Legend」とあってFFの名前がない。左にSNESのPALバージョンと書いてあるが、これはDVDのリージョンなんかと同じでヨーロッパの映像方式のことで、「ヨーロッパ版スーファミ」ということ。

その辺少し解説すると、海外のスーファミはSNESと言うが、北米とヨーロッパでハードが違って、北米は平べったいソフトでハードの形も違い、NTSCのSNES、ヨーロッパでは見た感じ日本のものと同じだけど映像方式がPALで違うSNESが販売されていた。ソフトも一方にしかないものもあるとか。

ミスクエは無事両方の地域で発売されたわけだが、その際にタイトルからファイナルファンタジーが取り除かれたようだ。この際の事情は詳しく知らないが(ヨーロッパでは長いことFF本編が発売されていなかったことが関係あるかも)、ともかく海外版ソフトも1種類とは限らないということ。

となるとユーザーの受容の仕方もそれぞれ違うわけで、ヨーロッパではFFもない頃に出たミスクエのインパクトは、さらに大きかったのかもしれない。

≫ 続きを読む

ゲーム資料紹介   2018/06/24   へほくん